【旧車】アルテッツァ│トヨタ レクサスからも発売されたFRスポーツセダン

【旧車】アルテッツァ│トヨタ レクサスからも発売されたFRスポーツセダン

今回の車は、第19回日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞したトヨタのアルテッツァ。 アルテッツァの発売は1998年から2005年に渡りますが、それまでの日本では、FRスポーツセダンがしばらく途絶えていた時期でもあったため、市場に与えたインパクトは大きいものでした。


パブリカデラックス | トヨタ - 車名は「パブリック+カー」からの造語【旧車】

パブリカデラックス | トヨタ - 車名は「パブリック+カー」からの造語【旧車】

トヨタ・パブリカ初代のデラックス仕様です。簡素に過ぎることがネックとなって販売不振だったパブリカ。テコ入れのため1963年に投入されました。リクライニングシートやラジオ、ヒーターなどを装備。外装にもクロームメッキモールが加わりました。「クラシックカーフェスティバルin小金井  2016」で撮影しました。


クラウン | トヨタ - パーソナル感を打ち出した意欲的デザイン【旧車】

クラウン | トヨタ - パーソナル感を打ち出した意欲的デザイン【旧車】

トヨタ・クラウンの4代目、S6#/7#型です。この4代目から車名より「トヨペット」が外れました。有名な「クジラ」と呼ばれる個性的なデザイン。当時は不評でも現代では再評価に値するデザインです。「第5回 昭和のクルマを守る集い(西武園ゆうえんち)」で撮影しました。


セリカ1600GT | トヨタ - 未来の国からやってきたセリカ【旧車】

セリカ1600GT | トヨタ - 未来の国からやってきたセリカ【旧車】

トヨタ・セリカの初代です。ダルマと呼ばれるクーペモデル。のちに登場するリフトバックと人気を二分しました。1600GTはヤマハ製の2T-G型DOHCエンジンを積んだ最上級グレード。フルチョイスシステムの対象ではありませんでした。「横浜ヒストリックカーデイ 2016」で撮影しました。


カローラスプリンター | トヨタ - 大衆車カローラのスポーティモデル【旧車】

カローラスプリンター | トヨタ - 大衆車カローラのスポーティモデル【旧車】

トヨタ・カローラスプリンターの初代、E15型です。大衆車のセダン・カローラをスポーティーなファストバックスタイルに仕立てた派生モデルです。多様化する消費者の要望に応えて登場しました。「前橋クラシックカーフェスティバル2017」で撮影しました。


スポーツ800 | トヨタ - 浮谷東次郎の伝説も忘れちゃいけない【旧車】

スポーツ800 | トヨタ - 浮谷東次郎の伝説も忘れちゃいけない【旧車】

トヨタ・スポーツ800、UP15型です。パブリカをベースにその軽量ボディを活かしたスポーツカーとしてみごとに生まれ変わりました。空冷の水平対向2気筒エンジンは非力ながら、わずか600kg足らずの重量に空力に優れたスタイルであなどれないスポーツ性能を発揮。「横浜ヒストリックカーデイ 2016」で撮影しました。


クラウン | トヨタ - キャッチコピーは「日本の薫り」【旧車】

クラウン | トヨタ - キャッチコピーは「日本の薫り」【旧車】

トヨタ・クラウンの6代目・GS110型です。「日本の薫り」をキャッチフレーズとした直線基調の端正なフォルム。 ハードトップには電動スライド式のシェード付「ムーンルーフ」がオプション設定されました。「前橋クラシックカーフェスティバル2017」で撮影しました。


スープラ2.0GT | トヨタ - 走りの機能と感性の調和【旧車】

スープラ2.0GT | トヨタ - 走りの機能と感性の調和【旧車】

トヨタ・スープラ2.0GTです。セリカの上位モデルであるセリカXXとして日本デビュー。海外ではスープラという車名でしたが日本でもこの3代目より統一されました。ラグジュアリーなスポーツクーペからスポーツカーへとコンセプトが先鋭化していきました。「トヨタ博物館クラシックカーフェスティバル in 神宮外苑2018」で撮影しました。


カローラレビン | トヨタ - カローラクーペよりホットなモデルとして登場【旧車】

カローラレビン | トヨタ - カローラクーペよりホットなモデルとして登場【旧車】

トヨタ・カローラレビンの初代・TE27型です。カローラにもスポーティーなクーペがありましたが、一回り大きなセリカのエンジンを搭載したさらにホットなモデルに仕立てられました。「前橋クラシックカーフェスティバル2017」で撮影しました。



1600GT-5 | トヨタ - 2000GTの弟分としてデビューした2ドアHT【旧車】

1600GT-5 | トヨタ - 2000GTの弟分としてデビューした2ドアHT【旧車】

トヨタ・1600GT、RT55型です。コロナ・ハードトップをベースにヤマハ製DOHCヘッドに換装したエンジンや2000GT譲りの5速トランスミッションなどでチューンアップしたスポーツモデルです。この写真は「JCCAニューイヤーミーティング 2017」で撮影しました。


パブリカ700バンDX | トヨタ - 100万通以上の公募で決まった車名【旧車】

パブリカ700バンDX | トヨタ - 100万通以上の公募で決まった車名【旧車】

トヨタ・パブリカの初代(P1#型)です。2ドアセダン発売の翌年に追加された2ドアバンです。「JCCAニューイヤーミーティング 2017」で撮影しました。


クラウン4ドアハードトップ | トヨタ - ピラーがあるけどハードトップ【旧車】

クラウン4ドアハードトップ | トヨタ - ピラーがあるけどハードトップ【旧車】

トヨタ・クラウンの5代目です。キャッチコピーは「美しい日本のクラウン」。写真のモデルはクラウン4ドアハードトップ。ピラーのあるハードトップという珍しいボディスタイルです。石和温泉クラシックカーフェスティバル2017で撮影しました。


トヨタ・クラウン(4代目・S6#/7#型)の画像アーカイブ【旧車】

トヨタ・クラウン(4代目・S6#/7#型)の画像アーカイブ【旧車】

ゴールデン横丁スタッフが取材で集めた画像を車種別・世代別にまとめて公開します。このページは「トヨタ・クラウン(4代目・S6#/7#型)」の画像アーカーブです。新着画像は随時追加します。


カローラレビンGTV | トヨタ - 大人気だった86もネオクラシックに【旧車】

カローラレビンGTV | トヨタ - 大人気だった86もネオクラシックに【旧車】

トヨタ・カローラレビンの4代目・AE86型です。お台場のメガウェブで撮影しました。さすがにコンディションは抜群、ピカピカのオフラインさながらでした。


ソアラ2.8GT | トヨタ - 世界で通用するクーペを目指したスペシャリティカー【旧車】

ソアラ2.8GT | トヨタ - 世界で通用するクーペを目指したスペシャリティカー【旧車】

トヨタ・ソアラの初代・Z10型です。写真のモデルはツインカムエンジンの5M-GEUを搭載する2.8GTです。トヨタメガウェブで撮影しました。


カリーナ1600GT | トヨタ - パリダカでもクラス優勝したタフモデル【旧車】

カリーナ1600GT | トヨタ - パリダカでもクラス優勝したタフモデル【旧車】

トヨタ・カリーナの3代目・A6#型です。カリーナ最後のFRモデル。シャシーはコロナと共用になりました。写真はスポーツモデルのカリーナ1600GTです。「越後丘陵公園クラシックカー展 2017」で撮影しました。


MR2 16Gスーパーチャージャー | トヨタ - 日本初の市販ミドシップカー【旧車】

MR2 16Gスーパーチャージャー | トヨタ - 日本初の市販ミドシップカー【旧車】

トヨタ・MR2の初代・AW11型です。1.6Lのツインカムにスーパーチャージャーを搭載した後期型モデルです。Tバールーフも装備されています。「昭和の車を守る集い 2017」で撮影しました。


マークⅡ2.0GTツインターボ | トヨタ - 売れに売れた俊足ハイソカー【旧車】

マークⅡ2.0GTツインターボ | トヨタ - 売れに売れた俊足ハイソカー【旧車】

トヨタ・マークⅡの5代目・X70型です。この代より車名から「コロナ」がなくなり「マークⅡ」となりました。ハードトップのほかに、セダンとワゴンがありました。写真のモデルはマークⅡ2.0GTツインターボです。「昭和の車を守る集い 2017」で撮影しました。


カローラレビンGT-V | トヨタ - 軽量・安価なFRで腕を磨くのには最適【旧車】

カローラレビンGT-V | トヨタ - 軽量・安価なFRで腕を磨くのには最適【旧車】

トヨタ・カローラレビンの4代目・AE86型です。FRとしては最後のレビン。「ハチロク」の愛称で運転好きの若者に大人気となりました。写真のモデルは競技用のベース車両を想定したGT-Vです。サクラオートヒストリーフォーラム2017で撮影しました。