蜂印香竄葡萄酒(かんばん) - 香竄(こうざん)とはなんぞや?

蜂印香竄葡萄酒(かんばん) - 香竄(こうざん)とはなんぞや?


ぶどう酒なのはわかります。しかし「香竄」とはいったい?

香竄(こうざん)とはなんぞや?

『蜂印香竄葡萄酒(はちじるしこうざんぶどうしゅ)』はズバリ、明治14(1881)年に発売されたぶどう酒です。

このぶどう酒、実は電気ブランで有名な「神谷バー」の創始者、神谷傳兵衛さんが日本人の口に合うように蜂蜜や薬草で味を調整して開発したもの。現在も販売されている歴史のある「甘味果実酒」なのです。

神谷傳兵衛さんは若かりし頃、フランス人が経営する横浜の洋酒醸造所で働いていましたが過労でダウン。医者からも見放されるほど弱ってしまったのですが、くだんのフランス人経営者が傳兵衛さんを不憫に思い、ワインを飲ませたところ徐々に体力を回復、元気になったのだそうです。

そんな体験から、ぶどう酒を日本にひろめたいという思いを抱いた傳兵衛さんが、試行錯誤の末に生み出したのが『蜂印香竄葡萄酒』。

「香竄(こうざん)」とは傳兵衛さんの父兵助さんの俳句の雅号。「親のご恩を忘れないために」と、この言葉のなかに「隠しても隠し切れない、豊かなかぐわしい香り(まるで樽のなかの卓越したワインのように)」という意味があることにちなんでいるそうです。

私はうかつにも「竄」を「鼠(ネズミ)」と勘違い。蔵の中のネズミさえ酔いしれるほどのぶどう酒っていう意味かと思ってしまいました!

取材協力:「三十坪の秘密基地」様

関連する投稿


【昭和レトロ写真館】脱穀機

【昭和レトロ写真館】脱穀機


アポロ | 明治 - 世界一身近な宇宙グッズ

アポロ | 明治 - 世界一身近な宇宙グッズ

アポロ11号が月面へ降り立った1969年、あの頃は誰もが宇宙の旅を夢見ていた。時は流れて半世紀、キューブリックの描いた2001年を経て、未だに宇宙は憧れの地で──遠い月に想いを馳せる『アポロ』について。


まちだ交遊録│【速報】伍阡坪の秘密基地 ~ FLAT4 小森邸訪問

まちだ交遊録│【速報】伍阡坪の秘密基地 ~ FLAT4 小森邸訪問

今回は町田さんのディープでドープな交友関係を探るまちだ交遊録のコーナー!今回はなんとあの、FLAT4・小森さんの神奈川県は横須賀、佐島にあるご自宅にお邪魔してきました!まずはざっくり見どころをご紹介!


【昭和レトロ写真館】G.I.ジョー

【昭和レトロ写真館】G.I.ジョー


キャベツ太郎 | 菓道 - どうみてもキャベツには見えないスナック菓子

キャベツ太郎 | 菓道 - どうみてもキャベツには見えないスナック菓子

たこ焼きふうのスナック菓子。どうみてもキャベツには見えない。


最新の投稿


【クイズ・旧車千本ノック】200本目

【クイズ・旧車千本ノック】200本目

実車のディテールに迫る。三択クイズにチャレンジ!


岡田武史 ‐ 古河電工黄金時代を築いたディフェンダー

岡田武史 ‐ 古河電工黄金時代を築いたディフェンダー

ファインダー越しにサッカー界を見つめてきたプロカメラマン今井恭司さんの蔵出し写真と暖かいコラム。今回は「岡田武史 ‐ 古河電工黄金時代を築いたディフェンダー」をお届けします。


カウンタック 25thアニバーサリー | ランボルギーニ - 熟成を究めた最終型【旧車】

カウンタック 25thアニバーサリー | ランボルギーニ - 熟成を究めた最終型【旧車】

ランボルギーニ・カウンタックの最終型、25thアニバーサリーです。キング・オブ・スーパーカーと呼ばれるにふさわしい存在感は時代を経ても色あせません。


シンプリー・レッド/Simply Red - If You Don't Know Me By Now - 1989(1972)年

シンプリー・レッド/Simply Red - If You Don't Know Me By Now - 1989(1972)年

日本人メンバーも在籍したUKソウル・バンドの全米1位ヒット作。 シンプリー・レッドはミック・ハックネル(Vo)を中心に1985年にデビューしたイギリスのロック・バンド。ポップさを保ちつつもソウルやファンクの要素を取り入れたサウンドで人気を集めました。屋敷豪太(Ds)、鈴木賢司(G)など日本人メンバーが在籍したことも話題になりました。2010年に解散しますが、2015年に再結成しています。


【クイズ・旧車千本ノック】199本目

【クイズ・旧車千本ノック】199本目

実車のディテールに迫る。三択クイズにチャレンジ!