【旧車】2代目ビッグホーン | いすゞ 多くのメーカーにOEM供給していた

【旧車】2代目ビッグホーン | いすゞ 多くのメーカーにOEM供給していた


■GMグループだけでなく、各車にOEM供給もされていた隠れた名車
・モデル名 :ビッグホーン
・世代/形式:2代目/UBS25DW/UBS69/73GW型
・メーカー名:いすゞ
・販売時期 :1991年~2002
・第13回COTY(1992-1993)特別賞受賞車

第13回日本カー・オブ・ザ・イヤー「特別賞」を受賞した2代目いすゞ・ビッグホーン

今回の車は、第13回日本カー・オブ・ザ・イヤーの特別賞に輝いた、いすゞ自動車の2代目ビッグホーン。
いすゞとしてはヒット作となった初代ビッグホーンでしたが、装備が貧弱で居住性、利便性が不評だったことにより、デビューから10年後の1991年に、2代目ビッグホーンとしてフルモデルチェンジされました。

2代目ビッグホーンはノーマルフェンダーでも3ナンバーのボディとなり、エンジンは直列4気筒3100ccディーゼルターボと、V型6気筒DOHC3200ccのガソリンエンジンからスタート。
当時の国産SUV(RVと呼ばれていました)では、唯一のガソリンエンジンが選択できるクルマでした。
1998年5月のマイナーチェンジでは、ディーゼルは世界に先駆けて、コモンレール直噴DOHC16バルブユニットが搭載され、V型6気筒ガソリンエンジンは3500ccに拡大されました。

ビッグホーンのグレードにはベーシックの他にも、スポーティな「イルムシャー」や、アクティブな「イルムシャーRS」、高級感のある「ハンドリング・バイ・ロータス」というカスタマイズされたバージョンも存在していました。
ちなみにイルムシャーはドイツのチューニングメーカーで、ロータスと言えばイギリスの有名な自動車メーカー。スーパーカーブームの時に登場した、ロータス・ヨーロッパやロータス・エスプリに子どもたちは羨望の眼差しを向けたものでした。

ビッグホーンは、1994年に開催されたパリダカの市販車無改造部門に参戦し、チームアオヤギがクラス優勝を果たしています。その後もパリダカに参戦し続けるなど、ラリーの世界でも活躍していました。

2002年9月には、いすゞが乗用車・RVの国内販売を終了したことによって、ビッグホーンは誕生から20年で姿を消すのでした。

クイズ☆エンスーとらのあな

【問題】

実はちょっとしたオトナの事情で、海外では「ビッグホーン」の名前を使わなかったのですが(そのへんの理由は後に会長がコメントしてくれています)、いすゞ車なので当時のGMグループ各社ブランド、シボレーやオペル、ボグスホール、ホールデンなどでそれぞれのブランドのもと別車名で売られていました。
「イルムシャー」の祖国・ドイツではオペル、「ロータス」の英国ではボグスホールから販売されていましたが、この2ブランドでのビッグホーンの別名はどれでしょうか?

・トゥルーパー
・モントレー
・ジャッカル
回答は「倶楽部ミーティング」の下にありますよ♪

倶楽部ミーティング

会長:ビッグホーンは隠れた名車だと思う。

IT:隠れた名車っていう言い方も微妙ですけどね(・∀・) ニヤニヤ

会長:初代ビッグホーンはRVブームの先駆車でもあったんだよm9(`Д´)ビシッ
ただ、フロントマスクがレンジローバーに似ていて、「プアマンズ・レンジローバー」と呼ばれていたりね(´∀`)

IT:話を聞いていると、何が名車なのかわからなくなってきましたよww
ひょっとして名車じゃなくて、迷車の間違え?

会長:初代はアレレだったかもしれんが、2代目は悪くなかったんだよ。その証拠にOEMとしては国内だけでもスバル・ビッグホーンがあったし、ホンダ・ホライゾンってのもあったんだよσ゚ロ゚)σ

IT:クルマとしての魅力はもちろん、売れないとOEM供給されませんからね。
そうそう、ビッグホーンって車名の由来は、北米に生息するオオツノヒツジからとったんですよね?

会長:そうみたい。でもホーンってクラクションの意味もあるから、デカイクラクションとも言える。
それにホーンは隠語で男のシンボルという意味もあってだな…(〃ω〃)
海外では車名を変えて売られてたんだよ(;´∀`)

IT:それじゃ「隠れた名車」じゃなくて「隠した車名」じゃないですか!w

会長:誰がうまいこと言えとw

【回答】

・モントレー

ドイツの歴史あるメーカー、オペルは英国でのブランドが「ボグスホール」なので、この2つでは同じ車名になったようです。「モントレー」は米国カリフォルニア州の地名で、ジャズフェスティバルでも有名な観光地です。
ちなみにシボレーブランドではトゥルーパー(騎兵)、豪州のホールデンではジャッカル(イヌ科の動物)の名前で売られています。
そういえば「ジャッカル」は、SONY製のラテカセ(ラジカセ+テレビ)の商品名にもありますね。

関連する投稿


カローラ・バン | トヨタ - カローラ人気を確実なものにした3代目【旧車】

カローラ・バン | トヨタ - カローラ人気を確実なものにした3代目【旧車】

トヨタの大衆車カローラの3代目、バンタイプです。先代より品質を向上させ、カローラ人気を盤石なものにしました。



2000GT | トヨタ - 半世紀を経て今なお国産名車の最高峰【旧車】

2000GT | トヨタ - 半世紀を経て今なお国産名車の最高峰【旧車】

トヨタのスポーツカー、2000GTです。どこから見ても破綻のない、完璧とさえいえる美しいデザインは、時代を超えて観るものを魅了します。


【クイズ・旧車千本ノック】226本目

【クイズ・旧車千本ノック】226本目

実車のディテールに迫る。三択クイズにチャレンジ!


クラウン2000デラックス | トヨタ - 「クジラクラウン」の愛称で呼ばれる独特のスタイル【旧車】

クラウン2000デラックス | トヨタ - 「クジラクラウン」の愛称で呼ばれる独特のスタイル【旧車】

トヨタ・クラウンの4代目、俗にいう「クジラクラウン」です。時代に先んじたスタイルは好みがわかれ、保守的なユーザーの多い高級車市場ではシェアを落とすことになりました。


最新の投稿


ジョン・レノン&オノ・ヨーコ - Happy Xmas (War Is Over) - 1971年

ジョン・レノン&オノ・ヨーコ - Happy Xmas (War Is Over) - 1971年

ジョンが愛と平和を願って書いた不朽のクリスマス・ソング。 1970年のビートルズ解散後、ジョンは妻のオノ・ヨーコとともにプラスティック・オノ・バンドでの音楽活動の傍ら、平和を求める活動に参加しました。


MR9550 | サンヨー - 知る人ぞ知る、音の良さではトップレベル

MR9550 | サンヨー - 知る人ぞ知る、音の良さではトップレベル

三洋「REC(レック)」シリーズのステレオラジカセ。外観からはあまり特徴のないラジカセに思えますが、実は音質が抜群に良いという評判のラジカセです。隠れた名機と言えましょう。


デュアルステレオ アンド ハイフィデリティ カタログ

デュアルステレオ アンド ハイフィデリティ カタログ

家電蒐集家松崎順一さんが考古学的アプローチで昭和時代の様々なカタログを読み解くコーナー。今回は1972年のドイツ、デュアル社のオーディオ製品のカタログを取り上げます。


カローラ・バン | トヨタ - カローラ人気を確実なものにした3代目【旧車】

カローラ・バン | トヨタ - カローラ人気を確実なものにした3代目【旧車】

トヨタの大衆車カローラの3代目、バンタイプです。先代より品質を向上させ、カローラ人気を盤石なものにしました。


ホイットニー・ヒューストン/Whitney Houston - All At Once - 1985年

ホイットニー・ヒューストン/Whitney Houston - All At Once - 1985年

「強力で鋭いポップ・ゴスペル」と謳われた力強い歌声で、1985年のデビューから90年代にかけてR&Bシーンに君臨した歌姫、ホイットニー・ヒューストン。7曲連続で全米シングルチャート1位の記録を打ち立て、累計セールスはアルバム1億4,000万枚以上、シングル5,000万枚以上となるほど圧倒的な人気を集めました。2012年の早逝が悔やまれます。