シャープに関する記事


RD-459J | シャープ - デザインもシャープだった

RD-459J | シャープ - デザインもシャープだった

ラジカセ黎明期のシャープ製モノラルラジカセです。タテヨコ比のバランスが良く、シルバーをパネルや縁取りに使ったデザインにセンスを感じます。


GF-808(s) | シャープ - さあ担ごう!巨大ラジカセの象徴的モデル

GF-808(s) | シャープ - さあ担ごう!巨大ラジカセの象徴的モデル

ステレオ・ラジカセ巨大化のなかでもひときわ目立ったのがシャープの「ザ・サーチャー」シリーズです。本モデルはカセットデッキを2台搭載した「ザ・サーチャーW(ダブル)」。


GF-146M | シャープ - ソニーのCF-1980に対抗したモノラルラジカセ

GF-146M | シャープ - ソニーのCF-1980に対抗したモノラルラジカセ

ソニーの人気機種、スタジオ1980の対抗馬としてシャープが投入した力作。16cmのホワイトコーンウーハー採用の2ウェイスピーカー。曲の頭出しが簡単にできる「APSS」機能も搭載していました。


ザ・サーチャー/GF-229 | シャープ - メタル対応、カラオケ対応の欲張りマシン

ザ・サーチャー/GF-229 | シャープ - メタル対応、カラオケ対応の欲張りマシン

シャープの「ザ・サーチャー」シリーズのステレオ・ラジカセ。テープスピードコントロールとマイクミキシング機能付きでカラオケが楽しめます。メタルテープに対応していました。


GF-999 | シャープ - ダブル+ダブルの重装備、巨大戦艦

GF-999 | シャープ - ダブル+ダブルの重装備、巨大戦艦

シャープのダブルデッキ搭載ラジカセ、ザ・サーチャーWシリーズでモデル名900番台の最上位モデルです。


VZ-V2 | シャープ - 先進のレコード両面自動再生をラジカセにぶちこんだ

VZ-V2 | シャープ - 先進のレコード両面自動再生をラジカセにぶちこんだ

1980年代初期にぽつぽつ見られた、レコードプレーヤー内蔵型のラジカセです。シャープからは「オートディスクV2」。


GF-909 | シャープ - ステレオラジカセ

GF-909 | シャープ - ステレオラジカセ

シャープの「ザ・サーチャー」シリーズに投入された巨大戦艦ともいうべきステレオ・ラジカセ。重低音専用のスーパーウーハーと24Wの大出力に、メタルテープ対応のダブルデッキを搭載。重量はなんと12.8kgです。


GF-303SB | シャープ - ステレオラジカセ

GF-303SB | シャープ - ステレオラジカセ

シャープ「ザ・サーチャー」シリーズのステレオラジカセ。一発選局のAPSS機能がセールスポイントのひとつですが、音にもこだわりのある造りの名機です。


GF-202ST | シャープ - ステレオラジカセ

GF-202ST | シャープ - ステレオラジカセ

シャープのラジカセの代名詞となった「ザ・サーチャー」。この機種は1977年に発売されたシャープのラジカセのフラッグシップです。


GF-505ST | シャープ - ステレオラジカセ

GF-505ST | シャープ - ステレオラジカセ

シャープのラジカセ『ザ・サーチャー』シリーズの上位機種です。18cmの大口径ウーハーと12Wの大出力を誇ります。カラオケ機能の充実も特長でした。