512BBi | フェラーリ インジェクション化され扱いやすくなったフェラーリ512BBi

512BBi | フェラーリ インジェクション化され扱いやすくなったフェラーリ512BBi


■スーパーカーブーム当時の3大巨頭の1台!
・モデル名 :512BBi
・世代/形式:-
・メーカー名:フェラーリ(イタリア)
・販売時期 :1976年~1981年
・撮影者  :会長

正しくは水平対向というよりV型180度といわれるエンジン

1970年代後半から始まったスーパーカーブームで、日本中の子どもたちはカウンタックやフェラーリ、ポルシェ、ロータスなどのスーパーカーに熱狂していました。乗ることはおろか、見ることさえ貴重なスーパーカーのイベントが開催されるたびに羨望のまなざしを送っていたのです。

そんなスーパーカーブームがひと段落した1981年に登場したのが、フェラーリ512BBiでした。512BBiは1976年に登場した512BBの後継モデルで、512BBの基本構成はそのままに、厳しくなっていった排ガス規制をクリアするために、燃料供給をウェーバーキャブからボッシュ製のKジェトロニック型メカニカルインジェクションへと変更したモデルです。

512BBiという車名は、排気量が5リッター12気筒を表し、さらにBB=Berlinetta Boxer(ベルリネッタ・ボクサー)は2ドアクーペの水平対向という意味があり、iはインジェクションを表しています。

ボクサーエンジンと言えば、ポルシェやスバルのエンジンが有名ですが、このフェラーリ512BBiは厳密に言うと180度のV型エンジン。本来、水平対向のボクサーエンジンはお互いに向き合ったピストンの上死点と下死点がシンメトリーに動くのですが、フェラーリ512BBiでは、アシンメトリーに動きます。

デザインは先代同様にピニンファリーナとスカリエッティが担当。先代のキャブ仕様の512BBでは、公称の最高出力は360ps/6800rpm、最大トルク46.0kgf-m/4600rpm、最高速度280km/h以上だったのが、インジェクション仕様の512BBiでは、公称の最高出力340ps/6000rpmと20psダウンし、最大トルクは46.0kgf-m/4200rpmだったものの、最高速度は同じでした。

出力・トルク値を公称とあえて書いたのは、当時のスーパーカーは実際の走行性能やサーキットのタイムよりも、自動車メーカーが発表したスペックを信じるしかなかったからです。

シャシーはマルチチューブラーフレームを使い、サスペンションはスポーツカーらしく前後ダブルウィッシュボーン、前後サーボ付きベンチレーテッドディスクブレーキ、タイヤサイズはフロントが215/70-15、リアが225/70-15と、現在のクルマと比べるとタイヤが細くてホイールも小径でした。ホイールはセンターロックタイプで、フェラーリ専用のSST(専用工具)を使う必要があり、ホイールを外すことは容易ではありませんでした。ボディは鉄やアルミ、FRPで構成し、車両重量は1580kgでした。

ボンネットやエンジンフードはボディ最前部、最後部にヒンジがあり、パカっと開く姿はまさにスーパーカーそのもので、圧巻でした。1984年には後継機種のテスタロッサが登場したことで、フェラーリ512BBiの生産は終了するのでした。

クイズ☆エンスーとらのあな

スーパーカーブームを子どものころに経験した少佐。
当時はスーパーカーを見るのも大変で、スーパーカーを見た、街に来たというだけでも一大イベントだったそうです。スーパーカーグッズもたくさん販売されましたね。

【問題】

1981年に発売されたフェラーリ512BBiですが、同じ時期に発売していたフェラーリは次のうちどれ?

・フェラーリ328GTB/GTS
・フェラーリ288GTO
・フェラーリ308GTB/GTS
回答は「倶楽部ミーティング」の下にありますよ♪

倶楽部ミーティング

少佐:カウンタックのライバルのフェラーリ512BBiだね。
やはり私はフェラーリ派だな。

教授:まあ、フェラーリのほうが赤のイメージだもんねw
インジェクションになって始動性も良くなったというけど、一般人はわからない世界だなぁ

少佐:キャブの512BBの場合はエンジン始動時にアクセルペダルを踏んで、シリンダー内にガスを送り込んでからセルを回さなきゃいけない。
しかもアイドリングが安定するまではアクセル操作が必要だったらしい。特に寒い時期には大変だった…と聞いたことがある(=o=;)。

教授:伝聞調になるのは仕方ないねw
512BBiになって始動性が良くなったと、ウソでも言ってみたいものだよ。

少佐:512BBと512BBiを比べるという機会なんてまずないからね(T_T)
そもそも見た目も違いがわかりにくいってのもある。

教授:見た目の違いだけだったらスーパーカー少年ならわかるのでは?

少佐:さすがにもう忘れたよ(;´∀`)

教授:512BBiのヘッドライトは、スーパーカーらしく、リトラクタブル式なんだけど、そのヘッドライトの前にはターンシグナルランプが鎮座してるでしょ。
レンズの色がホワイトはイタリア、ベルギー、スイス仕様で、オレンジなのはイギリス、フランス、ドイツ仕様だったんだよね。

少佐:かなりマニアックな話だな…確かにあれだけレンズの面積があると色は好みがわかれるところかもなぁm9(。・д・。)ビシッ

教授:どっちが好きだとか、欲しいとか想像するのも楽しかった。まあ、実際にカラーを自由に変えることができたのはプラモデルくらいだったけどね。

少佐:ケーニッヒスペシャルが欲しいとかね(。・w・。 ) ププッ

教授:某アイドルグループを指さして、付き合うのならこの子がいいとか言ってるのと、同じロジックだな。

少佐:やっぱりザクⅡよりゲルググだよな、とかな。
ジオングもいいぞ、脚なんて飾りだそうだしな!

教授:偉い人には分からんのです!って?
ハイハイ、そういうのと同じかwww

【回答】

・フェラーリ308GTB/GTS

フェラーリ308GTB/GTSは、ディーノ246GTリーズの後継車として、1975年から1985年にかけて販売していました。2シーターのミッドシップで、2900ccの90度V型8気筒DOHCエンジンを搭載していました。

GTBのBはベルリネッタの略で、高性能の屋根付きクーペで、GTSのSはスパイダーで、オープンカーの意味があり、308GTBはラリーでも活躍しました。

インジェクション化された308GTBi/GTSiが発売されたものの、牙を抜かれたフェラーリとして不評を買い、4バルブ化したクワトロバルボーレとして復活しました。

関連する投稿


500 | アバルト - トレードマークのサソリがアツい走りをイメージさせる

500 | アバルト - トレードマークのサソリがアツい走りをイメージさせる

イタリアの国民車フィアット500をカリカリにチューニングして人気を博していたのが、カルロ・アバルト率いるアバルト社だ。


500 | フィアット - ルパン三世の愛車というイメージが強い

500 | フィアット - ルパン三世の愛車というイメージが強い

イタリアの国民車、フィアット500のタイプFだ。レモンイエローの500というと、やはりルパン三世の愛車というイメージが強いね。「カリオストロの城」で乗っていたのがこれだ。


サニー | 日産 - 後期型の最強モデル、1200GX-5

サニー | 日産 - 後期型の最強モデル、1200GX-5

小型軽量でスポーティなので今でも人気が高い、B110型2代目サニー。これは後期型の最強モデル、1200GX-5。5MTは「直結」と呼ばれるタイプのミッションだ。


グロリア | 日産 - タテグロの愛称で呼ばれる3代目

グロリア | 日産 - タテグロの愛称で呼ばれる3代目

縦目グロリア、タテグロなどの愛称で呼ばれる3代目グロリア。


コロナ | トヨタ - アローラインと呼ばれる傾斜したフロントノーズが特徴的

コロナ | トヨタ - アローラインと呼ばれる傾斜したフロントノーズが特徴的

アローラインと呼ばれる、傾斜したフロントノーズが特徴的な3代目コロナだ。


最新の投稿


500 | アバルト - トレードマークのサソリがアツい走りをイメージさせる

500 | アバルト - トレードマークのサソリがアツい走りをイメージさせる

イタリアの国民車フィアット500をカリカリにチューニングして人気を博していたのが、カルロ・アバルト率いるアバルト社だ。


昭和 死語の世界 ~ダビング~

昭和 死語の世界 ~ダビング~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回は好きな音楽や映画が見たいと、誰もが躍起になった行為、「ダビング」をご紹介しよう。


シボレーインパラ 1959

シボレーインパラ 1959

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回は古き良きアメ車の雰囲気を色濃く感じるシボレー・インパラをご紹介。


【クルマニアックイズ】281本目

【クルマニアックイズ】281本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


【クルマニアックイズ】280本目

【クルマニアックイズ】280本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!