キカイダー01(ゼロワン) - 悪の笛の音は効かないが・・暗闇がコワイよ!

キカイダー01(ゼロワン) - 悪の笛の音は効かないが・・暗闇がコワイよ!

『人造人間キカイダー』の続編なんですが、キカイダー01のほうがキカイダーよりも前に誕生していた設定のため、キカイダーのお兄さんにあたります。そういえばキカイダーの人間態は「ジロー」ですが、ゼロワンは「イチロー」。あらかじめゼロワンの登場が想定されていたのかな?


悪の笛の音は効かないが・・暗闇がコワイよ!

キカイダーは、不完全な良心回路をもつゆえに悪の首領、プロフェッサー・ギルの笛の音によって苦しめられることになります。その左右非対称なルックスともあいまって、不完全さ・弱さを持ったヒーロー像が斬新だったキカイダーに対して、ゼロワンはずっとノーマルに。唯一の弱点は暗闇。なぜならば太陽エネルギーで活動するからです。

暗闇だとパワーが10分の1に激減してしまうのであります。カタチは左右バランスがとれました。ちなみに色はキカイダーとは左右逆のカラーリングなんですすね。出来の良いお兄さんにちょっと失敗しちゃった弟、みたいな関係になりました。

ぐるりと見回してみると改めて対象形なのがわかります。

ゼロワンの愛機、「ダブルマシーン」です。最高時速500キロ。海上、空中だけでなくなんと宇宙にも乗り出すことができるスーパーマシン!あれ、サイドカーについている「d」のマーク、ちょっとパイナップルやバナナで有名な某ブランドのロゴに雰囲気似ていませんか?(笑)

キカイダーとツーショット・・・と思いきや、最強のライバル「ハカイダー」が背後に!ハカイダーもとても人気のあるキャラクターですね。本家をしのぐといっても良いぐらいです。

ゴールデン横丁の仲間たち | Dr.近藤(ドクター こんどう)

https://goldenyokocho.jp/articles/673

現役バリバリの敏腕ドクター。複数の大手医療機関で診療に従事するかたわら、大手オンラインメディアに連載を寄稿したり講演依頼も多数と幅広く活躍。・・というのは表の顔で、実はヒーローものを中心としたキャラクターグッズやジャンルを問わないコミック誌が書斎を占拠しているというカルチャー大魔王である。

関連する投稿


除湿機(ハンディタイプ) | 昭和43年、初の家庭用と銘打って登場

除湿機(ハンディタイプ) | 昭和43年、初の家庭用と銘打って登場

昭和レトロ家電蒐集家の増田健一さんが貴重なコレクションを紹介するコーナーです。今回取り上げるのは「除湿機」。ハンディといいつつ結構大きいようです。


ソニー  ヘッドフォン・ラインアップ カタログ

ソニー ヘッドフォン・ラインアップ カタログ

家電蒐集家松崎順一さんが考古学的アプローチで昭和時代の様々なカタログを読み解くコーナー。今回は、バブルがスタートした1985年のソニー・ヘッドフォンのカタログを取り上げます。


ウルトラの母 - 地球では緑のおばさんだったタロウの実母

ウルトラの母 - 地球では緑のおばさんだったタロウの実母

慈愛あふれるウルトラの母、マザー・オブ・ウルトラです。ウルトラ戦士を救護する「銀十字軍」に所属、隊長の任にあたります。放つ光線は破壊のためではなく、治癒や蘇生のため!


「ダブル アベック マホー瓶」…お茶とお酒が同時に

「ダブル アベック マホー瓶」…お茶とお酒が同時に

昭和レトロ家電蒐集家の増田健一さんが貴重なコレクションを紹介するコーナーです。今回取り上げるのは「ダブル アベック マホー瓶」。なんともユニークな発想!


パイオニア 24時ステレオ カタログ

パイオニア 24時ステレオ カタログ

家電蒐集家松崎順一さんが考古学的アプローチで昭和時代の様々なカタログを読み解くコーナー。今回は重厚だったステレオをオシャレ目線からアプローチしたパイオニアの24時ステレオのカタログを取り上げます。


最新の投稿


【クイズ・旧車千本ノック】200本目

【クイズ・旧車千本ノック】200本目

実車のディテールに迫る。三択クイズにチャレンジ!


岡田武史 ‐ 古河電工黄金時代を築いたディフェンダー

岡田武史 ‐ 古河電工黄金時代を築いたディフェンダー

ファインダー越しにサッカー界を見つめてきたプロカメラマン今井恭司さんの蔵出し写真と暖かいコラム。今回は「岡田武史 ‐ 古河電工黄金時代を築いたディフェンダー」をお届けします。


カウンタック 25thアニバーサリー | ランボルギーニ - 熟成を究めた最終型【旧車】

カウンタック 25thアニバーサリー | ランボルギーニ - 熟成を究めた最終型【旧車】

ランボルギーニ・カウンタックの最終型、25thアニバーサリーです。キング・オブ・スーパーカーと呼ばれるにふさわしい存在感は時代を経ても色あせません。


シンプリー・レッド/Simply Red - If You Don't Know Me By Now - 1989(1972)年

シンプリー・レッド/Simply Red - If You Don't Know Me By Now - 1989(1972)年

日本人メンバーも在籍したUKソウル・バンドの全米1位ヒット作。 シンプリー・レッドはミック・ハックネル(Vo)を中心に1985年にデビューしたイギリスのロック・バンド。ポップさを保ちつつもソウルやファンクの要素を取り入れたサウンドで人気を集めました。屋敷豪太(Ds)、鈴木賢司(G)など日本人メンバーが在籍したことも話題になりました。2010年に解散しますが、2015年に再結成しています。


【クイズ・旧車千本ノック】199本目

【クイズ・旧車千本ノック】199本目

実車のディテールに迫る。三択クイズにチャレンジ!