紙芝居 - 歴史の波にもまれたエンタテインメント

紙芝居 - 歴史の波にもまれたエンタテインメント


紙芝居屋のおじさんが自転車でやってきた!駄菓子を買ったらさぁ始まるよ~!

歴史の波にもまれたエンタテインメント

この写真にあるような紙芝居は「街頭紙芝居」と呼ばれます。
こどもが集まる広場や空き地に紙芝居用の自転車をひいたおじさんがやってきて、拍子木やホラ貝を吹いて子どもたちを集める。そして駄菓子を売って小銭をかせぐのが目的だったんですね。

街頭紙芝居は1930年代に流行。当時の東京市には2,000人もの紙芝居屋さんがいたという説もあります。すごいですね!

商売ですからこどもたちが集まってなんぼです。そのために、結構むちゃくちゃなストーリーや過激な表現で大人からは眉をひそめられるような作品もあったとか。今になるとそういう作品こそ興味をそそられます。どこかに残っていないでしょうかね?

戦後になると、娯楽が乏しいなかで紙芝居がふたたび流行。
ところが紙芝居もGHQによる検閲の対象とされたのだそうです。GHQのお墨付きがないと上演できなかったのですね~。

焼け跡のこどもたちを楽しませた街頭紙芝居も、テレビの普及にともないフェードアウトしていきます。

一方、出版紙芝居というカテゴリーも出現。こちらは内容をしっかりと造り込んだ文芸作品とも呼べるもの。世界に誇る日本の文化としてひろがりをみせています。

紙芝居文化の会 | トップページ

https://www.kamishibai-ikaja.com/

日本独自の文化財である紙芝居は、新しい時代を迎えようとしています。今、大切なのは、優れた紙芝居作品が優れた演じ手によって演じられ、 日本はもとより世界中に共感の輪が広がっていくことです。紙芝居を愛する人、興味のある人、演じたい人など、さまざまな人が国境を越えて出会い、交流する場が「紙芝居文化の会」です。

取材協力:「昭和レトロ商品博物館」様

関連する投稿


平玉火薬 - 火薬は正しく使いましょう

平玉火薬 - 火薬は正しく使いましょう

おもちゃのロケット弾(ジャンプ弾とも)やピストルに仕込む火薬ですね。巻紙になったタイプとこのようなシート状の「平玉」がありました。大人から危ないと言われるほどやってみたくなるのは子どものサガ。今も昔も変わらない?


象印スコップ・ショベル(かんばん) - 象は象でも「金象印」!

象印スコップ・ショベル(かんばん) - 象は象でも「金象印」!

「象印」で思いつくのは魔法瓶や電気炊飯器でおなじみのあのメーカーですよね。ではこの象印は?魔法瓶とスコップ、はたして同じメーカーが作っていたのでしょうか?


日野ルノー

日野ルノー

昭和レトロな旧車や、レトロ家電、懐かしい建物など、古き良き昭和の日本に庶民文化研究所町田忍画伯がイラストで迫る。今回ご紹介するのは有名なルノーの車。ただし、日野自動車製ですが。


スパイごっこおもちゃ - 将来の夢は・・僕はスパイです!?

スパイごっこおもちゃ - 将来の夢は・・僕はスパイです!?

1970年代前半ごろに少年のココロをトリコにしたヒット商品、スパイごっこ用玩具。スパイ手帳やらスパイの缶詰?やらいろいろなバリエーションがありました。「スパイ大作戦」「007」「ゴルゴ13」などスパイもののヒットが背景にあったのでしょう。


U字形じしゃく - U字形磁石のカラーリング問題

U字形じしゃく - U字形磁石のカラーリング問題

理科の教材の定番アイテム、磁石。このようなU字形がおなじみですね。N極とS極があって同じ極同士は反発し、違う極同士では引き合う。これは常識ですよね。


最新の投稿



地元銭湯を愛するサポーターさんたちも熱い! レトロを保ちながら進化する、浦和『鹿島湯』さん <後編>

地元銭湯を愛するサポーターさんたちも熱い! レトロを保ちながら進化する、浦和『鹿島湯』さん <後編>

『ゴールデン横丁』サイトの閉鎖に伴い、残念ながらこの連載も今回が最終回。 約3年弱、おつきあいいただき有り難うございました。 ラスト、たっぷりあったまってってください〜。


【クルマニアックイズ】557本目

【クルマニアックイズ】557本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!


【クルマニアックイズ】556本目

【クルマニアックイズ】556本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


うなぎとうさぎと昭和レトロも楽しめる! 浦和レッズの街で熱き炎『鹿島湯』さん <前編>

うなぎとうさぎと昭和レトロも楽しめる! 浦和レッズの街で熱き炎『鹿島湯』さん <前編>

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)・浦和レッズの本拠地で日々“熱闘中”の銭湯さんがあります。2017年に「ホームなのにアウェイ。」「“浦和”にあるのに“鹿島”。」というキャッチコピーで大きな話題となったことでも知られる『鹿島湯』さんです。