1990年代の洋楽に関する記事


エニグマ/Enigma - Return To Innocence - 1993年

エニグマ/Enigma - Return To Innocence - 1993年

台湾先住民のお爺ちゃんの歌とアンビエントが合体したヒット作。 エニグマはマイケル・クレトゥを中心に、1990年に結成した音楽プロジェクト。民族音楽やグレゴリオ聖歌などの古典音楽とニューエイジ/アンビエントなサウンドを融合した作品で90年代に世界的なヒットを何作も出し、「ヒーリング・ミュージック」と言われる音楽カテゴリを確立。多くのフォロワーを生み出しました。


スウェード/Suede - Trash - 1996年

スウェード/Suede - Trash - 1996年

ブリット・ポップ震源地バンドの代表作。 スウェードは1992年にイギリスでデビューし、フロントマン、ブレット・アンダーソン(Vo)の日本のビジュアル系と通じる独特な歌い方と、ザ・スミスの影響を受けた耽美なギター・サウンドで人気を集めたバンド。90年代のブリット・ポップ・ブームをけん引しました。2003年に活動停止するも10年に復活。


シャーデー/Sade - Kiss Of Life - 1993年

シャーデー/Sade - Kiss Of Life - 1993年

抑制のきいたシンプルなサウンドに支持。 シャーデーは女性ヴォーカリスト、シャーデー・アデュを中心とするイギリスのバンド。彼女の落ち着いたアルトの歌声と、ジャズやレゲエなどの要素をバランスよく取り入れたスマートなサウンドが特徴で、寡作ながら発表するアルバムはいずれも世界的なヒットとなっています。


エアロスミス/Aerosmith - Cryin' - 1993年

エアロスミス/Aerosmith - Cryin' - 1993年

代表作のひとつであるファンキーなパワー・バラード。 エアロスミスはスティーヴン・タイラー(Vo)、ジョー・ペリー(G)らを中心とするアメリカの5人組ロック・バンド。1973年のデビューより、タイラーのハスキーな歌声とブルースをベースにした正統派ロック・サウンドで国民的人気を誇り、今までに全世界で1億5,000万枚以上のセールスをあげたレジェンドです。


デピッシュ・モード/Depeche Mode - Enjoy The Silence - 1990年

デピッシュ・モード/Depeche Mode - Enjoy The Silence - 1990年

世界規模での人気を獲得したキャリア絶頂期の作品。 デピッシュ・モードは1981年にデビューしたイギリスのバンド。シンセサイザーを前面に出し、エレクトロやインダストリアル・ロックの先駆ともいえるサウンドと、ソングライター、マーティン・ゴア(G,Key)の陰影に富んだ叙情的なメロディ、ダークな美意識に裏付けられた独自の音楽性で、全世界でのレコード・セールスが1億枚を越える高い人気を誇ります。


レディオヘッド/Radiohead - No Surprises - 1997年

レディオヘッド/Radiohead - No Surprises - 1997年

内省的な歌詞と静謐なメロディが美しいバラード。 レディオヘッドは1992年にデビューしたイギリスのバンド。当初はギター中心のオルタナティブ・ロック・バンドでしたが、徐々にエレクトロニカやヒップホップ、現代音楽などの要素を吸収し、曲も緻密で複雑な構成に。2000年の『Kid A』ではいわゆるロック・バンドの範囲からはみ出るほど電子音楽の色彩が濃い内容に先鋭化しましたが、いまだに多くのファンをつかんでいます。今年2019年にロックの殿堂入り。


サウンドガーデン/Soundgarden - Black Hole Sun - 1994年

サウンドガーデン/Soundgarden - Black Hole Sun - 1994年

サウンドガーデンはアメリカ・シアトル出身のロック・バンド。1990年代初頭のグランジ・ブームの先駆けとされ、レッド・ツェッペリンやブラック・サバスを想起させるブルージーなギターのリフと低音を強調した重いサウンド、ヴォーカリストのクリス・コーネルが歌う力強いハイトーンで絶大な人気を集めました。97年解散、2010年に再結成するも17年にクリスが急逝。


デヴィッド・ボウイ/David Bowie - China Girl - 1983年

デヴィッド・ボウイ/David Bowie - China Girl - 1983年

デヴィッド・ボウイは1966年にデビュー。架空のロック・スター「ジギー・スターダスト」に扮したグラム・ロック時代、ソウルに傾倒したアメリカ時代、奇才ブライアン・イーノと作り上げた実験的なベルリン3部作など、生涯に渡って作風を変え続け、メジャーなカルト・ヒーローとも呼ばれました。


エクストリーム/Extreme - More Than Words - 1990年

エクストリーム/Extreme - More Than Words - 1990年

ハードロックなバンドですが、この曲はアコースティックなバラード。 Breadの「If」をほうふつとさせます。


シンプリー・レッド/Simply Red - Stars - 1991年

シンプリー・レッド/Simply Red - Stars - 1991年

シンプリー・レッドはミック・ハックネル(Vo)を中心に1985年にデビューしたイギリスのロック・バンド。ポップさを保ちつつもソウルやファンクの要素を取り入れたサウンドで人気を集めました。屋敷豪太(Ds)、鈴木賢司(G)など日本人メンバーが在籍したことも話題になりました。2010年に解散しますが、2015年に再結成しています。


スパイス・ガールズ/Spice Girls - Wannabe - 1996年

スパイス・ガールズ/Spice Girls - Wannabe - 1996年

イギリスの女性ポップグループ。 デビューアルバム『Spice』に収録。ガールズ・パワー全開、おやじにもパワーを!


ジョン・セカダ/Jon Secada - Just Another Day - 1992年

ジョン・セカダ/Jon Secada - Just Another Day - 1992年

ジョン・セカダはキューバ生まれのアメリカ人シンガー・ソングライター。グロリア・エステファン、ジェニファー・ロペスやリッキー・マーティンなどラテン系アーティストにも楽曲を提供。自身もグラミーを2回受賞するなどメジャーな存在になりました。


クイーンズライク/Queensryche - Silent Lucidity - 1990年

クイーンズライク/Queensryche - Silent Lucidity - 1990年

アメリカのメタル・バンド。 音圧で押しまくるタイプではなく、「聴かせる」曲が多いです。このバラードはメタルを敬遠する人にもぜひ聴いてほしい名曲です。


カエターノ・ヴェローゾ/Caetano Veloso - Não Enche(ナオン・エンシ~僕に構うな) - 1997年

カエターノ・ヴェローゾ/Caetano Veloso - Não Enche(ナオン・エンシ~僕に構うな) - 1997年

リオ五輪にも登場したブラジル音楽界のゴッドファーザーの人気作。 カエターノ・ヴェローゾは1967年にデビューし、半世紀経った現在でも活動を続ける、ブラジル音楽界のスーパースター。ビートルズなどから影響を受け、ボサ・ノヴァやサンバなどをベースに欧米のロックを取り入れた、ブラジル独自のロック/ポップスの発展をリードしました。


スコーピオンズ/Scorpions - Wind Of Change - 1991年

スコーピオンズ/Scorpions - Wind Of Change - 1991年

スコーピオンズはルドルフ・シェンカー(G)を中心に1965年にドイツで結成されたロック・バンド。哀愁を帯びたメロディやギターのフレーズ、パワフルなステージングで70年代のハード・ロック、80年代のヘヴィ・メタル・ブームに人気を獲得。”ジャーマン・メタル”を世界に知らしめるパイオニアとなりました。


ソウル・アサイラム/Soul Asylum - Runaway Train - 1994年

ソウル・アサイラム/Soul Asylum - Runaway Train - 1994年

アメリカのオルタナティブ・ロックバンド。 この曲のミュージックビデオでは行方不明の子どもたちの写真をフィーチャーし、実際に数名の子どもが家族との再会を果たすのに貢献したと言われています。


ザ・シャーラタンズ/The Charlatans - One To Another - 1996年

ザ・シャーラタンズ/The Charlatans - One To Another - 1996年

根強い人気を誇る90年代UKロックの生き字引的バンド。 ザ・シャーラタンズは1990年にデビューしたイギリスのバンド。ダンサブルなロック・サウンドでマンチェスター・ブームに乗って人気グループとなり、その後もバンドとして徐々に力をつけてブーム終焉後の逆境を乗り越え、多くの熱心なファンを獲得しました。現在も精力的に活動しています。


セリーヌ・ディオン/Céline Dion - Ave Maria - 1998年

セリーヌ・ディオン/Céline Dion - Ave Maria - 1998年

セリーヌ・ディオンはカナダ出身の歌手。若くして歌の才能を認められ、1981年にレコード・デビュー。圧倒的な歌唱力を持ち、97年公開の映画「タイタニック」の主題歌になった「My Heart Will Go On」の世界的大ヒットなどで不動の地位を築きました。


フリートウッド・マック/Fleetwood Mac - Paper Doll - 1992年

フリートウッド・マック/Fleetwood Mac - Paper Doll - 1992年

フリートウッド・マックは1967年の結成より数多くのメンバー・チェンジを経てなお活動を続けるイギリスのバンド。結成当初はブルース色が強かったですが70年代半ばにアメリカ人のスティーヴィー・ニックス(Vo)、リンジー・バッキンガム(G,Vo)をメンバーに迎えた後はソフト・ロック路線に転換し、世界的な人気を集めました。


オアシス/Oasis - Wonderwall - 1995年

オアシス/Oasis - Wonderwall - 1995年

20世紀末に世界を席巻したUKロックの保守本流。 弟・リアム(vo)、兄・ノエル(g,vo)のギャラガー兄弟を中心に91年に結成し、メンバー・チェンジを経て2009年に解散したイギリスのロック・バンド。