バモス | ホンダ - モスグリーンがとてもよく似合う【旧車】

バモス | ホンダ - モスグリーンがとてもよく似合う【旧車】

ホンダ・バモスの初代です。一見オフロードカーにも思える奇抜な外観が特徴です。開放感のあるフルオープンボディーはアウトドアレジャーに好適。残念ながら販売面では苦戦しました。


S600 | ホンダ - 精密なDOHCエンジンを積んだマイクロスポーツ【旧車】

S600 | ホンダ - 精密なDOHCエンジンを積んだマイクロスポーツ【旧車】

ホンダのマイクロスポーツ、Sシリーズの第二弾S600です。S500から基本的なコンポーネンツは踏襲しつつエンジンは拡大してパワーアップしました。本格的な小型オープンスポーツカーとして欧州でも好評を博しました。


S800/ホンダ - ホンダ初の100マイルカーとなり世界中で人気【旧車】

S800/ホンダ - ホンダ初の100マイルカーとなり世界中で人気【旧車】

ホンダのマイクロスポーツSシリーズの3代目、S800です。ボア&ストロークアップで791cc、70PSまで出力アップしたエンジンを搭載し、最高速度は160km/hを誇りました。


TN-V/ホンダ - N360のパワートレーンを流用し作られた軽トラ【旧車】

TN-V/ホンダ - N360のパワートレーンを流用し作られた軽トラ【旧車】

ホンダの軽トラ、TN360シリーズのマイナーチェンジモデル、TN-Vです。フロントのデザイン的な特徴だった大きなHマークはHONDAのロゴに変更されました。


シティ | ホンダ - 画期的なトールボーイスタイルで人気者に【旧車】

シティ | ホンダ - 画期的なトールボーイスタイルで人気者に【旧車】

ホンダ・シティの初代です。突然変異的に表れたトールボーイスタイルは斬新で、新しいクルマの楽しみ方の提案が受け入れられて大ヒットしました。派生モデルも特徴あるもので、人気のすそ野を広げることになりました。オプションのモトコンポもそれ単体でも愛好者がいるほどです。


バモス | ホンダ - ホロをはずしてフルオープンが爽快【旧車】

バモス | ホンダ - ホロをはずしてフルオープンが爽快【旧車】

ホンダ・バモスです。オープンタイプの軽トラックという位置づけで、レジャーユースを狙ったユニークなモデルでした。ヘッドライトの間にセットされたスペアタイヤがデザイン上の特徴です。



バモス | ホンダ - 幌をかけるとトラックのよう【旧車】

バモス | ホンダ - 幌をかけるとトラックのよう【旧車】

ホンダのレジャービークル、バモスの初代です。ユニークなつくりとスタイルで注目度は高かったのですが、ビジネス的には成功しませんでした。伊香保360ミーティング(2017)で撮影しました。


ライフ | ホンダ - 完成度の高い優れたデザイン【旧車】

ライフ | ホンダ - 完成度の高い優れたデザイン【旧車】

ホンダ・ライフの初代です。横置エンジン・前輪駆動のレイアウトを利して室内スペースを最大限に確保。コダワリの空冷を捨てて水冷エンジンを採用したことで快適性も向上しました。シビックに道を譲るため短命に終った名車です。


S800 | ホンダ - ヨタハチとならぶ人気のマイクロスポーツ【旧車】

S800 | ホンダ - ヨタハチとならぶ人気のマイクロスポーツ【旧車】

ホンダのマイクロスポーツ、Sシリーズの3代目にあたるS800です。エンジンが800ccまで拡大され、0 - 400m加速は16.9秒、最高速度は160km/hの性能を誇りました。エンジンフードにあるパワーバルジがS500/600との見分けのポイントです。クラシックカーフェスティバルin小金井(2016)で撮影しました。


S600 | ホンダ - F1挑戦と同年に発売、夢を託したスポーツカー【旧車】

S600 | ホンダ - F1挑戦と同年に発売、夢を託したスポーツカー【旧車】

ホンダのマイクロスポーツ、Sシリーズの2代目S600です。S500の登場から半年と待たずにデビューしました。基本的なメカニズムはS500を踏襲しています。「JCCAお台場ニューイヤーMTG 2018」で撮影しました。


Z | ホンダ - ちびっこギャングふうモディファイがたまらない【旧車】

Z | ホンダ - ちびっこギャングふうモディファイがたまらない【旧車】

ホンダ・Zの初代です。N360をベースにクーペスタイルに仕立てたスペシャルティーカー。リアウィンドウまわりのデザインから水中メガネのあだ名がつきました。「伊香保360ミーティング 2017」で撮影しました。


ライフステップバン | ホンダ - アメリカのミニバンふうスタイルがカッコい【旧車】

ライフステップバン | ホンダ - アメリカのミニバンふうスタイルがカッコい【旧車】

ホンダ・ライフステップバン、VA型です。ライフをベースにした背の高いワンボックスは今日の軽自動車の源流と言えそうです。近年、ステップワゴンとしてコンセプトが復活しました。「伊香保360ミーティング 2017」で撮影しました。


Z | ホンダ - 360ccでクーペスタイルを目指したスペシャリティカー【旧車】

Z | ホンダ - 360ccでクーペスタイルを目指したスペシャリティカー【旧車】

ホンダの360cc軽、Zの初代です。リアウインドウまわりの独特なデザインから「水中メガネ」と呼ばれて親しまれました。プラットフォームがマイナーチェンジ前後で変わっています。前期はN360、後期はライフがベースとなっています。「喜多方レトロ横丁 2017」で撮影しました。


S800 | ホンダ – ホンダらしさがあふれる小型オープンスポーツ【旧車】

S800 | ホンダ – ホンダらしさがあふれる小型オープンスポーツ【旧車】

ホンダ・S800です。ライトウェイトスポーツのSシリーズ3代目にあたります。排気量は791ccに拡大。最高出力は70PS/8,000rpm、最大トルクは6.7kgf·m/6,000rpmとパワーアップし、0 - 400m加速は16.9秒、最高速度は160km/hを誇りました。「谷保天満宮旧車祭 2016」で撮影しました。


Z | ホンダ - クーペスタイルを目指したマイクロスペシャリティ【旧車】

Z | ホンダ - クーペスタイルを目指したマイクロスペシャリティ【旧車】

ホンダ・Zの初代、SA型です。リアウィンドウまわりの独特なデザインから「水中メガネ」の愛称で親しまれました。特撮ヒーロー番組『ジャンボーグA』中に登場、ジャンボーグ9に変身します。「トヨタ博物館クラシックカーフェスティバル in 神宮外苑2018」で撮影しました。


S600 | ホンダ - 超高回転型エンジンのレッドゾーンはなんと9,500rpm【旧車】

S600 | ホンダ - 超高回転型エンジンのレッドゾーンはなんと9,500rpm【旧車】

ホンダのライトウェイトスポーツ、Sシリーズの2代目・S600、AS285型です。ホンダのこだわりがつまったメカに洒落たデザインで人気を博したS500の後継です。「JCCAお台場ニューイヤーMTG 2018」で撮影しました。



ホンダ・シティ(初代・AA/VF型)の画像アーカイブ【旧車】

ホンダ・シティ(初代・AA/VF型)の画像アーカイブ【旧車】

ゴールデン横丁スタッフが取材で集めた画像を車種別・世代別にまとめて公開します。このページは「ホンダ・シティ(初代・ AA/VF型)」の画像アーカーブです。新着画像は随時追加します。


T360 | ホンダ - 初の四輪は軽トラだけどミッドシップ【旧車】

T360 | ホンダ - 初の四輪は軽トラだけどミッドシップ【旧車】

ホンダの軽トラックT360、AK250型です。DOHCエンジンをミッドシップに積んだ、まるでスポーツカーのような成り立ちというホンダらしい軽トラック。「トヨタ博物館クラシックカーフェスティバル in 神宮外苑2018」で撮影しました。