町田忍に関する記事


今じゃ常識だけど当時は革新的なお茶の飲み方「リプトンティーバッグ」

今じゃ常識だけど当時は革新的なお茶の飲み方「リプトンティーバッグ」

日本茶とは違い、発酵させた茶葉を使って入れる「紅茶」。その紅茶を手軽に家庭で楽しめるようにしてくれたのが「ティーバッグ」だ。今回は紅茶の便利な楽しみ方となったティーバッグと、紅茶といえば思い浮かぶリプトンの歴史について庶民文化研究所所長の町田忍さんに教えてもらった。


美しい景色に負けない美しい姿「遊覧船」

美しい景色に負けない美しい姿「遊覧船」

湖や川、海など風光明媚な水上スポットをめぐる船のことを遊覧船、またはクルーズ船という。芦ノ湖の海賊船しかり、かなり特徴的に飾り付けられることの多いその遊覧船の姿を、庶民文化研究所収蔵の写真から町田忍所長に紹介してもらった。


メッサーシュミットKR200

メッサーシュミットKR200

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回は独特なデザインがなんともアイコニックな名車であり珍車、メッサーシュミットをご紹介しよう。


砲弾型手押しポンプ

砲弾型手押しポンプ

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回は水道の発達以降、見かけることが少なくなった井戸の手押しポンプをご紹介。


アイスのコーンについてるアレ。「コーンスリーブ」

アイスのコーンについてるアレ。「コーンスリーブ」

夏はもちろん、冬でもなんだか食べたくなる魅惑のおかし、アイスクリーム。お出かけ先で両親に買ってもらって大喜び!なんて思い出が誰にでもあるはず。今回はそんなアイスクリームの思い出がよみがえる「コーンスリーブ」について、庶民文化研究所所長・町田忍さんに教えてもらった。


銀座の象徴・和光時計台

銀座の象徴・和光時計台

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。銀座の街を見守り続けるシンボル、銀座和光の時計台を紹介しよう。


道頓堀の名物「くいだおれ太郎」

道頓堀の名物「くいだおれ太郎」

ド派手な紅白衣装に身を包み、陽気な浪速の人々を見守り続け、愛される「くいだおれ太郎」。もはや日本一と言っても過言ではないほどの知名度を誇る大阪のシンボルの歴史と謎を、庶民文化研究所所長・町田忍さんの解説で解き明かします。


手肌ケアの代名詞「メンソレータム」

手肌ケアの代名詞「メンソレータム」

手肌を保護し、うるおいを与えるハンドケア製品といえば、「メンソレータム」。パッケージに描かれたかわいい女の子は誰もが知るはず。今回は、メンソレータムの歴史を庶民文化研究所・町田忍さんのコレクションから紹介しよう。


身近なヒーロー・消防団

身近なヒーロー・消防団

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回は地域住民で構成される身近なヒーロー・消防団をご紹介。


デッキ型電気機関車 EF12形

デッキ型電気機関車 EF12形

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回はなつかしき国鉄時代、貨物を引っ張っていたデッキ型電気機関車「EF12」をご紹介。


工事現場の危険をかわいくお知らせ!アニマルガード

工事現場の危険をかわいくお知らせ!アニマルガード

工事現場といえば、無骨な機械が並ぶ危険な場所。だが、近年その工事現場の区画を示すバリケードがやたらとかわいいことになっている。今回は、かわいいバリケード「アニマルガード」を、庶民文化研究所・町田忍さんのコレクションから紹介しよう。


役行者(えんのぎょうじゃ)

役行者(えんのぎょうじゃ)

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回は修験道の開祖として信仰を集める「役行者像」をご紹介。


はんこ屋さんのはんこケース

はんこ屋さんのはんこケース

近年ではなにかとめんどくさがられがちなアイテム「はんこ」。時代の流れに押されて、街中ではんこ屋さんを見る機会も減ってきている。今回はそんな消えゆくはんこ屋さんの姿を庶民文化研究所所長・町田忍さんのコレクションで振り返る。


旧京橋 親柱

旧京橋 親柱

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回は、東京都中央区京橋にかつてかかっていた京橋の親柱をご紹介しよう。


デザインに街の個性も光る「住所案内板」

デザインに街の個性も光る「住所案内板」

今や地図までデジタル化してしまっている時代だが、そんな今でも健気に設置されているのが、住所案内板。さらにそれが手書きともなればより郷愁を誘う。今回は庶民文化研究所所長・町田忍さんが集めた手書きの住所案内板をご紹介しよう。


スウェーデンの名車・サーブ 96

スウェーデンの名車・サーブ 96

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回はかつてスウェーデンで活躍したサーブ社の名車・96をご紹介。


夏休みのヒンヤリ甘~い思い出「かき氷」

夏休みのヒンヤリ甘~い思い出「かき氷」

日本の夏休みといえば、お盆。大人も子どももほとんどの人が休みに入る幸せな時期だ。そんな夏休みの思い出に鮮烈な印象を残すものがかき氷であり、かき氷機だ。今回は夏の風物詩「かき氷」を庶民文化研究所所長・町田忍さんにご紹介いただく。


高泉浴場 昭和レトロ銭湯大百科

高泉浴場 昭和レトロ銭湯大百科

日本銭湯文化協会理事の町田忍さんが教えてくれた昭和風情豊かなイチオシ銭湯をまとめる「昭和レトロ銭湯大百科」。今回は飛騨神岡にあったという、高泉浴場をご紹介。


昭和の銭湯建築 帯広湯

昭和の銭湯建築 帯広湯

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回は銭湯シリーズ。北の大地、北海道にかつて存在したおしゃれな洋式建築の銭湯・帯広湯をご紹介。


スポーツの祭典の象徴『聖火台』

スポーツの祭典の象徴『聖火台』

今まさに、ここ日本の東京で熱戦を繰り広げているスポーツの祭典。アスリートを見守る聖火台は、このイベントの象徴と言えるだろう。そこで今回は1964年に開催された前大会の聖火台について、庶民文化研究所所長・町田忍さんにご紹介いただく。