シルビアに関する記事


【クルマニアックイズ】267本目

【クルマニアックイズ】267本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


【クルマニアックイズ】257本目

【クルマニアックイズ】257本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


ニューシルビア タイプG (2代目・S10型) | 日産 - ロータリー搭載候補になったクーペ【旧車】

ニューシルビア タイプG (2代目・S10型) | 日産 - ロータリー搭載候補になったクーペ【旧車】

昭和50年(1975年)発表の2代目シルビアは、2シーターで低く構えた直線的な印象からぐっと雰囲気を変え、丸みをおびたふくよかな造形でデビューしました。初代とはイメージを変えようとしたのか、車名は「ニューシルビア」でエンブレムにも「NEW」とつけられています。


シルビア・クーペ(4代目・S12型) | 日産 - 巨大なパワーバルジが熱い走りを予感させる【旧車】

シルビア・クーペ(4代目・S12型) | 日産 - 巨大なパワーバルジが熱い走りを予感させる【旧車】

昭和58年(1983年)のモデルチェンジで4代目になったシルビア。姉妹車のガゼールは2代目にあたります。2ドアノッチバッククーペと3ドアハッチバッククーペという構成は変わらずだったが、ノッチバックのほうはセンターピラーを設けるようになりました。


【クルマニアックイズ】139本目

【クルマニアックイズ】139本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


【超速報】東京オートサロン2020に行ってきた!

【超速報】東京オートサロン2020に行ってきた!

カスタムカーの祭典「東京オートサロン」にゴル横取材班が今年も潜入!まずは現場から撮って出しの会場、車、そしてオネーチャンをお届け!詳細レポートまではこちらで我慢してくださいね(笑)


シルビア | 日産- クリスプカットと呼ばれるデザインが美しい【旧車】

シルビア | 日産- クリスプカットと呼ばれるデザインが美しい【旧車】

日産のスペシャルティークーペ、シルビアの初代モデルです。エッジの効いたシャープなボディラインはクリスプカットと呼ばれています。


シルビア | 日産 - 宝石のカットを思わせるようなラインの高級クーペ【旧車】

シルビア | 日産 - 宝石のカットを思わせるようなラインの高級クーペ【旧車】

日産・シルビアの初代、CSP311型です。クリスプカットとよばれるエッジが明確でシャープなボディラインが美しいクーペです。シャーシはダットサン・フェアレディのものを使っています。


日産・シルビア(初代・CSP311型)の画像アーカイブ【旧車】

日産・シルビア(初代・CSP311型)の画像アーカイブ【旧車】

ゴールデン横丁スタッフが取材で集めた画像を車種別・世代別にまとめて公開します。このページは「日産・シルビア(初代・CSP311型)」の画像アーカーブです。新着画像は随時追加します。


シルビアJ's | 日産 - デートカーだなんてもったいない【旧車】

シルビアJ's | 日産 - デートカーだなんてもったいない【旧車】

日産・シルビアの5代目・S13型です。歴代シルビアで最も販売台数が伸びました。デートカーとしてホンダ・プレリュードと並ぶ双璧でした。FRレイアウトで走り好きにもヒットした名車です。「越後丘陵公園クラシックカー展 2017」で撮影しました。


シルビアハッチバック | 日産 - ガゼールとは双子の姉妹【旧車】

シルビアハッチバック | 日産 - ガゼールとは双子の姉妹【旧車】

日産・シルビアの3代目・S110型です。ボディタイプには3ドアハッチバックのほかにノッチバッククーペがありました。写真のモデルは「昭和の車を守る集い2017」で撮影したものです。