めくるめく死語の世界に関する記事


「サラリーマンは気楽な稼業ときたもんだ」…あのころの幸せなサラリーマンよ、もう一度

「サラリーマンは気楽な稼業ときたもんだ」…あのころの幸せなサラリーマンよ、もう一度

懐かしくも切ない「死語」の世界を紐解き、再度その存在にスポットライトを当てようというこのコーナー。今回の死語は名優・植木等のあの名言!今では一生ひとつの会社に勤めるなんて言っていられない時代になってしまったけど、あのころのサラリーマンはこんな揶揄をされていたものだった……。バカにされるくらい安定していたあの時代よ、カムバーーーーーーック!


「はい、お釣り100万円」今は無きお釣り渡しの名啖呵

「はい、お釣り100万円」今は無きお釣り渡しの名啖呵

懐かしくも切ない「死語」の世界を紐解き、再度その存在にスポットライトを当てようというこのコーナー。今回の死語は釣り銭にまつわる懐かしい死語。くだらないけど、なんかこういうのよかったよなぁ…キャッシュレス反対!


「ポチッとな!」ドロンボー一味の危険な切り札

「ポチッとな!」ドロンボー一味の危険な切り札

懐かしくも切ない「死語」の世界を紐解き、再度その存在にスポットライトを当てようというこのコーナー。今回の死語はアニメから生まれた名言!その名も「ポチッとな」。今でもついついボタン押すとき言っちゃうよねw


「テンパる」…チャンスからピンチへ…使われ方が変わった死語

「テンパる」…チャンスからピンチへ…使われ方が変わった死語

懐かしくも切ない「死語」の世界を紐解き、再度その存在にスポットライトを当てようというこのコーナー。今回の死語はとある大人の遊び…(*´ω`*)…麻雀から生まれた「テンパる」という言葉。


「スタンバる」…19歳にはとても見えないブライトさんの名言

「スタンバる」…19歳にはとても見えないブライトさんの名言

懐かしくも切ない「死語」の世界を紐解き、再度その存在にスポットライトを当てようというこのコーナー。 今回の死語は、名作アニメ・ガンダムのキャラクターから生まれた「スタンバる」という名言をご紹介しようと思う。


斜陽・太陽・カミナリ・みゆき………文化が生んだ民族の違い。◯◯族の歴史

斜陽・太陽・カミナリ・みゆき………文化が生んだ民族の違い。◯◯族の歴史

懐かしくも切ない「死語」の世界を紐解き、再度その存在にスポットライトを当てようというこのコーナー。 今回の死語は、若者の嗜好に応じてグループを呼び分けた◯◯族という呼称について振り返ってみようと思う。


「超マブいスケがいるぜ…(゚A゚;)ゴクリ」女性のホメ方にも死語はある!

「超マブいスケがいるぜ…(゚A゚;)ゴクリ」女性のホメ方にも死語はある!

懐かしくも切ない「死語」の世界を紐解き、再度その存在にスポットライトを当てようというこのコーナー。 男性の容姿をほめる言葉も移ろうのならば、女性の容姿をほめる言葉もまた然り…どうせなら死語ではなく、いまの女性がうれしい言葉でほめよう(笑)


「はらたいらさんに1000点!」…堅実さの例えがクイズ回答者ってどうなのよ?

「はらたいらさんに1000点!」…堅実さの例えがクイズ回答者ってどうなのよ?

今回の死語は、とある状態や行動を例えた言葉。日本には様々な比喩表現があるけれど、ここで紹介しているのは死語! なので、テレビや映画、ドラマなどが元になっているものがほとんど。そのオリジナルが終わってしまえば、それはもはや例えにはならない。まあ、それでもどうしても口をついて出てしまうのが死語の恐ろしさ……。


ハンサムじゃあ、うれしくない!?ほめ言葉だって死語になる…

ハンサムじゃあ、うれしくない!?ほめ言葉だって死語になる…

懐かしくも切ない「死語」の世界を紐解き、再度その存在にスポットライトを当てようというこのコーナー。 男性の見た目が整っている場合、あなたはなんと言ってほめるだろうか?我らが定番ワードであるあの言葉は、すでに死に絶えているようです…


ダイヤル回して、手を止めたのはすでに遠い日になりにけり…「ダイヤル回す/黒電話」

ダイヤル回して、手を止めたのはすでに遠い日になりにけり…「ダイヤル回す/黒電話」

懐かしくも切ない「死語」の世界を紐解き、再度その存在にスポットライトを当てようというこのコーナー。今回は、「チャンネル回す」に引き続き回す繋がりの死語。今ではスマホが当たり前の世の中になってしまったけど、当時は恋人に電話するのもメチャクチャ大変だったよね。あの頃の気持ちを思い出しながら、ダイヤルを回してみたい……。


アフター5もお楽しみ♪退社後にも生まれる死語…ビジネス死語の世界

アフター5もお楽しみ♪退社後にも生まれる死語…ビジネス死語の世界

懐かしくも切ない「死語」の世界を紐解き、再度その存在にスポットライトを当てようというこのコーナー。 ビジネス現場で死語を避けられても、親睦を深めようと繰り出した夜の街でも死語はわんさか…そんな仕事終わりの死語をご紹介!


ああ、懐かしきチャンネル争いの日々。チャンネル回すってなにを回せばいいの?

ああ、懐かしきチャンネル争いの日々。チャンネル回すってなにを回せばいいの?

懐かしくも切ない「死語」の世界を紐解き、再度その存在にスポットライトを当てようというのがこのコーナー。今回は機能がなくなっても言葉だけが残ってしまう、という悲しみを秘めた言葉をご紹介しよう。そういう仕組みじゃないのはわかってるけど、ついつい「チャンネル回して!」って言っちゃわない?


ゼロックスしといてw職場で使うと場が凍りつく…

ゼロックスしといてw職場で使うと場が凍りつく…

懐かしくも切ない「死語」の世界を紐解き、再度その存在にスポットライトを当てようというこのコーナー。 新入社員もたくさん入ってくるこの時期を狙って、今回は少し趣向を変えて、職場でかつて隆盛を極めた死語の数々をご紹介!使うと新人の頭に「?」が浮かぶので、使用厳禁だぞ!


早上がりのワクワク感は異常!非日常を味わえる死語「半ドン」

早上がりのワクワク感は異常!非日常を味わえる死語「半ドン」

懐かしくも切ない「死語」の世界を紐解き、再度その存在にスポットライトを当てようというのがこのコーナー。今回は最近、学校の土曜授業が復活しはじめているというウワサを聞きつけたので、あのころの学校や会社でよく聞いた言葉を振り返ってみたいと思う………もしかして死語じゃなくなる可能性も?


ヤンキー御用達ワード「シャバい」ってなんだ!?

ヤンキー御用達ワード「シャバい」ってなんだ!?

懐かしくも切ない「死語」の世界を紐解き、再度その存在にスポットライトを当てようというのがこのコーナー。 今回は近年の日本経済を支えているともいわれている購買層として、新たに名づけられ話題になった「マイルドヤンキー」という言葉に基づき、あのころのヤンキーについて死語とともに振り返ってみたいと思う。


気づいたら言葉自体も「ドロン」…呑み会を切り上げる魔法の言葉

気づいたら言葉自体も「ドロン」…呑み会を切り上げる魔法の言葉

懐かしくも切ない「死語」の世界を紐解き、再度その存在にスポットライトを当てようというこのコーナー。 今回は、最近飲み会を嫌がる傾向にあるという若者たちが多いというニュースが巷を騒がせているので、飲み会に関連したワードを紹介したいと思う! オヤジと酒は切っても切り離せないものなのに、寂しいなぁ(´・ω・`)


時代が生んだ悲しき男子・アッシー君

時代が生んだ悲しき男子・アッシー君

懐かしくも切ない「死語」の世界を紐解き、再度その存在にスポットライトを当てようというこのコーナー。 今回は日本が狂乱に包まれていたバブル期に生まれた言葉をご紹介!このころは就職も青田買い状態だったらしいけれど、こと恋愛においても異常な状態になっていたようです。……これ、今だとどういう呼び方になるのかな?(;´∀`)


ズボンとか言ってない?ファッションアイテム今昔物語!

ズボンとか言ってない?ファッションアイテム今昔物語!

懐かしくも切ない「死語」の世界を紐解き、再度その存在にスポットライトを当てようというこのコーナー。 今回はさまざまな流行の中でも、特に時代を感じることができるファッションから。例えばバブル期に流行っていたようなゴリゴリの肩パッドやボディコンなんかの服装もそうだけど、服装と同時に同じアイテムでも呼び名が変わっているのをご存じだろうか?


「巻き戻し」はもう古い?デジタルネイティブ時代の巻き戻しはなんという?

「巻き戻し」はもう古い?デジタルネイティブ時代の巻き戻しはなんという?

懐かしくも切ない「死語」の世界を紐解き、再度その存在にスポットライトを当てようというこのコーナー。 今回は録画した番組や映画を見るときに必ずお世話になるあの機能について。両方呼び名が変わるならともかく、まさか片方だけが変わるとは誰が想像しただろうか。 そう、問題になっているのは「巻き戻し」のほうであった……。


ごほうびごはんの定番といえばこの響きだったよね?「ビフテキ」

ごほうびごはんの定番といえばこの響きだったよね?「ビフテキ」

懐かしくも切ない「死語」の世界を紐解き、再度その存在にスポットライトを当てようというこのコーナー。 今回は少年時代のあのころ、胸を踊らせた夕食メニューの筆頭を紹介!これまで流行語や行動などの死語はあったけど、食べ物でも廃れていった言葉は意外に多いよう。どうしてわざわざ名前を変えるのかなぁ(´・ω・`)