スカイラインに関する記事


【旧車】スカイライン2000GT | プリンス - 日産と合併する過渡期に生まれた名車

【旧車】スカイライン2000GT | プリンス - 日産と合併する過渡期に生まれた名車

日産とプリンスが合併する過渡期に生まれた、その後長く愛される名車のスカイライン。


【旧車】スカイラインGT-R - 第2世代のGT-Rとして爆発的な人気を誇ったR32

【旧車】スカイラインGT-R - 第2世代のGT-Rとして爆発的な人気を誇ったR32

第2世代のGT-Rとして爆発的な人気を誇ったR32も、そろそろ旧車とかネオクラシックと呼ばれる世代になってきたね。


【旧車】スカイライン | 日産 - 旧車の王道だけれどもやっぱりカッコいい

【旧車】スカイライン | 日産 - 旧車の王道だけれどもやっぱりカッコいい

旧車イベントでは必ずといっていいほど複数の参加車がいるけれど、どれもそれぞれ個性が表れているのがハコスカの魅力のひとつと言っていいだろう。


【旧車】スカイライン2000GT-R | 日産 - 排ガス規制の影響で197台しか製造されなかった

【旧車】スカイライン2000GT-R | 日産 - 排ガス規制の影響で197台しか製造されなかった

ケンメリのGT-Rといえば、伝説中の伝説の1台だね。 排ガス規制の影響で197台しか製造されなかったというのは有名な話だ。


【旧車】スカイライン | 日産 - 実は結構ワゴンモデルがあるのです

【旧車】スカイライン | 日産 - 実は結構ワゴンモデルがあるのです

スカイラインはスポーティなクーペやセダンというイメージが強いけれど、実は歴代モデルに結構ワゴンがラインナップされていたりするんだ。世代によっては5ドアハッチバックっぽいものもあるね。


【旧車】スカイライン | プリンス - スポーティーに進化する小型ファミリーセダン

【旧車】スカイライン | プリンス - スポーティーに進化する小型ファミリーセダン

2代目スカイラインは「プリンス・スカイライン」としてデビューしたんだけど、1966年にプリンスが日産に吸収合併されたので、67年型以降は「日産・プリンス・スカイライン」となったんだ。


【旧車】スカイライン | 日産 - 第2世代GT-Rの伝説はR32から始まった

【旧車】スカイライン | 日産 - 第2世代GT-Rの伝説はR32から始まった

8代目スカイライン、R32型のトップモデルとして1989年に復活した「GT-R」(BNR32)。実に4代目のケンメリ以来、16年ぶりの登場となった(といってもケンメリGT-Rは197台しか製造されていないのはあまりにも有名だね)。


スカイライン | 日産 - ソレ・タコ・デュアルはL型チューンの代名詞

スカイライン | 日産 - ソレ・タコ・デュアルはL型チューンの代名詞

ハコスカといえばチューニング派の旧車ファンには垂涎の的だけれども、ハコスカのL型エンジンの定番チューンといえば「ソレ・タコ・デュアル」。 ソレックスの3連キャブレター、タコ足エグゾースト、デュアル出しマフラーという吸排気系のトータルチューンを指した言葉だね。


スカイライン2000RS | 日産 - 西部警察Part-Ⅱ・マシンRS仕様のスカイライン

スカイライン2000RS | 日産 - 西部警察Part-Ⅱ・マシンRS仕様のスカイライン

西部警察Part-Ⅱに登場した、大門軍団の走る指令室


スカイライン2000RS | 日産 - スカイラインはやっぱり最強のスポーツカーでなきゃいけない

スカイライン2000RS | 日産 - スカイラインはやっぱり最強のスポーツカーでなきゃいけない

久しぶりのDOHCエンジン復活で、スカイライン覇権の夢をふたたび


スカイライン2000GT-ESターボ | 日産 - 大門団長が乗っていた「マシーンX」を思い出してしまう

スカイライン2000GT-ESターボ | 日産 - 大門団長が乗っていた「マシーンX」を思い出してしまう

黒のジャパンターボといえば、西部警察の大門団長が乗っていた「マシーンX」を思い出してしまう


スカイライン2000GT | 日産 - 伝統の丸テールはケンメリから

スカイライン2000GT | 日産 - 伝統の丸テールはケンメリから

素のケンメリ2HTは今となっては貴重かもしれない