牛乳ビンのふた - ご当地牛乳いろいろ!

牛乳ビンのふた - ご当地牛乳いろいろ!


ビン入りが主流だった昭和時代。「ふた」なんて開けたら即ゴミ箱行きの運命でしたが、熱心に蒐集していた人もいたのですね。決まったサイズに法定の記載項目を満たしたうえで、限られたスペースでブランディングする。眺めると「ふた」にだって味わいがあります。

ご当地牛乳いろいろ!

牛乳ビンなんて今でもあるじゃん!というツッコミは無用に願います(笑)。その通りです。でもまぁ、今では紙パックのほうがはるかに流通量が多いので、牛乳ビンのふたは懐かしアイテム扱いとさせていただきますよ!

ここでは「ご当地牛乳」という切り口で写真を眺めてみましょう。
タイトル下の「別海牛乳」。地名の読みは「べっかい」または「べつかい」。北海道の東端部に位置する別海町出身です。酪農の本場、北海道の牛乳。濃い味がする気がします!

北海道から一気に沖縄にワープです。糸満市からは「宮平牛乳」。沖縄と酪農、結びつきませんでしたがちゃんとあるんですね!お、これは65度30分の低温殺菌ですね。消費期限が短いかわりに風味が損なわれにくいのが特徴。沖縄の牛乳、どんな味がするんでしょう。飲んでみたいですね~!

今度は山形から。「庄内農協牛乳」です。こちらは120度2秒。「超高温瞬間殺菌」といいます。日本では最も一般的な殺菌方法。広々とした庄内平野でおおらかに育った牛の乳。腰に手を当ててイッキに!

け、ケー・エム・ピー??いったいどちらのご出身?目をよく凝らすと読めました。福岡県は久留米市ですね。なんの略なのでしょう、気になります。わかる方、コメントをお寄せ下さい!
ちなみにこれは牛乳ではないですね。「ラクトコーヒー」とあります。いわゆる「コーヒー牛乳」ってやつですね。銭湯を思い出しますね~。

いかがでしたか?牛乳びんのふたからニッポンの全国各地に想いを馳せる。こんな楽しまれ方をすれば「ふた」もきっと本望でありましょう。

取材協力:「昭和レトロ商品博物館」様

関連する投稿


平玉火薬 - 火薬は正しく使いましょう

平玉火薬 - 火薬は正しく使いましょう

おもちゃのロケット弾(ジャンプ弾とも)やピストルに仕込む火薬ですね。巻紙になったタイプとこのようなシート状の「平玉」がありました。大人から危ないと言われるほどやってみたくなるのは子どものサガ。今も昔も変わらない?


象印スコップ・ショベル(かんばん) - 象は象でも「金象印」!

象印スコップ・ショベル(かんばん) - 象は象でも「金象印」!

「象印」で思いつくのは魔法瓶や電気炊飯器でおなじみのあのメーカーですよね。ではこの象印は?魔法瓶とスコップ、はたして同じメーカーが作っていたのでしょうか?


日野ルノー

日野ルノー

昭和レトロな旧車や、レトロ家電、懐かしい建物など、古き良き昭和の日本に庶民文化研究所町田忍画伯がイラストで迫る。今回ご紹介するのは有名なルノーの車。ただし、日野自動車製ですが。


スパイごっこおもちゃ - 将来の夢は・・僕はスパイです!?

スパイごっこおもちゃ - 将来の夢は・・僕はスパイです!?

1970年代前半ごろに少年のココロをトリコにしたヒット商品、スパイごっこ用玩具。スパイ手帳やらスパイの缶詰?やらいろいろなバリエーションがありました。「スパイ大作戦」「007」「ゴルゴ13」などスパイもののヒットが背景にあったのでしょう。


U字形じしゃく - U字形磁石のカラーリング問題

U字形じしゃく - U字形磁石のカラーリング問題

理科の教材の定番アイテム、磁石。このようなU字形がおなじみですね。N極とS極があって同じ極同士は反発し、違う極同士では引き合う。これは常識ですよね。


最新の投稿



地元銭湯を愛するサポーターさんたちも熱い! レトロを保ちながら進化する、浦和『鹿島湯』さん <後編>

地元銭湯を愛するサポーターさんたちも熱い! レトロを保ちながら進化する、浦和『鹿島湯』さん <後編>

『ゴールデン横丁』サイトの閉鎖に伴い、残念ながらこの連載も今回が最終回。 約3年弱、おつきあいいただき有り難うございました。 ラスト、たっぷりあったまってってください〜。


【クルマニアックイズ】557本目

【クルマニアックイズ】557本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!


【クルマニアックイズ】556本目

【クルマニアックイズ】556本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


うなぎとうさぎと昭和レトロも楽しめる! 浦和レッズの街で熱き炎『鹿島湯』さん <前編>

うなぎとうさぎと昭和レトロも楽しめる! 浦和レッズの街で熱き炎『鹿島湯』さん <前編>

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)・浦和レッズの本拠地で日々“熱闘中”の銭湯さんがあります。2017年に「ホームなのにアウェイ。」「“浦和”にあるのに“鹿島”。」というキャッチコピーで大きな話題となったことでも知られる『鹿島湯』さんです。