サバンナRX-7 | マツダ - 運転に「心地よい緊張感」をもたらすスポーツカー

サバンナRX-7 | マツダ - 運転に「心地よい緊張感」をもたらすスポーツカー

マツダ・サバンナ RX-7の2代目、FC3型系です。ロータリーエンジンのマツダが真のスポーツカー像を追求し、7年を掛けて作り上げた珠玉のスポーツカー。プアマンズポルシェ?なにそれ?石和温泉郷クラシックカーフェスティバル2018にて撮影。


サバンナRX-7(初代後期型・SA22C型) | マツダ - ロータリーの魅力を引き出すスポーツカー【旧車】

サバンナRX-7(初代後期型・SA22C型) | マツダ - ロータリーの魅力を引き出すスポーツカー【旧車】

サバンナRX-7のデビューは、とにかく衝撃でした。日本からこれほどスポーツカーらしさ全開で、スタイリング、性能とも世界の高性能スポーツカーに引けを取らないクルマが出てくるなんて!スーパーカーブームを経験した世代に、ついに日本からもスーパーカーが世界に羽ばたくのだ、という興奮をもたらしました。


コスモ4ドアHTロータリーターボ(3代目・HBSN2型) | マツダ - ブームに乗ってターボ化された【旧車】

コスモ4ドアHTロータリーターボ(3代目・HBSN2型) | マツダ - ブームに乗ってターボ化された【旧車】

1981年に登場した3代目コスモは、1982年にルーチェとともに世界初となるロータリー・ターボエンジンを搭載しました。「全域・全速ターボ」と謳われたこのエンジンは、573cc×2ローターの12A型エンジンで、日立製のターボチャージャーを組み合わせたハイパワーユニットです。


【クルマニアックイズ】219本目

【クルマニアックイズ】219本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


サバンナRX-7(2代目・FC型) | マツダ - 運転していつでも楽しいのがスポーツカー【旧車】

サバンナRX-7(2代目・FC型) | マツダ - 運転していつでも楽しいのがスポーツカー【旧車】

ロータリーエンジンを世界で唯一、量産車用に搭載することを成功させたのはマツダだけです。さらに言えば、ロータリーエンジンを積んだスポーツカーを作ることに成功したのもマツダが世界で唯一の存在で、RX-7は完全にオンリーワンのスポーツカーと言えます。


【クルマニアックイズ】175本目

【クルマニアックイズ】175本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


【クルマニアックイズ】166本目

【クルマニアックイズ】166本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


コスモスポーツ | マツダ - 社運をかけて送り出した世界初の量産ロータリー【旧車】

コスモスポーツ | マツダ - 社運をかけて送り出した世界初の量産ロータリー【旧車】

ドイツで生まれ、日本で育ち、そして大人になっていったロータリーエンジン、 その第1歩がこのコスモスポーツです。当時の東洋工業社長の松田氏がそのプロトタイプに乗って登場したシーンは、たいへんな驚きと歓迎をもって繰り返し報道され話題となりました。


サバンナRX-7 | マツダ - 唯一無二、ロータリーエンジンのスポーツカー【旧車】

サバンナRX-7 | マツダ - 唯一無二、ロータリーエンジンのスポーツカー【旧車】

1985年にデビューした2代目FC型のRX-7は、初代のイメージを踏襲しつつもデザインやパッケージングを突き詰め、よりスポーティでかつスタイリッシュになりました。スポーツカーの文法をしっかりと踏まえた、王道をゆくスポーツクーペです。


オート三輪

オート三輪

昭和のレトロな旧車や、家電、懐かしい建物…今じゃなかなか出会えない昭和の記憶に、庶民文化研究所所長・町田忍画伯のイラストで振り返るこのコーナー。今回は戦後復興を支えた元祖・働くクルマ「オート三輪」をご紹介!


ポータキャブ | マツダ - ガチャピン顔の働き者【旧車】

ポータキャブ | マツダ - ガチャピン顔の働き者【旧車】

ボンネットトラック型の軽自動車、マツダ・ポーターから派生する形でデビューしたポーターキャブ。 スタイルはキャブオーバー型の軽トラそのものなんだけど、いちど見たら忘れられない顔をしているのが特徴です。


【クルマニアックイズ】104本目

【クルマニアックイズ】104本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


R360クーペ | マツダ - 実は戦後国産初のクーペ【旧車】

R360クーペ | マツダ - 実は戦後国産初のクーペ【旧車】

マツダR360クーペは、ミニマム・トランスポーターなのだから、フル4シーターにこだわるのを止めたことでできあがった斬新な1台です。


サバンナRX-7 | マツダ - 世界に通用する国産スポーツカーとして鮮烈なデビュー【旧車】

サバンナRX-7 | マツダ - 世界に通用する国産スポーツカーとして鮮烈なデビュー【旧車】

それまでの国産スポーツカーといえば、ベースモデルの2ドア車にハイパワーエンジンをブチ込むというのがその手法で、有力車種のラインナップの一部または派生モデルというのがほとんど。そんな中、初代サバンナRX-7はあろうことか「スポーツカー専用モデル」として突如市場に投入された珍しいモデルでした。


【クルマニアックイズ】55本目

【クルマニアックイズ】55本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


サバンナRX-7(FC3S型) | マツダ - 世界にただひとつ、ロータリーを搭載したピュアスポーツ【旧車】

サバンナRX-7(FC3S型) | マツダ - 世界にただひとつ、ロータリーを搭載したピュアスポーツ【旧車】

その低く流麗なボディとスーパーカーのアイコンともいうべきリトラクタブルヘッドライト、そしてロータリーエンジン搭載。こんな魅力的なスポーツカーがまさか国内メーカーから!という驚きをもってクルマ好きたちに迎えられました。


シャンテ | マツダ - ロングホイルベースの高い実用性を誇る【旧車】

シャンテ | マツダ - ロングホイルベースの高い実用性を誇る【旧車】

シャンテはロングホイールベースで室内が広く、リアシートも分割可倒式(当時これはかなり珍しい)で広いラゲッジルームがありました。


サバンナRX-7 | マツダ - リトラクタブルライトは憧れの的だった!【旧車】

サバンナRX-7 | マツダ - リトラクタブルライトは憧れの的だった!【旧車】

1970年代後半以降、厳しい排ガス規制への対応で各社が汲々としている中、衝撃的なデビューを果たしたのが初代マツダ・サバンナRX-7です。


コスモスポーツ | マツダ - 文字通り宇宙から飛んできたかのような未来的なスタイル【旧車】

コスモスポーツ | マツダ - 文字通り宇宙から飛んできたかのような未来的なスタイル【旧車】

理想的な仕組みと言われながらも、世界でだれも実用量産化にこぎつけることができなかったドイツ生まれのロータリーエンジンを、世界で初めて搭載したスポーツカーです。


サバンナGT(RX-3)/マツダ - ロータリーを積んだスポーツカーはレースを席巻【旧車】

サバンナGT(RX-3)/マツダ - ロータリーを積んだスポーツカーはレースを席巻【旧車】

マツダのRE搭載車第5弾としてデビューしたパーソナルカー、サバンナです。輸出名はRX-3。サバンナRX-7の前身にあたります。