旧車図鑑

時を経て語り継がれる、名車旧車の数々。ゴル横独自の目線で、その魅力に迫ります。旧車好きのおやじ達とよもやま話を楽しみましょう。


旧車図鑑の記事一覧

スーパーカーブームの「主役」のクルマ、ロータス・ヨーロッパ

スーパーカーブームの「主役」のクルマ、ロータス・ヨーロッパ

1970年代中ごろに巻き起こった、スーパーカーブーム。週刊少年ジャンプ(集英社)で連載されていた『サーキットの狼』(池沢さとし氏)の大ヒットがそのキッカケであったことは多くの人が知るところだ。そしてその大人気コミックの主人公が駆っていたマシンが、「ロータス・ヨーロッパ」だった。軽量なボディとミッドシップレイアウトによる機敏な運動性能で、小排気量車ながら大型でハイパワーなライバルたちを寄せ付けないその姿に、胸をアツくしたファンは多かったことだろう。判官贔屓とでもいうか、まさに日本人の心の琴線に触れるスポーツカー、それが「ロータス・ヨーロッパ」だった。


【旧車】ブームに遅れてきた悲運のスーパーカー「BMW M1」

【旧車】ブームに遅れてきた悲運のスーパーカー「BMW M1」

1970年代に巻き起こったスーパーカーブーム。当時、集英社の「週刊少年ジャンプ」に連載されていた「サーキットの狼」がその火付け役だったことは多くの人が知るところだろう。では、スーパーカーブームと聞いて思い浮かぶ車種は何だろうか。


【旧車】レーシング・スポーツを標榜し、新時代をつくったスカイライン

【旧車】レーシング・スポーツを標榜し、新時代をつくったスカイライン

いつの時代も魅力的なモデルを世に送り出し、多くのファンを魅了し続けてきた日産・スカイライン。歴代モデルの多くに愛称が付けられ、それが型式名とともに広く浸透していることからもその愛されぶりが伺い知れる。クルマ好きならば、ハコスカ、ケンメリ、ジャパンと聞いてどの世代のことだか思い浮かぶ人がほとんどだろう。そんな車種は、寡聞にして他に知らない。


【旧車】最高速度は時速302キロ!打倒カウンタックのため誕生したフェラーリ512BB

【旧車】最高速度は時速302キロ!打倒カウンタックのため誕生したフェラーリ512BB

1970年代のスーパーカーブームで、カウンタックと並び当時人気の頂点だったフェラーリ512BB。公道最速の座を死守すべく誕生した、フェラーリのフラッグシップモデルだ。その美しいベルリネッタの魅力に迫る。


【旧車】異業種コラボから生まれたカボチャの馬車「WiLL Vi」(トヨタ)

【旧車】異業種コラボから生まれたカボチャの馬車「WiLL Vi」(トヨタ)

スモールカーとかコンパクトカーと呼ばれるジャンルは、多くの人が購入するしターゲットとなる人も幅広い。高い品質を保ちつつ購入しやすい価格でなければならないし、かといって実用一点張りでは人気が出ない…そんな無理難題をクリアしなければならないのだが、そこをいつも上手にクリアしてくるのがトヨタのコンパクトカーだ。おそらく多くの人がそんなイメージを持っているのではないかと思うのだが・・・


【旧車】ミウラ│ランボルギーニ スーパーカーの歴史はここから始まった

【旧車】ミウラ│ランボルギーニ スーパーカーの歴史はここから始まった

スーパーカーブームの象徴、ランボルギーニ・カウンタックが登場する前に、まさに「最初のスーパーカー」というべき1台が誕生した。レーシングマシンさながらの性能に美しいボディデザインを誇る「ランボルギーニ・ミウラ」だ。スーパーカー界の誇る銀河系軍団が作り出したミウラの魅力とその秘密に迫る。


【旧車】インプレッサ│スバル WRCを駆け抜けた、青いイナズマ

【旧車】インプレッサ│スバル WRCを駆け抜けた、青いイナズマ

自分たちの身近なクルマが参戦し、アツい闘いを繰り広げるWRC(世界ラリー選手権)。コリン・マクレーやペター・ソルベルグといった名ラリーストが駆り、世界中のファンを虜にした日本車のWRカーが、スバル・インプレッサだ。「スバリスト」と呼ばれる多くの熱狂的なファンに支持されるインプレッサの系譜と、その魅力に迫る。


【旧車】パジェロ│三菱 世界一過酷なラリーにかけた三菱の熱い思い

【旧車】パジェロ│三菱 世界一過酷なラリーにかけた三菱の熱い思い

「RV」という新しいジャンルを切り拓き、新しいカーライフのスタイルを確立した名車は、最強のラリーマシンでもあった。