ファミリア(5代目)│マツダ - 第1回日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞

ファミリア(5代目)│マツダ - 第1回日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞


■栄えある第1回日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞した記念カー
・モデル名 :ファミリア
・世代   :5代目(BD型)
・メーカー名:マツダ
・販売時期 :1980年~1985年
・別名   :マツダ323(欧州)

ファミリアという車名は、実はマツダ社にとって軽自動車のキャロルの次に歴史のある車。初代となるファミリアの発売が1963年のことですから、実に50年近い歴史を誇るブランドです。

今回ご紹介するファミリアは5代目。1980年から1985年に販売されたこのモデルでは、新規の「マツダ・BDプラットフォーム」を採用していて、今までFR(後輪駆動)だった駆動方式から、FF(前輪駆動)方式へと変更しちゃっているのです。

1979年に第二次オイルショックが起きたこともあり、小型化が進む中で、室内空間を確保しやすいFF車が当時の世界の主流となっており、それに合わせた形です。しかも、横置きのレシプロエンジン搭載のFF車は、マツダとして最初の試みでもありました。

マツダはFFながらも、FRのようなチェンジフィーリングを実現させたことを、メディアで積極的に宣伝。なんと当時、単独提供していた2時間のラジオ番組のCM枠をすべて費やしたとか。その甲斐もあってか、5代目ファミリアは33カ月連続で前年同月の販売台数を上回るなど、大ヒットを記録します。1.3リッターと1.5リッターエンジンを用意し、ハッチバックのあとにはセダンが市場に投入されました。

1983年にはファミリアで初めてのターボエンジンを搭載させたグレードも登場。115psを発生させ、800kg台の軽量な車重と相まってキビキビした走りを実現。このモデルはWRCモンテカルロ・ラリーでクラス優勝しています。

赤いファミリア、通称「赤のXG」に乗るのも若者のあいだで流行りました。フルフラットまで倒せる前席の背もたれ、そして電動サンルーフが標準装備…当時の若者がなにを考えていたのかは想像に難くないですね(笑)

また、サーフボードをルーフキャリアに固定して、実際の波乗りは一切しない、「陸(おか)サーファー」なる若者(おもに大学生)も登場し、流行語にもなりました。車とサーフィンをコラボさせて、イケてるファッションとして楽しんでいたのです。
1980年には代々木公園のホコ天で踊っていた「竹の子族」や、1984年には伝説のディスコであるマハラジャがオープンしています。

当時のテレビCMでは、北大路欣也が出ていました。今のように長いモミアゲのみを白髪にしている風貌とは違い、とってもさわやか。キャッチコピーは「スポーツ合衆国ファミリア」と謎のワードなのが印象深かったです。

タイトルからだいぶ遅れましたが、5代目ファミリアは、1980年に行われた第1回日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞しています。
現在も毎年11月に発表される、日本カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)の最初に受賞した記念すべき1台とも言えますね。ちなみに、1970年から1979年までは、雑誌『モーターファン』主催のカー・オブ・ザ・イヤーも存在していました。

クイズ☆エンスーとらのあな

おやじ達にアテられてすっかり旧車に興味深々になってきたITといっしょに、マニアックなクイズに挑戦しましょう!

【問題】

5代目ファミリアで流行ったカスタムはどれ?
・ドアミラー
・ドアバイザー
・スモークフィルム

倶楽部ミーティング

ミノ:赤いファミリアのXG!めちゃくちゃ流行ってたよね!

少佐:だってカッコよかったし、手頃な値段でスポーティだし、中は広いしw

ミノ:当時まだ少なかったFFで、フロアトンネルが低いからね~。それに、前席がフルフラット近く倒れるしなw

少佐:軟派なイメージを持たれがちだけど、WRCのモンテカルロラリーなんかでも活躍してたんだぞ!

ミノ:そうだね、それに赤いから通常の3倍速いんだろ?ww

少佐:それはいいからw
ヨーロッパでは「マツダ323」として人気があったから、国内でも「323」って大きく書いてあるリアガーニッシュを付けるカスタムも流行ったね。ドアミラーとあわせて、輸出仕様にするってやつ。

ミノ:それ覚えてる!ヨーロッパで人気、って言われると俄然いいクルマに思えるから不思議だよねw

少佐:まあ実際、小型車を見る目は厳しいだろうからねあっちは。人気が出るってことはいいクルマであることは間違いないだろうさ。

ミノ:時期的には、VWのゴルフがⅠからⅡになったあたりだもんね、そりゃあ厳しい頃だな!

少佐:だからこそ、名誉ある最初のカーオブザイヤーに選ばれたんだろうね。

ミノ:いやー、丘サーファー御用達とか言ってホントごめん!w

少佐:それにこの写真よく見ると、ドライバーは若かりし頃の巨匠じゃない?

ミノ:ベストカーアーカイブスの写真にちょくちょく出てくるよね、それがまた嬉しかったりする(*´∀`*)

少佐:ミノさん、ファンだもんなw

ちなみに、先ほどのクイズの回答は・・・
↓コレだよ!

【回答】

・ドアミラー

輸出仕様車のファミリアはドアミラーが装着されていました。そのため国内仕様車のフェンダーミラーから、ドアミラーへカスタマイズするのが流行ったのです。実は国内仕様車のAピラーの付け根の部分にはカバーがあり、それを外すと輸出仕様車のドアミラーを簡単に付けることができたからなのです。
ただ、当時は道路運送車両法により、フェンダーミラーしか認められず、ドアミラーへの改造は違法でもありました。1983年3月にドアミラーの規制は撤廃になり、ファミリアにも標準装備されます。

関連する投稿


ベレット1600GTファストバック | いすゞ - 受注生産のスペシャルモデル【旧車】

ベレット1600GTファストバック | いすゞ - 受注生産のスペシャルモデル【旧車】

いすゞ・ベレットの1600GTファストバック・型式PR91Gです。わずか349台しか販売されなかった稀少な受注生産車です。「トヨタ博物館クラシックカーフェスティバル in 神宮外苑2018」で撮影しました。


フェローMAX | ダイハツ - 実は「ミラ」のご先祖様【旧車】

フェローMAX | ダイハツ - 実は「ミラ」のご先祖様【旧車】

ダイハツ・フェローの2代目・L38型です。前輪駆動にレイアウトを変更したフェローMAX。軽のパワー競争のあおりで一時はリッターあたり100馬力を超える高出力エンジンを搭載したモデルがありました。「JCCAニューイヤーミーティング 2017」で撮影しました。


【クイズ・旧車千本ノック】110本目

【クイズ・旧車千本ノック】110本目

実車のディテールに迫る。三択クイズにチャレンジ!


コンテッサ1300クーペ | 日野 - 旧車好きの永遠の憧れ、伯爵夫人【旧車】

コンテッサ1300クーペ | 日野 - 旧車好きの永遠の憧れ、伯爵夫人【旧車】

日野・コンテッサ1300クーペです。かつて日野が乗用車を手掛けていたことを今に伝える名車です。RRレイアウトをミケロッティのデザインで包んだ優雅なスタイルは伯爵夫人という車名どおりです。「トヨタ博物館クラシックカーフェスティバル in 神宮外苑2018」で撮影しました。



最新の投稿


ベレット1600GTファストバック | いすゞ - 受注生産のスペシャルモデル【旧車】

ベレット1600GTファストバック | いすゞ - 受注生産のスペシャルモデル【旧車】

いすゞ・ベレットの1600GTファストバック・型式PR91Gです。わずか349台しか販売されなかった稀少な受注生産車です。「トヨタ博物館クラシックカーフェスティバル in 神宮外苑2018」で撮影しました。


スモール・フェイセス/The Small Faces - Itchycoo Park - 1967年

スモール・フェイセス/The Small Faces - Itchycoo Park - 1967年

イギリスが誇るモッズ・バンドの代表作。スモール・フェイセスはスティーヴ・マリオット(Vo,G)とロニー・レーン(B,Vo)を中心に結成し、1965年にデビューしたバンド。メンバー全員がモッズで、R&Bの影響を受けたブリティッシュ・ロック・サウンドで人気を集めました。スティーヴはその後、ハンブル・パイ結成のため脱退し、残りの3人はロッド・スチュワート(Vo)、ロン・ウッド(G 現ローリング・ストーンズ)を迎えて新たにフェイセズを結成しました。2012年、フェイセズと共にロックの殿堂入り。


フェローMAX | ダイハツ - 実は「ミラ」のご先祖様【旧車】

フェローMAX | ダイハツ - 実は「ミラ」のご先祖様【旧車】

ダイハツ・フェローの2代目・L38型です。前輪駆動にレイアウトを変更したフェローMAX。軽のパワー競争のあおりで一時はリッターあたり100馬力を超える高出力エンジンを搭載したモデルがありました。「JCCAニューイヤーミーティング 2017」で撮影しました。


【クイズ・旧車千本ノック】110本目

【クイズ・旧車千本ノック】110本目

実車のディテールに迫る。三択クイズにチャレンジ!