あなたはもう忘れたかしら…?青春が蘇る神田川ジオラマ情景

あなたはもう忘れたかしら…?青春が蘇る神田川ジオラマ情景

名曲「神田川」を彷彿とさせる昭和の街並み。庶民文化研究の第一人者町田忍さんと、ジオラマ作家の山本高樹さんがジオラマで再現!


洗い髪を芯まで冷やしちゃダメダメ~!あのころの神田川を再現

神田川を再現

町田さんとジオラマ作家の山本高樹さんとの共作となるジオラマをご紹介しようと思う。題材は「神田川」。
今回は建物ではなく、街並みである。
神田川と聞いて昭和世代が思い浮かべるものといえば、あの南こうせつ率いるかぐや姫の「神田川」ではなかろうか…。
では、その神田川を歌いながらご覧くださいw

神田川の世界観が再現される

赤い手拭いをマフラーに目指すは「よこちょの風呂屋」

神田川にかかる橋。
家々に明かりが灯りはじめる黄昏時。
風呂なしのアパートで暮らす恋人たちが銭湯を目指す。
歩幅の大きな彼に追いつこうと、小走りで近づく彼女。
首元にはマフラー代わりの赤い手拭い。
そんな二人の脇をおでんの屋台が通り過ぎていく………

うーん…いい( ・∀・)イイ!!
まさにあの「神田川」のシーンそのままである!

この川沿いに建つ木造の家屋もリアルこの上ないねw
最近では見ることも少なくなってきた屋台もいい味を出している。この屋台が風呂上がりにも営業していたら、この二人はおでんと熱燗で体を温めるのだろう…。

さて次、行ってみよう!

洗い髪も芯まで冷えて

仲良く銭湯に入っていく二人。
番台で男湯と女湯に別れ、しばしの別れ。
寒さで縮まった体を広い湯船で存分に伸ばす二人。
もしかしたら男湯と女湯の仕切り越しに声をかけ合ったりしていたかもしれない…
『もう上がるよ』そうひと声かけて先にあがる彼女。
風呂屋の前で待つが、彼はなかなかあがってこない。
いつも待たされる私。
湯船で温まった体はたちまち冷え、洗い髪が芯まで冷えていく。

で、この宮造りの銭湯の姿こそが、以前紹介した明神湯さんの型を利用したもの。
明神湯さんに限らず、関東大震災以降の東京の銭湯は宮造りが基本。
そんなわけでジオラマの型を流用できるそう。

壁に貼られたたばこの広告も懐かしい。
…あ、そういえばまた値上がりしたな、たばこ(´・ω・`)
ちなみにこの時代(1973年ころ)のたばこの値段は100~150円程度。銭湯50円代から70円代程度。うーん、いろいろいい時代( ´―`)フゥー...

二十四色のクレパス買って笑う二人の声も聞こえてくるよう

うまく描いてねって言ったのに

小さなアパート。貧乏暮らし。
それでも二人でいれば幸せだった。
気ままにフォークギターを鳴らして歌ったり、二十四色のクレパスで戯れに似顔絵を描いたり…。
「うまく描いてね」と微笑んだけど、できた絵はちっとも似てなくて、その絵を見てまた二人で笑う。
そんな二人の横を神田川はただ静かに流れていく。
あのクレパスはもう捨ててしまったのかな…若かったあのころ…怖いくらいに幸せだった。


あのころはフォークソングが流行っていて、学生運動も盛んだった。
学生はだいたい貧乏暮らしで小さな部屋で暮らしていたものだ。
でもなぜだか幸せな感じがするのは、思い出を美化しているところもあるのかもしれないけどやっぱりいい時代だったと思う。

となんだかメランコリックな気持ちになってきたので、ここからはこのジオラマのさまざまなカットをザクザク紹介していこうと思う。

全景

こちらがジオラマ「神田川」の全景。
見事に神田川沿いの一区画が再現されている。
六畳一間の安アパートや、昔ながらの書店、そして遠くを走る電車まである。
この神田川の情景の主役である大学生カップルがパッと見ただけで三組いる。が、分身の術じゃないぞ!さまざまなカットを再現しているだけなので、野暮なツッコミは控えていただきたいw

神田川路地

神田川の情景を三眼するためのそのこだわりようは凄まじく、こんな路地裏ひとつ取っても、あのころを思い出させる力がある。
そうそう、こんな入り組んだ路地がそこら中にあって、そこら中で近所の人が話し込んでいたんだよな。

神田川の世界が蘇る

こちらのカットでは、川べりに屯するおっさんたちも再現されている。
なんかこうやって人が集まる場所って、なぜだか確かにあった気がするwあれはなにを話していたんだろうか…今では場外馬券場か喫煙所でしか見ないかもしれないwww

これまで町田さんと山本さんによるジオラマとして紹介してきた「町田さんの生家」「明神湯」「江戸の銭湯」など、建物一軒のジオラマと比べて、今回の作品「神田川」は、町並みを再現したジオラマとして、よりあのころを強く思い起こさせる力があるみたいだ。
こんなのが家にあったら、ホントにずーっと眺めていられそうだよねw


町田:(明神湯のジオラマを見ながら)これの型使って、山本さんこんなん作ってんの!

一同:うおーーーーーーーー!

ポン:町並みっていうのがいいですねぇ、コレ!

ミノ:ホント、まんま神田川の世界じゃないですか!www
これ、紹介したいなぁ…。

町田:いいよ!確認するよ。
もしもし山本さん?いま、ジオラマの取材受けてんだけど………………
オッケーだって!w

IT:あいかわらずの行動力!www

町田:これ、山本さん、完全に趣味で作って未発表だから、ぜひ紹介してほしいって!
『どっかで展示してくんないかな~…|д゚)チラッ』だってw

ポン:趣味なんだw
これ、実物見たいからぜひ展示してほしいわぁ…


というわけで、こちらのジオラマは山本さんが所有している写真を元にご紹介させてもらっています。売ることなどは考えず、ただ作りたいから作ったこちらのジオラマ。
もしかしたら山本さんのそういう純粋な気持ちが投影されているからこそ、ここまで心を打つ作品になっているのかもしれない。あー、これホント生で見たい!
山本さんのツイッターで作品をいっぱい発表しているので、見てみると昭和にタイムスリップできるかもw

山本 高樹@仕事受付中 https://twitter.com/kahu2017

町田忍とジオラマ | 昭和を感じる町田家をジオラマで再現

https://goldenyokocho.jp/articles/729

今回は町田さんがNHKの「梅ちゃん先生」で使われたジオラマの製作者・山本高樹さんと共作したジオラマの中から、ちょー精巧な町田さんの生家をご紹介します!

町田忍とジオラマ | 昭和の香りを感じる現存する銭湯「明神湯」

https://goldenyokocho.jp/articles/730

今回は今なお同じ姿で現存する銭湯「明神湯」さんの昭和の姿を再現したジオラマをご紹介!

ジオラマ | 昭和どころか江戸!?江戸時代の銭湯とは?

https://goldenyokocho.jp/articles/692

今回は昭和の世界から一気にタイムスリップして、なんと江戸時代の銭湯ジオラマをご紹介!江戸の風俗を細かく再現したジオラマに大興奮間違いなし!

町田忍とジオラマ | 湯船の語源を知ってるかい?実は湯船なんだ…w

https://goldenyokocho.jp/articles/731

今回は再び江戸時代にタイムスリップして、ちょっと珍しい当時の銭湯のひとつ、舟型の銭湯である大江戸湯船をご紹介しようと思う。相変わらずのハンパないクオリティーを楽しんでほしい!

ゴールデン横丁の仲間たち | 町田 忍(まちだ しのぶ)

https://goldenyokocho.jp/articles/677

ありとあらゆる庶民文化に精通し、膨大なコレクションとエピソードをお持ちの「庶民文化研究所」所長、町田忍さん。 昭和レトロそのもののような町田さんの研究所にお邪魔し、膨大なコレクションから懐かしいアイテムをピックアップ。懐かしいエピソードや知られざる裏話、さらに華麗なる交友録までお届けします。

関連する投稿


砲弾型手押しポンプ

砲弾型手押しポンプ

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回は水道の発達以降、見かけることが少なくなった井戸の手押しポンプをご紹介。


アイスのコーンについてるアレ。「コーンスリーブ」

アイスのコーンについてるアレ。「コーンスリーブ」

夏はもちろん、冬でもなんだか食べたくなる魅惑のおかし、アイスクリーム。お出かけ先で両親に買ってもらって大喜び!なんて思い出が誰にでもあるはず。今回はそんなアイスクリームの思い出がよみがえる「コーンスリーブ」について、庶民文化研究所所長・町田忍さんに教えてもらった。


銀座の象徴・和光時計台

銀座の象徴・和光時計台

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。銀座の街を見守り続けるシンボル、銀座和光の時計台を紹介しよう。


道頓堀の名物「くいだおれ太郎」

道頓堀の名物「くいだおれ太郎」

ド派手な紅白衣装に身を包み、陽気な浪速の人々を見守り続け、愛される「くいだおれ太郎」。もはや日本一と言っても過言ではないほどの知名度を誇る大阪のシンボルの歴史と謎を、庶民文化研究所所長・町田忍さんの解説で解き明かします。


再開発が進む葛飾区・金町で決意のリニューアルオープン!“温故知新”の下町銭湯『金町湯』さん

再開発が進む葛飾区・金町で決意のリニューアルオープン!“温故知新”の下町銭湯『金町湯』さん

早くも10月、行楽の秋。緊急事態宣言が解除されたとはいえ、遠くへ行くのはまだちょっと気がひける…という方、お近くの銭湯はいかが?今回の舞台は東京のイーストエンド、23区で最大規模の公園・水元公園にも近い葛飾区・金町です。


最新の投稿


コンテッサ | 日野 – リアエンジンならではグリルレスなフロント

コンテッサ | 日野 – リアエンジンならではグリルレスなフロント

コンテッサはリアに搭載したエンジンで後輪を駆動するリアエンジン・リアドライブレイアウトを採用していた。


【クルマニアックイズ】402本目

【クルマニアックイズ】402本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


【クルマニアックイズ】401本目

【クルマニアックイズ】401本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


砲弾型手押しポンプ

砲弾型手押しポンプ

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回は水道の発達以降、見かけることが少なくなった井戸の手押しポンプをご紹介。


【クルマニアックイズ】400本目

【クルマニアックイズ】400本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!