昭和っぽい佇まいの町田家をジオラマで再現

昭和っぽい佇まいの町田家をジオラマで再現

庶民文化研究の大家町田忍さんがNHKの「梅ちゃん先生」で使われたジオラマの製作者・山本高樹さんと共作したジオラマを紹介。 ちょー精巧なミニチュア「町田さんの生家」をご覧あれ!


町田さんの傑作ジオラマが3点も!

庶民文化研究所の町田忍所長とジオラマ「明神湯」

ある日、いつものように町田さんとお話していると、町田さんからこんなご提案をいただいた!

町田:昭和レトロなのが人気なんだったら、ジオラマとかどう?すごいのあるんだけど…。

かつて町田さんが「スゴイ」といったものでそうでなかったものなどあっただろうか…いや、ない…これはなんとしても見せてもらわなければと思い、今回の取材と相なったのであった。

………だが、ご提案いただいてから取材までしばらく間が空いてしまったゴル横取材班。
その間にちょこちょこと町田さんが写真を送ってきてくれる。どうやら町田さんにとってもご自慢の作品なのだろうw

そして、取材当日。
ゴル横取材班が町田さんの家に行くと、そこにはとんでもないものがあったのであった!それがこちら!

町田家
江戸の銭湯
明神湯

上から町田さんの生家、江戸時代の銭湯、そして現存する銭湯「明神湯」。
いずれも昭和っぽさがぷんぷんのジオラマである。

町田さんのことだから、すごいクオリティーのジオラマが出てくるとは思ったが、ここまで昭和とは…
なんでも、NHKの朝ドラ「梅ちゃん先生」のオープニングに使われたジオラマを作成したジオラマ作家・山本高樹さんとの共作なんだとか。
町田さんが図面を引き、それを山本さんがジオラマに起こし、さらに二人で着色して作り上げたそうな。
山本さんのジオラマもスゴイけど町田さん、今さらだけどあなたは何者ですか?(;´∀`)

ていうかそんな高名なジオラマ作家さんとお知り合いだったんですね…オヤジが憧れるオヤジことフラット4創始者の小森隆さんといい、ホント人脈広いわ…( ´Д`)=3イケオジのいるところにイケオジあり、ということですねw

今回はこのジオラマをもとにお話をたっぷり伺ってきたので、ご紹介しよう!

記憶をもとに作り上げた町田さんの生家!丸出しの昭和が懐かしい

ジオラマになった町田少年

町田さんの生家は、今現在あるご自宅と同じ位置に戦後建てられたそう。写真にもあるとおり、町田さんが少年時代を過ごした家を記憶をもとに再現したのがこちら!
では、そのこだわりっぷりの細部を紹介していこう。

町田さんの記憶をもとに生家の細部が蘇る

まずはこの外観。こういう板を貼り付けた感じの建物って、特に戦後すぐの時代なんかはずいぶんあったはずだ。我々ゴールデン世代でも馴染み深いのではないだろうか。ちなみに、この板を貼り付けた壁のことを下見板張りというらしい。
このおじさんはというと、汲み取りのおじさんなんだとか。昭和30年前後、バキュームカー登場までは汲み取りは柄杓で行う、この形式だったそうだ。…それはなかなかに大変なお仕事だねぇ…(;´∀`)
そして、ここからがこのジオラマの真骨頂!なんと屋根が取れて、内部が見えるのである!

町田家間取り

母屋にくっついていた台所もこのとおり、内部までしっかり作り込まれている。母屋に後から増築したため、地面はいわゆる土間のような感じになっていて、ガスコンロのほかに七輪が置かれていたそうな。

母屋

母屋にはちゃぶ台と押入れ、そしてラジオが見受けられる。さらによく見ると、押入れに誰かが寝ている!?

押入れと父

こちらは警察官をされていた町田さんのお父さん!夜勤なんかもあり、暗くして寝たいということで押入れでよく寝ていたんだそうだ。こんなところまで再現するとはさすがの記憶力、さすがのこだわりである!

現在の町田家

こちらが現在の町田さんのご自宅。この場所にあのジオラマの家が建っていたんだと思うとより感慨深くなるものだ。
正直、このジオラマを見ていて、自分もかつて住んでいた懐かしい生家をジオラマで再現してみたくなった。きっと、それを眺めながら、「この場所ではよくこんなことしたなぁ…」だったり「この場所で転んだんだよな」みたいな思い出話が止まらなくなるんだろうなぁ…( ´―`)フゥー...

街灯

ミノ:この板張りの感じとか、この電柱の感じとか、懐かしいなぁ!www

ポン:ホント、スゴイわね、この再現度!

町田:この街灯さ、今、ほとんどないよね。ちなみにこういう街灯、どうやって点けるか知ってる?今は自動だけど。

IT:えっ!?自動じゃないんですか?

町田:これね、スイッチがあって、気づいた人が点けるんだよwwww
ほら、ここにスイッチあるでしょ?w

街灯にスイッチ。気づいた人が明かりを灯す

IT:こんなところまで精巧に!wwwww

ポン:ていうか手動ってことに驚きだわ…(-_-;)


今回は町田さん自慢のジオラマの中から、町田さんの生家のジオラマをご紹介したが、いかがだっただろうか?本当に精巧に作られているので、直接見たら「こんな家あったあった!」と懐かしくなること請け合いである!

町田忍とジオラマ | 昭和の香りを感じる現存する銭湯「明神湯」

https://goldenyokocho.jp/articles/730

今回は今なお同じ姿で現存する銭湯「明神湯」さんの昭和の姿を再現したジオラマをご紹介!

関連する投稿


砲弾型手押しポンプ

砲弾型手押しポンプ

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回は水道の発達以降、見かけることが少なくなった井戸の手押しポンプをご紹介。


アイスのコーンについてるアレ。「コーンスリーブ」

アイスのコーンについてるアレ。「コーンスリーブ」

夏はもちろん、冬でもなんだか食べたくなる魅惑のおかし、アイスクリーム。お出かけ先で両親に買ってもらって大喜び!なんて思い出が誰にでもあるはず。今回はそんなアイスクリームの思い出がよみがえる「コーンスリーブ」について、庶民文化研究所所長・町田忍さんに教えてもらった。


銀座の象徴・和光時計台

銀座の象徴・和光時計台

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。銀座の街を見守り続けるシンボル、銀座和光の時計台を紹介しよう。


道頓堀の名物「くいだおれ太郎」

道頓堀の名物「くいだおれ太郎」

ド派手な紅白衣装に身を包み、陽気な浪速の人々を見守り続け、愛される「くいだおれ太郎」。もはや日本一と言っても過言ではないほどの知名度を誇る大阪のシンボルの歴史と謎を、庶民文化研究所所長・町田忍さんの解説で解き明かします。


手肌ケアの代名詞「メンソレータム」

手肌ケアの代名詞「メンソレータム」

手肌を保護し、うるおいを与えるハンドケア製品といえば、「メンソレータム」。パッケージに描かれたかわいい女の子は誰もが知るはず。今回は、メンソレータムの歴史を庶民文化研究所・町田忍さんのコレクションから紹介しよう。


最新の投稿


【クルマニアックイズ】402本目

【クルマニアックイズ】402本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


コンテッサ | 日野 – リアエンジンならではグリルレスなフロント

コンテッサ | 日野 – リアエンジンならではグリルレスなフロント

コンテッサはリアに搭載したエンジンで後輪を駆動するリアエンジン・リアドライブレイアウトを採用していた。


【クルマニアックイズ】401本目

【クルマニアックイズ】401本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


砲弾型手押しポンプ

砲弾型手押しポンプ

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回は水道の発達以降、見かけることが少なくなった井戸の手押しポンプをご紹介。


【クルマニアックイズ】400本目

【クルマニアックイズ】400本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!