S500|ホンダ - 初の普通乗用車は高性能スポーツクーペ

S500|ホンダ - 初の普通乗用車は高性能スポーツクーペ


■2輪の世界で名を知らしめたホンダ初の普通乗用車S500
・モデル名 :S500
・世代/形式:
・メーカー名:ホンダ
・販売時期 :1963年~1964年
・生産台数 :約500台

時計のように精密な、日本初の水冷DOHCエンジンを搭載

日米初のテレビ中継の実験が成功し、アニメ『鉄腕アトム』の放送が開始された1963年(昭和38年)に、ホンダ初の四輪車S500は誕生しました。それまでのホンダは、世界グランプリで頂点を極めるなど、2輪の世界で確固たる地位を築き上げ、“世界のホンダ”として名を轟かせていました。

四輪部門への参入は創業者である本田宗一郎の長年の夢でもあり、それを具現化したのがS500!
45万9000円というオープン2シーターのスポーツモデルとしては驚くほどの低価格で販売されました。ちなみに同時期に発表された軽自動車のスポーツカーである、S360は発売にはいたりませんでした。

エンジンは排気量531ccの直列4気筒の4サイクルで、水冷式のDOHCを日本車として初めて採用。各気筒にCVキャブレターを配置し、等長エキマニ、アルミ製エンジンブロックを採用し、最高出力は44ps/8000rpmの超高回転型エンジンでした。
4速MTと675kgという軽量ボディも相まって、ワンクラス上のスポーツカーを凌駕する加速性能を誇り、最高速度は130km/h以上を達成。

S500には二輪のメカニズムもふんだんに取り入れられ、たとえばドライブシャフトではなく、左右それぞれをチェーンで駆動するFRドライブを使うなど、ホンダ独自のアイデアが詰まっていました。

輸出も考えられていたS500ですが、海外で勝負するにはパワーが足りないということで、排気量をアップさせたS600、S800へとバトンを渡すのでした。

クイズ☆エンスーとらのあな

最近、CS放送のレストア番組を毎週録画して欠かさず見ているIT。
おやじ達にアテられてすっかり旧車に興味深々になってきたITといっしょに、マニアックなクイズに挑戦しましょう!

【問題】

ホンダ初の四輪乗用車として発売されたS500。当時の売出価格は本文にもあるように45万9千円でしたが・・・当時としては異例中の異例、ある画期的な方法で価格が決められました。その方法とはいったい?

・新聞で「価格クイズ」を出題し、その応募結果をみて決められた
・原価を積み上げていって、一定の利益を乗せた価格に決められた
・北米に輸出し1,275ドルで売る計画に合わせて邦貨換算で決めた

倶楽部ミーティング

ミノ:ホンダ初の乗用車S500は、もうヘリテージカーだね。

IT:走ってるのも中古車で販売しているのも見かけませんねww

ミノ:さすがにこのあたりになるとねえ・・・そうそう、東京オートサロン2018で初めて開催されたBH AUCTIONっていうのがあったんだけど、そこではS800が850万円で落札されたんだってね。
さらに手数料10%かかるから935万円だってさ。

IT:Σ(´∀`;)
まあでも、S800は1000台以上販売されていたのに対して、S500は半分以下の500台だから…さらに希少価値があるでしょうね(゚A゚;)ゴクリ
S600やS800は中古車でもそこそこ見つかるけど、S500は出回ってないですね。

ミノ:残念だなぁ。売ってたら現金で買おうと思ったのに!

IT:えっ? いつものラジコンやモデルカーだというオチじゃなくて?

ミノ:先に言うなよなぁ。

IT:軽自動車になりますけど、S660っていう手もありますよ。

ミノ:悩むなぁ(´へ `;) う~~ん

IT:悩んでいるポイントは、車種じゃなくて金額のことですか?

ミノ:どう考えてもそっちのほうが大きな悩みだろ・・・ガクッ
(゚ω゚)チーン

【回答】

・新聞で「価格クイズ」を出題し、その応募結果をみて決められた

1963(昭和38)年6月16日の新聞で「価格クイズ」として市場調査が行われました。
最も応募が多かったのは「48万5千円」だったのですが、さらにそこから3万円弱下げて45万9千円に設定されたのだそう。
夢のスポーツカーを、庶民がリアルにイメージできるような値段で出すことにこだわったようです。

関連する投稿


クラウン 2ドアHT 2000スーパーサルーン │ トヨタ - クラウンロイヤル始まりの1台

クラウン 2ドアHT 2000スーパーサルーン │ トヨタ - クラウンロイヤル始まりの1台

トヨタ・クラウンの5代目、S8#/9#/10#型です。4代目の前衛的なクジラクラウンから、ユーザーが求める重厚感をより強調する形に戻した、その後のクラウンの路線を方向づけた1台。サクラオートヒストリーフォーラム2018にて撮影。


1600GT │ トヨタ - 名車2000GTの弟分

1600GT │ トヨタ - 名車2000GTの弟分

トヨタの1600GT、RT55型です。地味な見た目ですが、日産GT-Rと覇を競った実力派レースカー!とはいえ、それが原因で悲劇にも見舞われるわけですが…。越後丘陵公園クラシックカー展2017にて撮影。


スカイライン2000RS | 日産 - スカイラインはやっぱり最強のスポーツカーでなきゃいけない

スカイライン2000RS | 日産 - スカイラインはやっぱり最強のスポーツカーでなきゃいけない

久しぶりのDOHCエンジン復活で、スカイライン覇権の夢を再び!


ヒルマンミンクス │ いすゞ - 商用車メーカーを乗用車メーカーに変えた車

ヒルマンミンクス │ いすゞ - 商用車メーカーを乗用車メーカーに変えた車

いすゞのヒルマンミンクスPH100型です。英国車であるヒルマンミンクスを、いすゞが完全ノックダウン方式で作った車。この1台でいすゞは乗用車の技術を学び、以後名車を作り出していくことになります。クラシックカーフェスティバル in 所沢2017にて撮影。


スプリンタークーペ・トレノ1600GT │ トヨタ - 排ガス規制を乗り越えた二代目トレノのスペシャルエディション!

スプリンタークーペ・トレノ1600GT │ トヨタ - 排ガス規制を乗り越えた二代目トレノのスペシャルエディション!

トヨタ・スプリンタートレノの2代目、中期型に当たるTE61型です。写真の車は限定カラーのブラックトレノ。排ガス規制に揺れ、いったん消え、また復活するという不思議な運命をたどった車です。サクラオートヒストリーフォーラム2018にて撮影。


最新の投稿


昭和の銭湯建築 東京・月島湯

昭和の銭湯建築 東京・月島湯

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回はもんじゃの街として有名な東京は月島にあった銭湯、月島湯をご紹介!


クラウン 2ドアHT 2000スーパーサルーン │ トヨタ - クラウンロイヤル始まりの1台

クラウン 2ドアHT 2000スーパーサルーン │ トヨタ - クラウンロイヤル始まりの1台

トヨタ・クラウンの5代目、S8#/9#/10#型です。4代目の前衛的なクジラクラウンから、ユーザーが求める重厚感をより強調する形に戻した、その後のクラウンの路線を方向づけた1台。サクラオートヒストリーフォーラム2018にて撮影。


クロモジの黒文字!?楊枝の話です。

クロモジの黒文字!?楊枝の話です。

あるときは食べ物を食べる道具として、またあるときは歯に挟まったのを取るのに重宝する楊枝。甘味処や和菓子に用いるときはその名を変える。庶民文化研究の大家 町田忍さんにそのあたりの話を聞いた。今回も庶民文化研究所収蔵のコレクションとともに。


昭和に散ったアイドル系死語 ~のりピー語大辞典~

昭和に散ったアイドル系死語 ~のりピー語大辞典~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回は昭和を代表するアイドル系死語。その中でも異彩を放つのりピー語の世界をご紹介しよう。


1600GT │ トヨタ - 名車2000GTの弟分

1600GT │ トヨタ - 名車2000GTの弟分

トヨタの1600GT、RT55型です。地味な見た目ですが、日産GT-Rと覇を競った実力派レースカー!とはいえ、それが原因で悲劇にも見舞われるわけですが…。越後丘陵公園クラシックカー展2017にて撮影。