【旧車】2代目ビッグホーン | いすゞ 多くのメーカーにOEM供給していた

【旧車】2代目ビッグホーン | いすゞ 多くのメーカーにOEM供給していた


■GMグループだけでなく、各車にOEM供給もされていた隠れた名車
・モデル名 :ビッグホーン
・世代/形式:2代目/UBS25DW/UBS69/73GW型
・メーカー名:いすゞ
・販売時期 :1991年~2002
・第13回COTY(1992-1993)特別賞受賞車

第13回日本カー・オブ・ザ・イヤー「特別賞」を受賞した2代目いすゞ・ビッグホーン

今回の車は、第13回日本カー・オブ・ザ・イヤーの特別賞に輝いた、いすゞ自動車の2代目ビッグホーン。
いすゞとしてはヒット作となった初代ビッグホーンでしたが、装備が貧弱で居住性、利便性が不評だったことにより、デビューから10年後の1991年に、2代目ビッグホーンとしてフルモデルチェンジされました。

2代目ビッグホーンはノーマルフェンダーでも3ナンバーのボディとなり、エンジンは直列4気筒3100ccディーゼルターボと、V型6気筒DOHC3200ccのガソリンエンジンからスタート。
当時の国産SUV(RVと呼ばれていました)では、唯一のガソリンエンジンが選択できるクルマでした。
1998年5月のマイナーチェンジでは、ディーゼルは世界に先駆けて、コモンレール直噴DOHC16バルブユニットが搭載され、V型6気筒ガソリンエンジンは3500ccに拡大されました。

ビッグホーンのグレードにはベーシックの他にも、スポーティな「イルムシャー」や、アクティブな「イルムシャーRS」、高級感のある「ハンドリング・バイ・ロータス」というカスタマイズされたバージョンも存在していました。
ちなみにイルムシャーはドイツのチューニングメーカーで、ロータスと言えばイギリスの有名な自動車メーカー。スーパーカーブームの時に登場した、ロータス・ヨーロッパやロータス・エスプリに子どもたちは羨望の眼差しを向けたものでした。

ビッグホーンは、1994年に開催されたパリダカの市販車無改造部門に参戦し、チームアオヤギがクラス優勝を果たしています。その後もパリダカに参戦し続けるなど、ラリーの世界でも活躍していました。

2002年9月には、いすゞが乗用車・RVの国内販売を終了したことによって、ビッグホーンは誕生から20年で姿を消すのでした。

クイズ☆エンスーとらのあな

【問題】

実はちょっとしたオトナの事情で、海外では「ビッグホーン」の名前を使わなかったのですが(そのへんの理由は後に会長がコメントしてくれています)、いすゞ車なので当時のGMグループ各社ブランド、シボレーやオペル、ボグスホール、ホールデンなどでそれぞれのブランドのもと別車名で売られていました。
「イルムシャー」の祖国・ドイツではオペル、「ロータス」の英国ではボグスホールから販売されていましたが、この2ブランドでのビッグホーンの別名はどれでしょうか?

・トゥルーパー
・モントレー
・ジャッカル
回答は「倶楽部ミーティング」の下にありますよ♪

倶楽部ミーティング

会長:ビッグホーンは隠れた名車だと思う。

IT:隠れた名車っていう言い方も微妙ですけどね(・∀・) ニヤニヤ

会長:初代ビッグホーンはRVブームの先駆車でもあったんだよm9(`Д´)ビシッ
ただ、フロントマスクがレンジローバーに似ていて、「プアマンズ・レンジローバー」と呼ばれていたりね(´∀`)

IT:話を聞いていると、何が名車なのかわからなくなってきましたよww
ひょっとして名車じゃなくて、迷車の間違え?

会長:初代はアレレだったかもしれんが、2代目は悪くなかったんだよ。その証拠にOEMとしては国内だけでもスバル・ビッグホーンがあったし、ホンダ・ホライゾンってのもあったんだよσ゚ロ゚)σ

IT:クルマとしての魅力はもちろん、売れないとOEM供給されませんからね。
そうそう、ビッグホーンって車名の由来は、北米に生息するオオツノヒツジからとったんですよね?

会長:そうみたい。でもホーンってクラクションの意味もあるから、デカイクラクションとも言える。
それにホーンは隠語で男のシンボルという意味もあってだな…(〃ω〃)
海外では車名を変えて売られてたんだよ(;´∀`)

IT:それじゃ「隠れた名車」じゃなくて「隠した車名」じゃないですか!w

会長:誰がうまいこと言えとw

【回答】

・モントレー

ドイツの歴史あるメーカー、オペルは英国でのブランドが「ボグスホール」なので、この2つでは同じ車名になったようです。「モントレー」は米国カリフォルニア州の地名で、ジャズフェスティバルでも有名な観光地です。
ちなみにシボレーブランドではトゥルーパー(騎兵)、豪州のホールデンではジャッカル(イヌ科の動物)の名前で売られています。
そういえば「ジャッカル」は、SONY製のラテカセ(ラジカセ+テレビ)の商品名にもありますね。

関連する投稿


スポーツ800 | トヨタ - 「ヨタハチ」の愛称で親しまれているライトウェイトスポーツ【旧車】

スポーツ800 | トヨタ - 「ヨタハチ」の愛称で親しまれているライトウェイトスポーツ【旧車】

トヨタのボトムラインを支え、多くのクルマ好きを魅了したパブリカをベースに、まるで軽飛行機を思わせるような究極の空力ボディを架装したライトウェイトスポーツカー、それが「ヨタハチ」ことトヨタスポーツ800です。


【旧車】パジェロ│三菱 世界一過酷なラリーにかけた三菱の熱い思い

【旧車】パジェロ│三菱 世界一過酷なラリーにかけた三菱の熱い思い

「RV」という新しいジャンルを切り拓き、新しいカーライフのスタイルを確立した名車は、最強のラリーマシンでもあった。


【クルマニアックイズ】59本目

【クルマニアックイズ】59本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


ダットサンフェアレディ2000 | 日産 - 淑女と言いつつも豪快でワイルドな乗り味【旧車】

ダットサンフェアレディ2000 | 日産 - 淑女と言いつつも豪快でワイルドな乗り味【旧車】

ダットサン・フェアレディ2000は発表翌年の1968年、過酷で知られる「モンテカルロ・ラリー」でいきなり3位の好成績を収め、年間1万台以上を販売する人気車となりました。


ダットサン・ブルーバード | 日産 - 疾走するタクシーは憧れの存在だった【旧車】

ダットサン・ブルーバード | 日産 - 疾走するタクシーは憧れの存在だった【旧車】

日産がイギリス車のライセンス生産を通じて製造ノウハウを身につけ、その集大成として国内でデザインから開発まで行ったのが初代310型系の「ダットサン・ブルーバード」です。


最新の投稿


バックストリート・ボーイズ/Backstreet Boys - I Want It That Way - 1999年

バックストリート・ボーイズ/Backstreet Boys - I Want It That Way - 1999年

バックストリート・ボーイズはアメリカの人気ポップ・グループ。3枚目のアルバム『Millennium』に収録。コーラスが素敵ですね。CD売上は1億3千万枚以上!


ゲッター1(ゲッターロボ) - ゲッターロボの謎2題。

ゲッター1(ゲッターロボ) - ゲッターロボの謎2題。

合体ロボットという新ジャンルを切り開いたエポックメイキングな作品、『ゲッターロボ』に登場したロボットの一形態です。このゲッター1をゲッターロボのことだと勘違いしていた人も結構いたのでは?かくいう私もそうなんですが。


エアロスミス/Aerosmith - Last Child - 1976年

エアロスミス/Aerosmith - Last Child - 1976年

エアロスミスはスティーヴン・タイラー(vo)、ジョー・ペリー(g)、ブラッド・ウィットフォード(g)、トム・ハミルトン(b)、ジョーイ・クレイマー(dr)の5人からなるアメリカのロック・バンド。1973年のデビュー以来、メンバーチェンジと復帰を繰り返しつつ活動を続け、トータルセールスは全世界で1億5,000万枚以上。今でも国民的人気を誇ります。


湯~とぴあへつながるゲート~銭湯のれんの世界

湯~とぴあへつながるゲート~銭湯のれんの世界

庶民文化研究所所長・町田忍さんがおうち時間で行った収蔵品の整理。庶民文化研究所には膨大な量の収蔵品があり、整理整頓しないとそれはそれは大変なのだ。今回はおうち時間で掘り起こされた収蔵品の中から銭湯のれんを紹介。銭湯の入り口に構えられたのれん。銭湯独自のデザインで入る前からワクワクさせてくれるあののれんについて、町田さんに教えてもらった。


スポーツ800 | トヨタ - 「ヨタハチ」の愛称で親しまれているライトウェイトスポーツ【旧車】

スポーツ800 | トヨタ - 「ヨタハチ」の愛称で親しまれているライトウェイトスポーツ【旧車】

トヨタのボトムラインを支え、多くのクルマ好きを魅了したパブリカをベースに、まるで軽飛行機を思わせるような究極の空力ボディを架装したライトウェイトスポーツカー、それが「ヨタハチ」ことトヨタスポーツ800です。