旧車ギャラリー

ゴル横スタッフが各地の旧車イベントで撮影してきた写真にエピソードを添えてお届けします。家族で出かけたドライブ、初めて握ったハンドル、憧れだったあのクルマ。フラッシュバックすることうけあいです。


旧車ギャラリーの記事一覧

シティカブリオレ | ホンダ - ピニンファリーナが手掛けたポップでかわいいオープンカー【旧車】

シティカブリオレ | ホンダ - ピニンファリーナが手掛けたポップでかわいいオープンカー【旧車】

トールボーイスタイルという斬新なコンセプトと、インパクトのあるCMで若者に大人気になった初代ホンダ・シティです。


コスモスポーツ | マツダ - 文字通り宇宙から飛んできたかのような未来的なスタイル【旧車】

コスモスポーツ | マツダ - 文字通り宇宙から飛んできたかのような未来的なスタイル【旧車】

理想的な仕組みと言われながらも、世界でだれも実用量産化にこぎつけることができなかったドイツ生まれのロータリーエンジンを、世界で初めて搭載したスポーツカーです。


パブリカコンバーチブル | トヨタ - ぱたぱたゆったり走ってもオープンタイプはスポーツカー!【旧車】

パブリカコンバーチブル | トヨタ - ぱたぱたゆったり走ってもオープンタイプはスポーツカー!【旧車】

3年にデビューした「パブリカデラックス」と「コンバーチブル」をきっかけにパブリカは息を吹き返し、コンバーチブルはライバルたるスカイライン・スポーツとともにヒット作となりました。


セリカ(A60型)1600GT-R | トヨタ - とにかくリトラクタブルライトが偉かった!若い世代に人気を誇った3代目【旧車】

セリカ(A60型)1600GT-R | トヨタ - とにかくリトラクタブルライトが偉かった!若い世代に人気を誇った3代目【旧車】

3代目セリカ(A60型)の後期型、通称「ブラックマスク」は、先代よりもさらにスペシャリティカー的な性格を強めて凝ったデザインだった前期型の「ポップアップライト」が「リトラクタブル」にフェイスリフトされて世に出ました。


セリカ(初代)1600GT | トヨタ - 内外装を自由に組み合わせて「自分仕様」が作れた元祖スペシャリティカー【旧車】

セリカ(初代)1600GT | トヨタ - 内外装を自由に組み合わせて「自分仕様」が作れた元祖スペシャリティカー【旧車】

1969年の東京モーターショーでの発表以来、若者を中心に注目を集め続けてきたセリカ。 内外装やドライブトレーンを様々なオプションを組み合わせて作り上げることができる「フルチョイスシステム」というオーダー方法を採っていました。


スプリンタートレノ1600GT-APEX | トヨタ - コミックで人気に火が付いた、腕を磨くのに最適な軽量FRスポーツ【旧車】

スプリンタートレノ1600GT-APEX | トヨタ - コミックで人気に火が付いた、腕を磨くのに最適な軽量FRスポーツ【旧車】

峠の走り屋を描いた人気コミック『頭文字D(イニシャルD)』で人気に火が付いた、腕を磨くのに最適といわれるスポーツカーです。


グロリアスーパーデラックス(3代目・HA30型) | ニッサン - アメ車の雰囲気を湛えた、通称「タテグロ」【旧車】

グロリアスーパーデラックス(3代目・HA30型) | ニッサン - アメ車の雰囲気を湛えた、通称「タテグロ」【旧車】

独特のスタイルで根強い人気を誇り、特徴的な縦目4灯ライトを指して『タテグロ』という呼び名が知られました。


ブルーバード1600SSS | ニッサン - 「プアマンズBMW」とも呼ばれた、初めてアメリカ市場で大ヒットした国産車【旧車】

ブルーバード1600SSS | ニッサン - 「プアマンズBMW」とも呼ばれた、初めてアメリカ市場で大ヒットした国産車【旧車】

国内では最新の技術と斬新なデザインをアピールし、フェアレディZやスカイラインにも導入されていたL型エンジンによる走りの良さもあって人気車種となった3代目ブルーバードです。


レオーネ | スバル - 水平対向エンジン+4WDの無敵の走破性を誇る、快足オフロード・セダン【旧車】

レオーネ | スバル - 水平対向エンジン+4WDの無敵の走破性を誇る、快足オフロード・セダン【旧車】

80年代に人気だった直線基調のクールなデザインに、フラッシュサーフェイス化を施した最新の空力ボディをまとってデビューしたのが3代目レオーネです。


コルト1500スーパースポーツ | 三菱 - 三菱初期の小型車・コルトシリーズの最終進化形【旧車】

コルト1500スーパースポーツ | 三菱 - 三菱初期の小型車・コルトシリーズの最終進化形【旧車】

自動車産業黎明期に作られた三菱500やコルト600をルーツに、コツコツと技術をたくわえ少しづつ性能と車格をあげていったのがコルトシリーズです。


ダットサン・サニー1000DX(B10型) | ニッサン - 車名募集に約848万通も応募があった大注目の小型セダン【旧車】

ダットサン・サニー1000DX(B10型) | ニッサン - 車名募集に約848万通も応募があった大注目の小型セダン【旧車】

ブルーバードが先行してヒットしていたニッサンで、もう少し小さくて手軽に買えるエントリーモデルとして登場した初代B10型サニーです。 発売前に行われた「車名募集キャンペーン」では約848万通の応募がありました。


カローラ1200(2代目) | トヨタ - 東京ICから西宮ICまで無給油で走れる!【旧車】

カローラ1200(2代目) | トヨタ - 東京ICから西宮ICまで無給油で走れる!【旧車】

2代目カローラ発売の前年、1969年に東名高速道路が全線開通し、日本にも本格的なハイウェイ時代が到来しました。それにあわせ、東京ICから西宮ICまで無給油で走れることをアピール登場したのが2代目カローラです。


ダットサンフェアレディ2000 |   ニッサン - ワイルドな吸気音が聞こえてきそう!【旧車】

ダットサンフェアレディ2000 | ニッサン - ワイルドな吸気音が聞こえてきそう!【旧車】

スポーティな旧車の話になると必ずといっていいほど話題になるのがキャブレター。中でもソレックスとウェーバーは、それぞれ特徴もあってファンも多く、そしてノウハウもたくさん蓄積されている名機です。


パブリカ デラックス | トヨタ - 100万通を超える応募から命名された【旧車】

パブリカ デラックス | トヨタ - 100万通を超える応募から命名された【旧車】

昭和40年代の「国民車構想」をベースに、広く大衆に普及させることを目的に開発された「パブリカ」です。


プレジデント ソブリンVIP | ニッサン - 長くニッサンの最高峰であり続けた、ニッポンのリムジン【旧車】

プレジデント ソブリンVIP | ニッサン - 長くニッサンの最高峰であり続けた、ニッポンのリムジン【旧車】

法人需要や官公庁、いわゆるショーファードリブンカーとして長らくトップに君臨してきたニッサンのプレジデントです。


タイプⅠカブリオレ | フォルクスワーゲン - 世界中で愛されたビートルのカブリオレ【旧車】

タイプⅠカブリオレ | フォルクスワーゲン - 世界中で愛されたビートルのカブリオレ【旧車】

ただでさえ愛らしい丸っこいスタイルを、オシャレなオープンカーに仕立てたのがカブリオレです。


ブルーバードU 1600SSS(4代目610型)│ニッサン - 大きくなってちょっとアクが強くなった「ブルU」【旧車】

ブルーバードU 1600SSS(4代目610型)│ニッサン - 大きくなってちょっとアクが強くなった「ブルU」【旧車】

人気の高かった先代510系ブルーバードは廉価版グレードとして継続生産され、上位クラスがモデルチェンジして旧型と併売される形になった4代目ブルーバードです。


ダットサン・ブルーバード1600SSS(2代目411型) | ニッサン - SSSはこのモデルから始まった【旧車】

ダットサン・ブルーバード1600SSS(2代目411型) | ニッサン - SSSはこのモデルから始まった【旧車】

ブルーバードのスポーティなイメージをけん引するグレード、「SSS」が初めて設定されたのがこちらの2代目ブルーバードです。


ダットサン・ブルーバード(初代・310型) | ニッサン - 戦前から続くダットサン・セダンの系譜を引き継ぐ【旧車】

ダットサン・ブルーバード(初代・310型) | ニッサン - 戦前から続くダットサン・セダンの系譜を引き継ぐ【旧車】

戦前から続くダットサン・セダンの系譜を引き継ぐ、人気車種の初代モデルです。


ダットサントラック1200(5代目320型) | ニッサン - 国産車の車名としてはもっとも長い歴史を誇るダットラ【旧車】

ダットサントラック1200(5代目320型) | ニッサン - 国産車の車名としてはもっとも長い歴史を誇るダットラ【旧車】

1935年のデビュー後、現在でもアジア諸国や南米、アフリカなどで販売され続けているダットサン・トラック。通称「ダットラ」です。