グレイシーの父がほほ笑んだ桜庭和志の完勝

グレイシーの父がほほ笑んだ桜庭和志の完勝

スポーツフォトグラファー原悦生さんが蔵出しの写真と切れ味鋭いコラムでレスラーたちの汗と涙と熱狂の記憶を呼び覚まします。今回は「グレイシーの父がほほ笑んだ桜庭和志の完勝」をお届けします。


2000年5月1日、東京ドーム。桜庭和志とホイス・グレイシーの1ラウンド15分、無制限ラウンドでの完全決着戦は2ラウンドに入って長くなる気配が感じられた。
コーナーで膠着して、レフェリーはブレイクを促したが、ホイスはレフェリーの介入に首を振って、試合はそのまま続行された。
このまま二人に好きなようにやらせるしかないだろう。

桜庭がホイスの道着の後ろを掴んだ。
桜庭はまた笑った。
桜庭は道着を後ろからホイスの頭にかぶせようとしたが、うまくいかない。
ヒザとパンチの応酬。ホイスが首を取ってグラウンドに持ち込む。

3R、4Rでは桜庭の右のローキックが効果的に当たるようになる。

5Rに入ると桜庭が上、ホイス下になってのガード・ポジションで試合が進む。
桜庭はホイスの道着のズボンは両足ともヒザの上までめくりあげた。
ホイスのヒザや足の具合を目で確認したかったのだろうし、同時にホイスの道着を使った絞め技を防ぐ目的もあったのだろう。
そんな体勢から桜庭は一瞬のタイミングでパンチとモンゴリアンチョップを放つ。

ホイスの後ろ帯を掴んで立ちあがった桜庭は、ホイスをいとも簡単に逆さにひっくり返してパンチを見舞う。奇想天外な桜庭の動きにホイスは戸惑いを見せた。
さらにもう一度、ホイスをひっくり返した。
踏みつける強い桜庭がいた。

6Rはいきなり桜庭を引き込んでグラウンドを選択したホイスだが、決め手を欠いた。
ホイスは立ち上がったが、またグラウンドを選択する。
また立ち上がりかけたホイスの左足に、桜庭の右のローキックがヒットした。
ホイスは顔をしかめた。
強烈なキックだった。
さらに桜庭はロー打つ。ホイスが倒れてもその右足にローを打ち込む。
ローキックからパンチにホイスが崩れる。
こんなシーンが繰り返された。

ホイスが嫌がって、ロープ際でセコンドに話しかける。
声は聞こえなかったが「もう無理だ」といっているようにも見えた。
セコンドの長男ホリオンの手には白いタオルが握られている。
桜庭の猛攻が続く。
グラウンドのホイスに桜庭は仁王立ちだ。
桜庭がとびかかって両足で踏みつけにかかる。

6Rが終わった。試合時間は正味90分になって、ラニングタイムはすでに100分を越えていた。

ついに、父エリオが手を広げて、ホリオンのタオルの投入を認めた。
白いタオルが投げられた。

桜庭はホイスに完全勝利した。
エリオが桜庭に称賛の笑みを送った。
まるで自分の息子を見るように。

ゴールデン横丁の仲間たち | 原 悦生(はら えつお)

https://goldenyokocho.jp/articles/672

16歳からプロレスを撮り始める。スポニチの写真記者を経て、1986年からフリーランス。アントニオ猪木とイラク、キューバ、北朝鮮など世界中を旅した。サッカーではUEFAチャンピオンズリーグの常連で、ワールドカップは8回取材している。プロレスの著書には「猪木の夢」「INOKI」「Battle of 21st」などがある。国際スポーツ記者協会(AIPS)会員。 FootballWorldで食べまくり!

関連する投稿


革命戦士・長州力①。後楽園ホールの反乱

革命戦士・長州力①。後楽園ホールの反乱

スポーツフォトグラファー原悦生さんが蔵出しの写真と切れ味鋭いコラムでレスラーたちの汗と涙と熱狂の記憶を呼び覚まします。今回は「革命戦士・長州力①。後楽園ホールの反乱」をお届けします。


川口能活 ‐ 情熱系ゴールキーパー(後篇)

川口能活 ‐ 情熱系ゴールキーパー(後篇)

ファインダー越しにサッカー界を見つめてきたプロカメラマン今井恭司さんの蔵出し写真と暖かいコラム。今回は「川口能活 ‐ 情熱系ゴールキーパー(後篇)」をお届けします。


600キロ超えの巨漢マクガイヤー兄弟

600キロ超えの巨漢マクガイヤー兄弟

スポーツフォトグラファー原悦生さんが蔵出しの写真と切れ味鋭いコラムでレスラーたちの汗と涙と熱狂の記憶を呼び覚まします。今回は「600キロ超えの巨漢マクガイヤー兄弟」をお届けします。


川口能活 ‐ 情熱系ゴールキーパー(前篇)

川口能活 ‐ 情熱系ゴールキーパー(前篇)

ファインダー越しにサッカー界を見つめてきたプロカメラマン今井恭司さんの蔵出し写真と暖かいコラム。今回は「川口能活 ‐ 情熱系ゴールキーパー(前篇)」をお届けします。


ヒロ・マツダ。黒タイツで裸足の正統派の日本人

ヒロ・マツダ。黒タイツで裸足の正統派の日本人

スポーツフォトグラファー原悦生さんが蔵出しの写真と切れ味鋭いコラムでレスラーたちの汗と涙と熱狂の記憶を呼び覚まします。今回は「ヒロ・マツダ。黒タイツで裸足の正統派の日本人」をお届けします。


最新の投稿


「二つ折りコタツ」…折りたたんで収納スペースが半分になる

「二つ折りコタツ」…折りたたんで収納スペースが半分になる

昭和レトロ家電蒐集家の増田健一さんが貴重なコレクションを紹介するコーナーです。今回取り上げるのは「二つ折りコタツ」。コタツでみかん、懐かしい光景です。


【クイズ・旧車千本ノック】239本目

【クイズ・旧車千本ノック】239本目

実車のディテールに迫る。三択クイズにチャレンジ!


ビー・ジーズ/Bee Gees - How Deep Is Your Love(愛はきらめきの中に) - 1977年

ビー・ジーズ/Bee Gees - How Deep Is Your Love(愛はきらめきの中に) - 1977年

ビージーズはバリー、ロビン、モーリスのギブ3兄弟を中心に結成し、全員がボーカルを担当したグループ。1963年のデビューから21世紀に入るまでの長期間活動し、数多くのヒット曲を残しました。


『こんなものを買った』Nakamichi CR-30

『こんなものを買った』Nakamichi CR-30

じつはいまゴル横でもおなじみナカミチ道のtoby館長全面協力のもと「Nakamichi Complete Book」というムックを制作しております。毎日毎日ナカミチのことばかり考えているとナカミチのデッキが欲しくて欲しくてたまらなくなりました。