レトロラジオ・ラジカセ館

深夜放送やBCLを楽しんだラジオ。エア・チェックや音楽づくりに欠かせなかったラジカセ。今どきのデジタルガジェットにはない魅力に溢れています。スタンダードな製品から歴史的名機に珍品まですべて実機の画像でご紹介。アナタの相棒だったあの一台も見つかるかな?


レトロラジオ・ラジカセ館の記事一覧

GF-146M | シャープ - ソニーのCF-1980に対抗したモノラルラジカセ

GF-146M | シャープ - ソニーのCF-1980に対抗したモノラルラジカセ

ソニーの人気機種、スタジオ1980の対抗馬としてシャープが投入した力作。16cmのホワイトコーンウーハー採用の2ウェイスピーカー。曲の頭出しが簡単にできる「APSS」機能も搭載していました。


TRK-5260 | 日立 - 男っぽいデザインのモノラルラジカセ

TRK-5260 | 日立 - 男っぽいデザインのモノラルラジカセ

『プレイ・パディスコ』と名付けられた、多機能マイクがアピールポイントのモノラル・ラジカセ。無骨なデザインがアクティブなラジカセというイメージを抱かせる。


MR6200 | サンヨー - 八つ目ウナギを思わせるインジケーターがユニーク

MR6200 | サンヨー - 八つ目ウナギを思わせるインジケーターがユニーク

モノラルラジカセ最大級の20cmウーハーと5cmツイーターを同軸に配した「コアキシャル・スピーカー」により、点音源から定位の良いサウンドを響かせました。


TPR-255 | アイワ - BCLラジオとしても本格的なモノラルラジカセ

TPR-255 | アイワ - BCLラジオとしても本格的なモノラルラジカセ

1970年代後半のBCLブームにアイワから投入されたBCLラジカセ。


CFS-C7 | ソニー - 音楽をつくる楽しみを提案した複合ラジカセ

CFS-C7 | ソニー - 音楽をつくる楽しみを提案した複合ラジカセ

『コードマシン』と名付けられた、演奏・録音ができるステレオ・ラジカセ。


CF-1160 | ソニー - 高密度実装を感じさせるラジカセ

CF-1160 | ソニー - 高密度実装を感じさせるラジカセ

ソニーお得意の小型化技術を投入した、高性能・コンパクトなモノラル・ラジカセです。


RS-4350 | ナショナル - マックシリーズのフラッグシップ

RS-4350 | ナショナル - マックシリーズのフラッグシップ

ナショナル(現パナソニック)から発売されたステレオ・ラジカセ。『STEREO MAC(マック)』シリーズの当時のフラッグシップモデルです。


RC-G5 | ビクター - 一目でそれとわかるユニークなデザイン

RC-G5 | ビクター - 一目でそれとわかるユニークなデザイン

デザインに凝った楕円形のスピーカーグリルが特徴的なビクターのモノラルラジカセです。


RK-888 | パイオニア - オーディオメーカーらしさのあふれるラジカセ

RK-888 | パイオニア - オーディオメーカーらしさのあふれるラジカセ

オーディオ専業メーカーのパイオニアもラジカセブームに参入。パイオニアらしさの溢れるラジカセです。


ナショナル RQ-554/マック for BCL - モノラル・ラジカセ

ナショナル RQ-554/マック for BCL - モノラル・ラジカセ

ナショナル(現パナソニック)から発売された「MACシリーズ」のモノラル・ラジカセ。海外短波放送の聴取(BCL)向けの機能を充実させ、「MAC for BCL」というニックネームがつけられました。


IC-5000 | ホーマー - 未来を先取りした超小型ICラジオ

IC-5000 | ホーマー - 未来を先取りした超小型ICラジオ

組立て式ラジオで有名だった「ホーマー」から発売されたIC式の超小型ラジオです。ボタン型電池2個で動作します。


ザ・サーチャー/GF-229 | シャープ - メタル対応、カラオケ対応の欲張りマシン

ザ・サーチャー/GF-229 | シャープ - メタル対応、カラオケ対応の欲張りマシン

シャープの「ザ・サーチャー」シリーズのステレオ・ラジカセ。テープスピードコントロールとマイクミキシング機能付きでカラオケが楽しめます。メタルテープに対応していました。


CF-1480 | ソニー - SFチックなデザインが印象的なラジカセ

CF-1480 | ソニー - SFチックなデザインが印象的なラジカセ

「マイクミキシング機能」がセールスポイントのモノラル・ラジカセ。デザイン上の見どころはSFチックな丸いダイヤルスケール。同調するとLEDが光るギミックも使う楽しさを演出しています。


ジーガム6000/JR-6000 | 三菱 - メーターとダイヤルスケールが不思議なレイアウト

ジーガム6000/JR-6000 | 三菱 - メーターとダイヤルスケールが不思議なレイアウト

16cmの大口径スピーカーと4Wの高出力を誇る高音質ラジカセ。「ジーガム」は三菱より発売されたラジオとラジカセのシリーズ名です。


TPR-101 | アイワ - 1968年 - ラジカセ原器と呼びたいアイワの第一号機

TPR-101 | アイワ - 1968年 - ラジカセ原器と呼びたいアイワの第一号機

ラジオとカセットテープレコーダーを一体化したいわゆる「ラジカセ」の最初期の一台です。


SONY ICF-5800/スカイセンサー5800  - BCLラジオ

SONY ICF-5800/スカイセンサー5800 - BCLラジオ

1970年代に広まったBCLブームに火をつけたソニーの傑作ラジオ「スカイセンサー5800」。販売台数は累計100万台とも言われる大ヒット作です。


NATIONAL RF-2200/クーガ2200 - BCLラジオ

NATIONAL RF-2200/クーガ2200 - BCLラジオ

ソニー・スカイセンサー5900と並び称される、アナログBCLラジオの最高傑作『クーガ2200』です。


SONY CF-1980/スタジオ1980 - モノラル・ラジカセ

SONY CF-1980/スタジオ1980 - モノラル・ラジカセ

ラジオやテープを録音・再生する楽しみに加えて、ミキシング機能で「自分が音楽をつくる」楽しみ方を提案した名機がソニーのスタジオ・シリーズです。


ICF-5900/スカイセンサー5900 | ソニー - BCLラジオ

ICF-5900/スカイセンサー5900 | ソニー - BCLラジオ

ソニーが放った、BCLラジオの名機中の名機です。10KHz単位で周波数直読を可能にするクリスタルマーカー+スプレッドダイヤル搭載で、いわゆる「待ちうけ受信」をポータブルラジオとして初めて可能にしました。


三菱 JP-505/ジーガム505 - 地味ながら高性能なBCLラジオ

三菱 JP-505/ジーガム505 - 地味ながら高性能なBCLラジオ

1970年代後半に大ブームとなったBCL(海外短波放送聴取)市場には家電メーカー各社がこぞって参入。三菱からも「ジーガム」シリーズが投入されました。