360に関する記事


360 | スバル - 国民車構想で世に出た軽の中で最大級のヒット

360 | スバル - 国民車構想で世に出た軽の中で最大級のヒット

通産省の国民車構想で世に出た360軽の中でももっともヒットした1台だ。


360(K111型) | スバル - もはや昭和レトロのアイコンと言っていい軽自動車【旧車】

360(K111型) | スバル - もはや昭和レトロのアイコンと言っていい軽自動車【旧車】

終戦から10年がたった昭和30年(1955年)、当時の通商産業省が打ちだした「国民車構想」。各社が知恵と汗をしぼってその実現に向け奮闘、構想発表の3年後・昭和33年(1958年)にスバル360は誕生しました。


360デラックス(K111型) | スバル - マイカーを持つ夢を庶民にもたらした【旧車】

360デラックス(K111型) | スバル - マイカーを持つ夢を庶民にもたらした【旧車】

1950年の財閥解体の後、分割された旧中島飛行機の流れを汲む5社が再編成し、富士重工が誕生しました。新生・富士重工が最初に手を着けたのが政府が要請する「国民車構想」を現実のものとする軽自動車の開発・製造です。そして誕生したのが、スバル360でした。


360 | スバル - ミニマムサイズに夢と希望と独創的な技術を詰め込んだ【旧車】

360 | スバル - ミニマムサイズに夢と希望と独創的な技術を詰め込んだ【旧車】

「てんとう虫」の愛称で親しまれた、スバル360は日本の自動車史のなかでも最も重要なクルマのうちのひとつといって間違いないでしょう。 日本初の「国民車」「大衆車」と言ってよい普及ぶりと、それを担ってあまりある必要十分な性能は、戦後の日本を語るうえで外すことのできない存在です。


360 | スバル - マイカーを持つ夢を現実のものにしてくれたテントウムシ【旧車】

360 | スバル - マイカーを持つ夢を現実のものにしてくれたテントウムシ【旧車】

スバル・360です。軽自動車ながら大人4人乗りのスペースを確保した実用性は、元航空機メーカーならではのノウハウが生かされたものです。日本機械遺産にも指定された歴史的な名車です。


スバル | 360スタンダード - 日本初の大衆車となった歴史的名車【旧車】

スバル | 360スタンダード - 日本初の大衆車となった歴史的名車【旧車】

スバル・360です。ヘッドライトやリアのランプの形状からは初期の頃のモデルと思われます。元飛行機メーカーのノウハウを活かした合理的設計が生んだコンパクトながら高い実用性から大ヒット。日本初の大衆車となりました。


360 | スバル - 国産旧車、旧軽の代表格【旧車】

360 | スバル - 国産旧車、旧軽の代表格【旧車】

てんとう虫の愛称で知られるスバルの軽自動車、360です。日本で初めての本格的大衆車はこの360だと言われています。中島飛行機時代のノウハウを活かした合理的設計で、コンパクトながら室内空間も確保した実用性が光ります。


スバル・360(K111/212型)の画像アーカイブ【旧車】

スバル・360(K111/212型)の画像アーカイブ【旧車】

ゴールデン横丁スタッフが取材で集めた画像を車種別・世代別にまとめて公開します。このページは「スバル・360(K111/212型)」の画像アーカーブです。新着画像は随時追加します。


360ヤングSS | スバル - 高出力型エンジンとスポーティな内外装【旧車】

360ヤングSS | スバル - 高出力型エンジンとスポーティな内外装【旧車】

スバル・360のスポーティーグレード、ヤングSSです。軽自動車のハイパワー競争に参入すべく高出力型エンジンを搭載したてんとう虫。ボンネットのストライプにスポーツ感が出ています。谷保天満宮旧車祭(2016)で撮影しました。


360 | スバル - てんとう虫が愛称のミニマム・トランスポーター【旧車】

360 | スバル - てんとう虫が愛称のミニマム・トランスポーター【旧車】

本格的軽自動車として大ヒットしたスバル360です。てんとう虫の愛称はあまりに有名。2016年には日本の機械遺産に指定されるほどの歴史的名車です。「2017トヨタ博物館クラシックカー・フェスティバル in 神宮外苑」で撮影しました。


360 | スバル – エンジニアリングの結晶【旧車】

360 | スバル – エンジニアリングの結晶【旧車】

富士重工(スバル)の軽自動車360です。本格的な乗用の軽自動車として大成功を収めたエポックメーキングなモデル。てんとう虫の愛称で親しまれ12年間の長きにわたって生産されました。写真はクラシックカーフェスティバルin小金井 2016で撮影したものです。