死語の世界

死語の意味や、時代背景などを紐解く「死語の世界」。イマドキ使おうものならナウなヤングはわけわかめ。笑いあり、悲哀あり、感情入り乱れてお付き合い願いたい。昭和の懐かしい死語の世界へお連れします。

死語の世界に関連するキーワード

死語 バブル語 死語の世界 ビジネス死語 ギャグ 死語クイズ ファッション用語 ヤンキー系 ダジャレ
>>死語の世界に関連するキーワード一覧

死語の世界の記事一覧

昭和に散ったバブル系死語の世界 ~アフターファイブ~

昭和に散ったバブル系死語の世界 ~アフターファイブ~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。 今回ご紹介する死語は「アフターファイブ」。………定時が5時ってどんなホワイト企業ですか?


昭和に散ったバブル系死語の世界 ~アッシー君~

昭和に散ったバブル系死語の世界 ~アッシー君~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。 今回ご紹介する死語は「アッシー君」。バブルの女性たちの悲しき公共交通機関…。


昭和 死語の世界 ~チャンネル回す~

昭和 死語の世界 ~チャンネル回す~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。 今回ご紹介する死語は「チャンネル回す」。ガチャガチャとチャンネル、回してましたよね?


昭和 死語の世界 ~ダイヤル回す~

昭和 死語の世界 ~ダイヤル回す~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。 今回ご紹介する死語は「ダイヤル回す」。回す手が思わず止まってしまった甘酸っぱい思い出が蘇る…


昭和 死語の世界 ~スタンバる~

昭和 死語の世界 ~スタンバる~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。 今回ご紹介する死語は「スタンバる」。かの有名なブラ◯ト艦長発祥とも言われる言葉です。


「サラリーマンは気楽な稼業ときたもんだ」…あのころの幸せなサラリーマンよ、もう一度

「サラリーマンは気楽な稼業ときたもんだ」…あのころの幸せなサラリーマンよ、もう一度

懐かしくも切ない「死語」の世界を紐解き、再度その存在にスポットライトを当てようというこのコーナー。今回の死語は名優・植木等のあの名言!今では一生ひとつの会社に勤めるなんて言っていられない時代になってしまったけど、あのころのサラリーマンはこんな揶揄をされていたものだった……。バカにされるくらい安定していたあの時代よ、カムバーーーーーーック!


「はい、お釣り100万円」今は無き、昭和のお釣り渡しの名啖呵

「はい、お釣り100万円」今は無き、昭和のお釣り渡しの名啖呵

昭和の懐かしき「死語」の世界を紐解くコーナー。今回紹介するのは、昭和商人(あきんど)とお客さんの丁々発止。釣り銭の受け渡しにまつわる懐かしい死語。くだらないけど、こういうのいいなぁ…キャッシュレスの波に負けるな!昭和の死語!


「テンパる」…チャンスからピンチへ…使われ方が変わった死語

「テンパる」…チャンスからピンチへ…使われ方が変わった死語

懐かしくも切ない「死語」の世界を紐解き、再度その存在にスポットライトを当てようというこのコーナー。今回の死語はとある大人の遊び…(*´ω`*)…麻雀から生まれた「テンパる」という言葉。


斜陽・太陽・カミナリ・みゆき………文化が生んだ「族」の違い。◯◯族の歴史

斜陽・太陽・カミナリ・みゆき………文化が生んだ「族」の違い。◯◯族の歴史

懐かしくも切ない「死語」の世界を紐解き、再度その存在にスポットライトを当てようというこのコーナー。 今回の死語は、若者の嗜好に応じてグループを呼び分けた◯◯族という呼称について振り返ってみようと思う。


「超マブいスケがいるぜ…(゚A゚;)ゴクリ」女性のホメ方にも死語はある!

「超マブいスケがいるぜ…(゚A゚;)ゴクリ」女性のホメ方にも死語はある!

懐かしくも切ない「死語」の世界を紐解き、再度その存在にスポットライトを当てようというこのコーナー。 男性の容姿をほめる言葉も移ろうのならば、女性の容姿をほめる言葉もまた然り…どうせなら死語ではなく、いまの女性がうれしい言葉でほめよう(笑)


ハンサムじゃあ、うれしくない!?ほめ言葉だって死語になる…

ハンサムじゃあ、うれしくない!?ほめ言葉だって死語になる…

懐かしくも切ない「死語」の世界を紐解き、再度その存在にスポットライトを当てようというこのコーナー。 男性の見た目が整っている場合、あなたはなんと言ってほめるだろうか?我らがオヤジの定番ワードであるあの言葉は、すでに死に絶えているようです…


早上がりのワクワク感は異常!非日常を味わえる死語「半ドン」

早上がりのワクワク感は異常!非日常を味わえる死語「半ドン」

懐かしくも切ない「死語」の世界を紐解き、再度その存在にスポットライトを当てようというのがこのコーナー。今回は最近、学校の土曜授業が復活しはじめているというウワサを聞きつけたので、あのころの学校や会社でよく聞いた「半ドン」を振り返ってみたいと思う………もしかして死語じゃなくなる可能性も?


「ズボン」とか言ってない?ファッションアイテム今昔物語!

「ズボン」とか言ってない?ファッションアイテム今昔物語!

懐かしくも切ない「死語」の世界を紐解き、再度その存在にスポットライトを当てようというこのコーナー。 今回はさまざまな流行の中でも、特に時代を感じることができるファッションから。例えばバブル期に流行っていたようなゴリゴリの肩パッドやボディコンなんかの服装もそうだけど、服装と同時に同じアイテムでも呼び名が変わっているのをご存じだろうか?


ごほうびごはんの定番といえばこの響きだったよね?「ビフテキ」

ごほうびごはんの定番といえばこの響きだったよね?「ビフテキ」

懐かしくも切ない「死語」の世界を紐解き、再度その存在にスポットライトを当てようというこのコーナー。 今回は少年時代のあのころ、胸を踊らせた夕食メニューの筆頭を紹介!これまで流行語や行動などの死語はあったけど、食べ物でも廃れていった言葉は意外に多いよう。どうしてわざわざ名前を変えるのかなぁ(´・ω・`)


響きがエモい死語…ハンガーのこと、なんていう?「衣紋掛け」

響きがエモい死語…ハンガーのこと、なんていう?「衣紋掛け」

懐かしくも切ない「死語」の世界を紐解き、再度その存在にスポットライトを当てようというこのコーナー。 今回は普段から非常にお世話になっている「ハンガー」について。 今ではすっかり「ハンガー」という呼び名が定着しているが、かつてはもっとエモい呼び名で呼ばれて、いや、呼んでいた記憶はないだろうか?今回はそんな普段も使っているものの、昔の呼び名の記憶を振り返ってみたいと思う。


発端はちょっぴり切ないニュース…座るときについつい出ちゃうあの言葉「よっこいしょういち」

発端はちょっぴり切ないニュース…座るときについつい出ちゃうあの言葉「よっこいしょういち」

懐かしくも切ない「死語」の世界を紐解き、再度その存在にスポットライトを当てようというこのコーナー。 今回は、なにかをする拍子についつい出ちゃう、人間の本能に根ざした死語……というかココまで来ると呪いの言葉?例えば重いものを持つとき、たとえば椅子に座るとき、思わず出ちゃうあの言葉だ!


アベックでペアルックなんて普通だったんだぜ・・・!

アベックでペアルックなんて普通だったんだぜ・・・!

懐かしくも切ない「死語」の世界を紐解き、再度その存在にスポットライトを当てようというこのコーナー。 今回はいつの時代も学生時代の話の中心になる、恋愛関連の言葉から。いいじゃん、オヤジな我々にだって学生のころはあったでしょ!話題自体は変わらなくても、ステディーな関係を表す言葉は時代とともに変化するものなのです。 ん?ステディーってのももしかして死語?(;´∀`)