Z | ホンダ - 360ccでクーペスタイルを目指したスペシャリティカー【旧車】

Z | ホンダ - 360ccでクーペスタイルを目指したスペシャリティカー【旧車】

ホンダの360cc軽、Zの初代です。リアウインドウまわりの独特なデザインから「水中メガネ」と呼ばれて親しまれました。プラットフォームがマイナーチェンジ前後で変わっています。前期はN360、後期はライフがベースとなっています。「喜多方レトロ横丁 2017」で撮影しました。


S800 | ホンダ – ホンダらしさがあふれる小型オープンスポーツ【旧車】

S800 | ホンダ – ホンダらしさがあふれる小型オープンスポーツ【旧車】

ホンダ・S800です。ライトウェイトスポーツのSシリーズ3代目にあたります。排気量は791ccに拡大。最高出力は70PS/8,000rpm、最大トルクは6.7kgf·m/6,000rpmとパワーアップし、0 - 400m加速は16.9秒、最高速度は160km/hを誇りました。「谷保天満宮旧車祭 2016」で撮影しました。


Z | ホンダ - クーペスタイルを目指したマイクロスペシャリティ【旧車】

Z | ホンダ - クーペスタイルを目指したマイクロスペシャリティ【旧車】

ホンダ・Zの初代、SA型です。リアウィンドウまわりの独特なデザインから「水中メガネ」の愛称で親しまれました。特撮ヒーロー番組『ジャンボーグA』中に登場、ジャンボーグ9に変身します。「トヨタ博物館クラシックカーフェスティバル in 神宮外苑2018」で撮影しました。


S600 | ホンダ - 超高回転型エンジンのレッドゾーンはなんと9,500rpm【旧車】

S600 | ホンダ - 超高回転型エンジンのレッドゾーンはなんと9,500rpm【旧車】

ホンダのライトウェイトスポーツ、Sシリーズの2代目・S600、AS285型です。ホンダのこだわりがつまったメカに洒落たデザインで人気を博したS500の後継です。「JCCAお台場ニューイヤーMTG 2018」で撮影しました。



ホンダ・シティ(初代・AA/VF型)の画像アーカイブ【旧車】

ホンダ・シティ(初代・AA/VF型)の画像アーカイブ【旧車】

ゴールデン横丁スタッフが取材で集めた画像を車種別・世代別にまとめて公開します。このページは「ホンダ・シティ(初代・ AA/VF型)」の画像アーカーブです。新着画像は随時追加します。


T360 | ホンダ - 初の四輪は軽トラだけどミッドシップ【旧車】

T360 | ホンダ - 初の四輪は軽トラだけどミッドシップ【旧車】

ホンダの軽トラックT360、AK250型です。DOHCエンジンをミッドシップに積んだ、まるでスポーツカーのような成り立ちというホンダらしい軽トラック。「トヨタ博物館クラシックカーフェスティバル in 神宮外苑2018」で撮影しました。


ライフ | ホンダ - シビックに受け継がれてたホンダスピリット【旧車】

ライフ | ホンダ - シビックに受け継がれてたホンダスピリット【旧車】

ホンダ・ライフの初代です。シビックのヒットにより製造ラインを譲って姿を消すことになりました。ホンダの小型乗用車の基本的な成り立ちの源流といえます。「JCCAニューイヤーミーティング 2017」で撮影しました。


【旧車】3代目アコード|ホンダ - FFでは世界初のダブルウィッシュボーン採用

【旧車】3代目アコード|ホンダ - FFでは世界初のダブルウィッシュボーン採用

今回の車は、第6回日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞した3代目アコード。1985年に登場し、先代からは4ドアセダンが引き継がれ、3ドアハッチバックは3ドアエアロデッキと、3ドアファストバックとなり、さらに2ドアクーペも加わりました。


シビック1200RS | ホンダ - ベストセラーハッチバックの初代【旧車】

シビック1200RS | ホンダ - ベストセラーハッチバックの初代【旧車】

ホンダ・シビックの初代です。小型車セグメントにおけるホンダのポジションを確立したエポックメーキングなモデル。排ガス規制に対応したCVCCエンジンを導入したのも初代シビックです。写真のモデルはスポーティー仕様のシビック1200RS。「昭和の車を守る集い 2017」で撮影しました。


シティ・ターボ | ホンダ - カラーリングが素敵【旧車】

シティ・ターボ | ホンダ - カラーリングが素敵【旧車】

ホンダ・シティの初代です。ターボチャージャーを搭載したシティ・ターボ。エンジン制御にはホンダ独自の電子燃料噴射装置「PGM-FI」が採用されました。最高出力100PS/5,500rpmを誇ります。「昭和の車を守る集い 2017」で撮影しましあた。


シティ・カブリオレ | ホンダ - オシャレで実用的な人気者【旧車】

シティ・カブリオレ | ホンダ - オシャレで実用的な人気者【旧車】

ホンダ・シティの初代、AA/VF型です。初代シティには特徴ある派生モデルがいくつか存在しました。写真のモデルはシティ・カブリオレです。サクラオートフヒストリーフォーラム2017で撮影しました。



【旧車】S800M | ホンダ - アメリカに輸出されていたUSモデル

【旧車】S800M | ホンダ - アメリカに輸出されていたUSモデル

現在のS660にも続く、ホンダのSシリーズの初期モデル、S800だ。これはアメリカに輸出されていたUSモデルだね。


【旧車】モトコンポ | ホンダ - シティのトランクに積んで出先でチョイ乗り

【旧車】モトコンポ | ホンダ - シティのトランクに積んで出先でチョイ乗り

シティのトランクに積んで、出先でチョイ乗りに便利に使おう!というコンセプトで発表されたモト・コンポ。


【旧車】ライフ | ホンダ - エンジンを水冷化して登場

【旧車】ライフ | ホンダ - エンジンを水冷化して登場

N360~NⅢのヒットをうけ、エンジンを水冷化して登場したのが初代ライフ。


【旧車】シティ | ホンダ - 元祖トールボーイスタイル

【旧車】シティ | ホンダ - 元祖トールボーイスタイル

元祖トールボーイスタイルの初代ホンダ・シティ!これがでてきたときはホント衝撃的だったなぁ~!


【旧車】S600 | ホンダ - 当時最先端の技術が詰め込まれたドリームカー

【旧車】S600 | ホンダ - 当時最先端の技術が詰め込まれたドリームカー

ミッドシップの軽スポーツ、S660が大人気になっているけど、その「Sシリーズ」のご先祖様にあたるのが「S600」だ。


【旧車】バラードスポーツCR-X | ホンダ - 2人だけのデュエットクルーザー

【旧車】バラードスポーツCR-X | ホンダ - 2人だけのデュエットクルーザー

ハッチバックボディをリアタイヤのすぐ後ろでイタ車のようにスパッと断ち切った、ハイデッキな「コーダ・トロンカ」スタイルのスタイリッシュな2+2クーペとしてデビューしたCR-X。正式な車名は「バラードスポーツ CR-X」だ。


【旧車】シティ | ホンダ - CMのむかでダンスはみんな真似した

【旧車】シティ | ホンダ - CMのむかでダンスはみんな真似した

元祖トールボーイスタイル、シティが登場したときはホントに衝撃的だった!広くて天井が高い室内はとてもルーミーで明るく、快適だったね。