おや充ライフ

充実したおやじライフを過ごすためのヒントを探して。ゴル横スタッフによるイベント参加レポートや体験記、おやじライフの達人たちへのインタビューなどを掲載しています。


おや充ライフの記事一覧

2017トヨタ博物館クラシックカーフェスティバルin神宮外苑レポート

2017トヨタ博物館クラシックカーフェスティバルin神宮外苑レポート

ゴル横に集う旧車ファンの皆さま、あけましておめでとうございます! 今年もゴル横は各地のイベントに出向いて、皆さまに懐カー写真をお届けして参ります♪どうぞ今年もごひいきにお願いします。


【写真レポート】最速!カスタムカーの祭典「東京オートサロン」プレスデーの会場から!

【写真レポート】最速!カスタムカーの祭典「東京オートサロン」プレスデーの会場から!

千葉・幕張メッセで開催中の「東京オートサロン」をプレスデーの会場から最速レポート!写真たっぷりで見所をお届けします。


東京オートサロン2018の見どころをじっくりお届け!眼福、眼福ぅ~♪

東京オートサロン2018の見どころをじっくりお届け!眼福、眼福ぅ~♪

我がゴル横は再びプレスとしてイベントに参加!今度は東京オートサロンに行ってまいりました!車好きの皆さんの中には参加された方もいるのでは? 東京モーターショーとは趣をだいぶ異にしているイベントだが…メーカー主導じゃないからこそ自由な楽しみに満ち溢れたイベント。だからゴル横メンバーも自由に楽しんじゃってみました!ゴル横流東京オートサロンのイチオシポイントをご紹介するので、ぜひお楽しみに!


JCCA(日本クラシックカー協会)ニューイヤーミーティングお台場レポート

JCCA(日本クラシックカー協会)ニューイヤーミーティングお台場レポート

「懐カーコレクション」のイベント情報を見ると、ようやく今年のイベントシーズンも始まってきて、これから取材が楽しみだなーなんて妄想してる私会長です。 といいつつ、今さら大雪になったりして週末が心配な今日この頃ですね。 そんな中、新年イッパツ目の取材として、2018/1/28(日)に東京・お台場で開催された「JCCA(日本クラシックカー協会)ニューイヤーミーティング」に行ってきました! 東京近郊では、今年最初の大型イベントですね。 実は去年も行ってとても楽しかったので、今年も楽しみにしてました。


松崎さんも町田さんもハマってた!青春をラジオに捧げた男たちのBCLエピソード!

松崎さんも町田さんもハマってた!青春をラジオに捧げた男たちのBCLエピソード!

ゴル横のレトロラジカセ館や、オヤジのグルキャンなどなど、折に触れてゴル横に登場する「BCLラジオ」。前回の町田さんと松崎さんの対談でも、当然のように話題に上がっていた。やっぱ昭和のオヤジはみんなBCLラジオの虜、なんだよね?いわば昭和の必修科目? と、いうわけで、オヤジの中でも筋金入りのオヤジ、町田忍と松崎順一、さらに我がゴル横の会長が加わったBCL思い出話の様子をどうぞw


あの頃フラッシャーが眩しかった!?懐チャリコレクション

あの頃フラッシャーが眩しかった!?懐チャリコレクション

真冬のあいだは各地のカーイベント開催も少なくなっていたけど、そろそろ春に向けて開催情報も多くなってきましたね。 ゴル横に掲載しているカーイベント情報は、実は意外に人気コンテンツなのです。 みんなチェックしてるのね♪ インスタ映え(ゴル横的に言うと「フォトジェニック」?)な懐カーも素敵なのですが・・・


クルマ好きの熱気が雨を吹き飛ばした!?「十日町クラシックカーミーティング2018」

クルマ好きの熱気が雨を吹き飛ばした!?「十日町クラシックカーミーティング2018」

今年のGWは、5/1火・2水をお休みにしてしまうと最大で9連休になってしまう、大型連休でした。 そんなに休んじゃうと社会復帰が心配になってしまいますね。かく言う会長こと私は、もちろんカレンダー通りですよ、ええ・・・。


昭和がここにある!喜多方レトロ横丁(その2)【レトロモーターSHOW!編】

昭和がここにある!喜多方レトロ横丁(その2)【レトロモーターSHOW!編】

2018年7月14日・15日に福島県喜多方市で開催された「喜多方レトロ横丁」レポートその2は「レトロモーターshow編」です。炎天下、よくぞみなさん自走でいらして下さったと感激ひとしおでした。なんとあの方があのクルマで登場!? ※取材日は7月15日でした。


昭和がここにある!喜多方レトロ横丁(その3)

昭和がここにある!喜多方レトロ横丁(その3)

2018年7月14日・15日に福島県喜多方市で開催された「喜多方レトロ横丁」レポートその3は「SED青空プロレス編」です。リングの上は灼熱地獄。そこでゴル横会長が目にしたものは?! ※取材日は7月15日でした。


どこの誰だか知らないけれど、昭和の懐バイクコレクション

どこの誰だか知らないけれど、昭和の懐バイクコレクション

前回お届けしたジュニアスポーツバイク、「フラッシャー自転車」が思いのほか好評でしたので、引き続き「喜多方レトロ横丁」の会場から『懐バイクコレクション』をお届けしようと思います!戦後直後から昭和40年代まで、今ではほとんど見かけなくなった国産バイクをご紹介します。貴重な国産旧車バイク、てんこ盛りです!


やっぱりグンマーはアツかった!「前橋クラシックカーフェスティバル2018」

やっぱりグンマーはアツかった!「前橋クラシックカーフェスティバル2018」

花粉の飛散もだいぶ収まってきて、梅雨に入るにはまだもう少し・・・という今この時期!全国各地で旧車イベントが続々と開催されてます。やっぱり暑さと雨は旧車の大敵ですからね、今がいちばんいいシーズンです。 今回は、2018/5/20に群馬県前橋市で開催された「前橋クラシックカーフェスティバル2018」に行ってみました。 そう、去年も来たのですよミノこと私が。5月とは思えぬ暑さの中。


【カーイベント】石和温泉は旧車の桃源郷だった!「第8回 石和温泉郷クラシックカーフェスティバル」レポート

【カーイベント】石和温泉は旧車の桃源郷だった!「第8回 石和温泉郷クラシックカーフェスティバル」レポート

関東甲信越も例年よりだいぶ早く梅雨が明け、まだ7月になったばかりというのに連日猛烈な暑さが続いています。 梅雨の長雨は旧車の大敵、晴天万歳!なのですが、暑ければ暑いでオーバーヒートの心配も・・・クルマだけでなく、おやじもですがw


昭和がここにある!喜多方レトロ横丁(その1)

昭和がここにある!喜多方レトロ横丁(その1)

昨年はじめて訪れて度肝を抜かれたこのイベント。町中が昭和レトロで埋め尽くされ、老若男女の笑顔があふれるお祭り。昭和レトロ好きにとってはもう夢のような空間であり、時間もゆったりと流れるのであった。 2018年7月14日・15日に福島県喜多方市で開催された「喜多方レトロ横丁」の模様を、ゴル横会長ことワタクシがお届けします。あまりに盛りだくさんなため3回に分けて掲載する予定です。※取材日は7月15日でした。


「好きなコトをして生きてきた」feat.松崎順一その③:家電蒐集家が追いかける夢

「好きなコトをして生きてきた」feat.松崎順一その③:家電蒐集家が追いかける夢

今回で3回目となる家電蒐集家・松崎順一さんと庶民文化研究家・町田忍さんによる対談。前回、前々回と松崎さんの秘密の倉庫の様子や、ソニーグッズ3点を中心とした家電知識を披露していただいた。 第3回はそんな好きなことをして生きてきたオヤジたちの懐かし家電への思いや、思い出、さらにこれから先の話について語ってもらった!アツい男たちの思いをぜひ受け止めてみてほしい。


【カーイベント】真夏のアツさを吹き飛ばせ!北本水辺公園まつり 昭和、平成のクラシックカーフェスティバル

【カーイベント】真夏のアツさを吹き飛ばせ!北本水辺公園まつり 昭和、平成のクラシックカーフェスティバル

今年の夏はとにかく暑かった!まだ終わってはいませんが、とにかくお盆前は暑い日が多かったですね。 そんな中、8/4(土)に埼玉県北本市で開催された、「第2回 北本水辺公園まつり 昭和、平成のクラシックカーフェスティバル」というイベントに行ってみました。 北本といえば、暑いことで有名な熊谷のすぐ近く。これはアツいイベントになること間違いなし!と期待した通りでした。 昭和末期とか平成に入ってからの「ネオクラシック」な旧車が集まるイベントはあまり行ったことがなかったので、今回はまたいつもと違った車種が見られて楽しかったです。


【カーイベント】教習所に旧車が大集合!クラシックカーフェスティバル in ところざわ

【カーイベント】教習所に旧車が大集合!クラシックカーフェスティバル in ところざわ

クルマを運転する人の多くが通る道、自動車教習所。結構つらい思い出があったりしがちだけど、こんな教習所だったら楽しく通えるに違いない・・・!と思ってしまう、教習所で開催された旧車イベントに行ってきました。


「好きなコトをして生きてきた」その①:おやじが憧れる、エンスー系実業家に会ってきた

「好きなコトをして生きてきた」その①:おやじが憧れる、エンスー系実業家に会ってきた

ゴル横のモットーであり、キャッチコピーは「懐かしいね、ほっとするね」だ。 昔好きだったものだったり、いま興味があるものだったりを誰に遠慮することもなく実践、あるいは応援する場であると思っている(伝わってる?(;´∀`))。 だから、ここに集まるおやじたちはなにかしら好きなものがあって、それに共鳴してくれているんだと思う。 そんな気持ちを大事にするおやじにとって理想のおやじ像は、どっかのYouTuberじゃないけど・・・


「好きなコトをして生きてきた」その②:好きなことをやってきたおやじたちの対談編(前編)

「好きなコトをして生きてきた」その②:好きなことをやってきたおやじたちの対談編(前編)

エンスー界の巨人・小森隆さんが代表を務めるFLAT4。その本社に設けられたミュージアムスペースをしっかり満喫した一行。ズラリと並ぶ旧車たちを見た興奮が落ち着くのを待って、次の企画へと移行することに。 それは、さまざまな商品パッケージなどを収蔵し、その広範な知識が仕事になっている庶民文化研究家・町田忍さんと小森隆さんの対談!どちらもまさに「好きを仕事に」を地で行くお二人だが、果たしてどんな話が聞けるのか!?


「好きなコトをして生きてきた」その③:好きなことをやってきたおやじたちの対談編(後編)

「好きなコトをして生きてきた」その③:好きなことをやってきたおやじたちの対談編(後編)

フォルクスワーゲン好きに限らず、クルマが好きな人にとってまさに憧れの人生を送ってきたと言えそうな、FLAT4代表・小森さん。 古くからのお友だちである町田さんとの対談・後編は、いよいよ旧車をはじめとするクルマ趣味の楽しみ方とその魅力、効能について及んでいき・・・


「好きなコトをして生きてきた」その④:あのころ憧れたJUKEBOXだってレストアしちゃうぜ(完結)

「好きなコトをして生きてきた」その④:あのころ憧れたJUKEBOXだってレストアしちゃうぜ(完結)

ここまで続けざまに小森隆さんの記事をお届けしてきたが、その取材の中でフォルクスワーゲンとは別の、小森さんの趣味が発覚した。それが古いジュークボックスである。 なんと小森さん、古いフォルクスワーゲンのレストアだけでは飽き足らず、古いジュークボックスもレストアして販売しているらしい。しかもそれがミュージアムのようになって展示されているのだとか。 FLAT4本社からもほど近いということなので、こちらも取材させていただいた!