スプリンタークーペ・トレノ1600GT │ トヨタ - 排ガス規制を乗り越えた二代目トレノのスペシャルエディション!

スプリンタークーペ・トレノ1600GT │ トヨタ - 排ガス規制を乗り越えた二代目トレノのスペシャルエディション!

トヨタ・スプリンタートレノの2代目、中期型に当たるTE61型です。写真の車は限定カラーのブラックトレノ。排ガス規制に揺れ、いったん消え、また復活するという不思議な運命をたどった車です。サクラオートヒストリーフォーラム2018にて撮影。


セリカLB2000GT | トヨタ - 日本初のスペシャリティカー

セリカLB2000GT | トヨタ - 日本初のスペシャリティカー

トヨタの初代セリカ、A20/30型です。写真は後期モデルのテールゲート付きリフトバックモデル。2017トヨタ博物館クラシックカーフェスティバルin神宮外苑にて撮影。


ダットサン・フェアレディ2000 | 日産 - 国産初のオーバー200km/hカー

ダットサン・フェアレディ2000 | 日産 - 国産初のオーバー200km/hカー

日産のダットサン・フェアレディ2000、SRL311型です。フェアレディZの源流となるオープンボディのスポーツカーで、フェアレディの完成形と称される高性能ロードスター。サクラオートヒストリーフォーラム2018にて撮影。


サバンナRX-7 | マツダ - 運転に「心地よい緊張感」をもたらすスポーツカー

サバンナRX-7 | マツダ - 運転に「心地よい緊張感」をもたらすスポーツカー

マツダ・サバンナ RX-7の2代目、FC3型系です。ロータリーエンジンのマツダが真のスポーツカー像を追求し、7年を掛けて作り上げた珠玉のスポーツカー。プアマンズポルシェ?なにそれ?石和温泉郷クラシックカーフェスティバル2018にて撮影。


コロナマークⅡHT2600グランデ | トヨタ - アメ車の雰囲気ただようラグジュアリークーペ

コロナマークⅡHT2600グランデ | トヨタ - アメ車の雰囲気ただようラグジュアリークーペ

トヨタ・コロナマークⅡの3代目、X40型です。通称『ブタ目』と呼ばれる単眼2灯式のフロントマスクが特徴的な1台。開発コンセプトはなんと「堅気になろう、3代目」…。石和温泉郷クラシックカーフェスティバル2018にて撮影。


クラウンHT2600スーパーサルーン | トヨタ - 高級感あふれる「クジラ」クラウンの最上級2ドアHT

クラウンHT2600スーパーサルーン | トヨタ - 高級感あふれる「クジラ」クラウンの最上級2ドアHT

トヨタ・クラウンの4代目、S6#/7#型です。丸みをおびた紡錘形のスタイルからクジラクラウンの愛称で親しまれている名車。写真のモデルはその中でも最上級グレードにあたる「スーパーサルーン」。2017トヨタ博物館クラシックカーフェスティバルin神宮外苑にて撮影。


全国カーイベント情報

全国カーイベント情報

全国各地で開催される旧車イベントやクラシックカーフェスティバルなど、クルマ関連の各種イベントをご紹介します。


トヨペット・コロナ(3代目・RT40型) | トヨタ - 「バリカンコロナ」が愛称の3代目【旧車】

トヨペット・コロナ(3代目・RT40型) | トヨタ - 「バリカンコロナ」が愛称の3代目【旧車】

積年のライバル、ダットサン・ブルーバードとの熾烈な販売競争は旧車ファンならずとも聞いたことがあるでしょう。初代、2代目ともコロナはブルーバードに後塵を拝することになりましたが、ついにこの3代目コロナで販売を逆転。満を持して投入した3代目は、まさに「3度目の正直」といわんばかりでした。


NSX TypeS(初代・GH-NA2型) | ホンダ - 日本発のスーパースポーツ【旧車】

NSX TypeS(初代・GH-NA2型) | ホンダ - 日本発のスーパースポーツ【旧車】

ホンダの目指すメーカー像を担って登場したNSX。ライバルと目す世界のメーカー各社は、この気負わずに誰でも運転できてしまうNSXを見て、たいへんな脅威に感じたといわれます。NSX以後に開発された各社の新型車は、軒並み「高い性能を、安心して誰でも引き出せる」方向に進路を変えていった。


ニューシルビア タイプG (2代目・S10型) | 日産 - ロータリー搭載候補になったクーペ【旧車】

ニューシルビア タイプG (2代目・S10型) | 日産 - ロータリー搭載候補になったクーペ【旧車】

昭和50年(1975年)発表の2代目シルビアは、2シーターで低く構えた直線的な印象からぐっと雰囲気を変え、丸みをおびたふくよかな造形でデビューしました。初代とはイメージを変えようとしたのか、車名は「ニューシルビア」でエンブレムにも「NEW」とつけられています。


シルビア・クーペ(4代目・S12型) | 日産 - 巨大なパワーバルジが熱い走りを予感させる【旧車】

シルビア・クーペ(4代目・S12型) | 日産 - 巨大なパワーバルジが熱い走りを予感させる【旧車】

昭和58年(1983年)のモデルチェンジで4代目になったシルビア。姉妹車のガゼールは2代目にあたります。2ドアノッチバッククーペと3ドアハッチバッククーペという構成は変わらずだったが、ノッチバックのほうはセンターピラーを設けるようになりました。


ガゼール・ハッチバック(初代・S110型) | 日産 - シルビアと姉妹のスポーティカー【旧車】

ガゼール・ハッチバック(初代・S110型) | 日産 - シルビアと姉妹のスポーティカー【旧車】

日産の誇るスタイリッシュなスペシャリティカー、シルビアが3代目にモデルチェンジした際に設けらえた姉妹車がガゼールです。シルビア同様、クーペとハッチバックの2タイプが設定されました。車格的にライバルといってよいトヨタ・セリカを意識した構成と言えます。


セリカ1600GT-R(A60型) | トヨタ - ブラックマスクと呼ばれた3代目セリカ【旧車】

セリカ1600GT-R(A60型) | トヨタ - ブラックマスクと呼ばれた3代目セリカ【旧車】

昭和56年にデビューした3代目・A60型系セリカは、前期型は国産車唯一となるポップアップ式のヘッドライトが最大の特徴でした。ノーズを低くするために用いられる可動式のヘッドライトは、普段は下向きに瞼を伏せている状態から点灯時には目を開くようにせりあがる、リトラクタブルタイプが主流です。


【旧車図鑑】ブームに遅れてきた悲運のスーパーカー「BMW M1」

【旧車図鑑】ブームに遅れてきた悲運のスーパーカー「BMW M1」

1970年代に巻き起こったスーパーカーブーム。当時、集英社の「週刊少年ジャンプ」に連載されていた「サーキットの狼」がその火付け役だったことは多くの人が知るところだろう。では、スーパーカーブームと聞いて思い浮かぶ車種は何だろうか。


ベレット1500デラックス | いすゞ - 和製アルファロメオと言われた小型カー【旧車】

ベレット1500デラックス | いすゞ - 和製アルファロメオと言われた小型カー【旧車】

今やトラックメーカーとしての印象のほうが圧倒的に強いがです、かつていすゞといえば個性的かつスタイリッシュなセダンやクーペをいくつも製造していた乗用車メーカーでもありました。ベレットは、そんないすゞを代表する1台といっていいでしょう。


セリカ1600ST(TA22型) | トヨタ - 元祖、パーソナルなスペシャリティ【旧車】

セリカ1600ST(TA22型) | トヨタ - 元祖、パーソナルなスペシャリティ【旧車】

クルマを持つことが夢のひとつだった時代に、自分好みにカスタマイズできるスペシャリティカーは本当に夢のようでした。写真の現車は「1600ST」なのですが、白いリアトレイが見えています。フルチョイスシステムでは、なんと白い皮シートに白いトリムなども選ぶことができました。


トヨタ・スポーツ800(UP15型) - トヨタ最高のライトウェイトスポーツカー【旧車】

トヨタ・スポーツ800(UP15型) - トヨタ最高のライトウェイトスポーツカー【旧車】

超軽量な車体と究極の空力ボディデザインで、非力ながらも類まれなるスポーティさを誇るスポーツ800。通称「ヨタハチ」。ホンダ・Sシリーズと並び称される、60年代のマイクロスポーツの雄です。わずか580kgという軽量さと空力を味方に、十分にスポーティな走りを楽しめるモデルでした。


ブルーバード1600SSS(3代目・510型系) | 日産 -世界に羽ばたいた青い鳥【旧車】

ブルーバード1600SSS(3代目・510型系) | 日産 -世界に羽ばたいた青い鳥【旧車】

トヨペット・コロナとダットサン・ブルーバード。積年のライバル同士がしのぎを削る競争はいつしか「BC戦争」などと呼ばれ、一般誌や夕方のニュースの話題に登るほどになっていました。そのコロナに打ち勝つべく開発されたのが、3代目ブルーバード・510型です。


サバンナRX-7(初代後期型・SA22C型) | マツダ - ロータリーの魅力を引き出すスポーツカー【旧車】

サバンナRX-7(初代後期型・SA22C型) | マツダ - ロータリーの魅力を引き出すスポーツカー【旧車】

サバンナRX-7のデビューは、とにかく衝撃でした。日本からこれほどスポーツカーらしさ全開で、スタイリング、性能とも世界の高性能スポーツカーに引けを取らないクルマが出てくるなんて!スーパーカーブームを経験した世代に、ついに日本からもスーパーカーが世界に羽ばたくのだ、という興奮をもたらしました。


コスモ4ドアHTロータリーターボ(3代目・HBSN2型) | マツダ - ブームに乗ってターボ化された【旧車】

コスモ4ドアHTロータリーターボ(3代目・HBSN2型) | マツダ - ブームに乗ってターボ化された【旧車】

1981年に登場した3代目コスモは、1982年にルーチェとともに世界初となるロータリー・ターボエンジンを搭載しました。「全域・全速ターボ」と謳われたこのエンジンは、573cc×2ローターの12A型エンジンで、日立製のターボチャージャーを組み合わせたハイパワーユニットです。