江戸の銭湯文化がジオラマで蘇った!

江戸の銭湯文化がジオラマで蘇った!

庶民文化の第一人者にして銭湯文化の大家、町田忍さん。今回は昭和の世界から一気にタイムスリップして、なんと江戸時代の銭湯をジオラマでご紹介!ジオラマ作家山本高樹さんとの共作、江戸の風俗を細かく再現したミニチュアに大興奮間違いなし!


日本人の風呂好きは江戸時代も同じ!

江戸の銭湯と庶民文化研究所の町田忍所長

今回はなんと、江戸時代の銭湯をご紹介!どうやら町田さん、かなりのこだわりがあるらしく、なんと当時の浮世絵を見て、内部まで相当作り込んでいるそうな…。
では、そんな謎に満ちた江戸の銭湯をご紹介して行こう!

まずは一階、男女混浴、隔たりなし!

銭湯一階

まずは一階部分から。
画面奥から番台と脱衣所、そして洗い場、一番奥が湯船になっている。
ちなみに、初期の銭湯は湯がなく蒸気浴が一般的だったそうなので、後期のお風呂のようだ。

この銭湯は混浴のようなので、湯船や洗い場はもちろん、脱衣所だって男女兼用。
さらに、入り口からは洗い場も丸見えというおおらかさwうーん、現代のオヤジにはうらやましいことこの上ないねwww
では、まずは洗い場について紹介しよう!

洗い場、奥には石榴口

洗い場には体を洗う侍のような男性や、髪を洗う女性、さらには三助や湯女などがいる。
そして、気になるのは鳥居のような門。

これは石榴口といって、湯船へと通じる入り口なのだとか。
なんでも当時はお湯が貴重だったので、お湯をほとんど変えなかったそうな。そんな事情もあって、お湯の温度を下げないためにも、入り口を狭くしていたらしい。
内部はというと、こんな感じ!

石榴口の向こうに湯船

混浴

ご覧のように、当然湯船も混浴。
ジオラマでは明るいが、入り口も狭ければ窓もなく、真っ暗だったのだとか。
混浴で真っ暗とかドキドキしちゃうぜ(*´﹃`*)

銭湯のメインであるお風呂場はだいたいこんな感じだが、当時の銭湯には二階もあり、そちらも江戸の文化をよく表していたようなので、そちらも紹介しよう。

江戸の銭湯文化が二階に

江戸の銭湯二階へ

こんな感じで二階は男性専用のサロンになっていたそう。
なんとも男性だけ…というのが時代を感じるね。鍵付きのロッカーや、侍の魂である大刀を預ける場所なんかもある。
こういう場所で江戸の男たちは風呂上がり、囲碁や将棋を指しながら情報交換を行っていたそうな。
ちなみに、女性もいるがこちらは洗い場にも登場した湯女である。
そして、この絵を見てみんなが気になっているであろう、ふんどし姿で這いつくばってる男性の姿!www

江戸の銭湯

この下には浴室がある…
つまり、そういうことであるw

といってもこのジオラマの銭湯は混浴なので、実はこういうのぞき窓はないのだそう。
男女別の銭湯にはこれが実際にあったらしく、再現したそう。…というか男女別のほうにのぞき窓があるほうが闇が深いよねwww

湯女も実際のところ、いわゆる男性へのサービスをしていたそうで、男性の数が圧倒的に多い江戸時代はこういうサービスも増えちゃうんだね。今なら絶対女性蔑視で存在できないわ、コレ…。そんな時代なわけだから、よりハードにこんなサービスもあったりしたそうな…。

江戸の銭湯と湯女

オヤジたちには懐かしい響きである、いわゆる「☓☓☓の間」も当時の銭湯にはあったらしい。
ここに気に入った湯女を連れ込むのだとか。…あーこの回、公開できるのかな?(;・∀・)

ここまででもかなりの江戸風俗知識を紹介してもらったが、さらにジオラマを介して町田さんから様々な江戸風俗を教えてもらった!たとえば、コレ!

江戸の銭湯と毛切り石

こちらは体を洗っている男性だが、その横。
なにやら石のようなものがある。

これは「毛切り石」という石で、なんとアソコの毛を処理するためのもの。
清潔感を大事にしていた江戸っ子は尻を端折ったときにふんどしから毛がはみ出ないように銭湯でアソコの毛を処理していたんだとか!さすが江戸っ子!身だしなみも粋ですな!

ちなみに、町田さんは実践済みだそう…自ら体験してみるとは流石であるwww

江戸の銭湯と広告

サロンのみならず、銭湯内のいろんな場所に貼られたこのお札!
これはなんといわゆる広告だったのだとか!落語の公演や商店の紹介など実にさまざま!
江戸の町にも広告文化があったんだなぁ…となんとも不思議な気分になった(゚A゚;)

おかげ犬

銭湯ではないが、こちらの犬にもビックリ!このワンちゃん、名をおかげ犬といって、当時はやっていたお伊勢参りを人間に代わって行ってくれた犬だそうな…。
当時はお伊勢さんまで詣でるのは相当に金と時間が掛かったわけで、自分たちで行けない庶民たちがお金を出し合って、代わりに犬に詣でてもらっていたのだとか。道中は見かけた旅人が犬のお世話をしてくれたというから、昭和以上に人との繋がりがあったかかったんだなぁ…となんだかホッコリした文化だった(*´ω`*)

江戸にあった!?銭湯の代名詞「ペンキ絵」のはじまり

関連する投稿


砲弾型手押しポンプ

砲弾型手押しポンプ

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回は水道の発達以降、見かけることが少なくなった井戸の手押しポンプをご紹介。


アイスのコーンについてるアレ。「コーンスリーブ」

アイスのコーンについてるアレ。「コーンスリーブ」

夏はもちろん、冬でもなんだか食べたくなる魅惑のおかし、アイスクリーム。お出かけ先で両親に買ってもらって大喜び!なんて思い出が誰にでもあるはず。今回はそんなアイスクリームの思い出がよみがえる「コーンスリーブ」について、庶民文化研究所所長・町田忍さんに教えてもらった。


銀座の象徴・和光時計台

銀座の象徴・和光時計台

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。銀座の街を見守り続けるシンボル、銀座和光の時計台を紹介しよう。


道頓堀の名物「くいだおれ太郎」

道頓堀の名物「くいだおれ太郎」

ド派手な紅白衣装に身を包み、陽気な浪速の人々を見守り続け、愛される「くいだおれ太郎」。もはや日本一と言っても過言ではないほどの知名度を誇る大阪のシンボルの歴史と謎を、庶民文化研究所所長・町田忍さんの解説で解き明かします。


再開発が進む葛飾区・金町で決意のリニューアルオープン!“温故知新”の下町銭湯『金町湯』さん

再開発が進む葛飾区・金町で決意のリニューアルオープン!“温故知新”の下町銭湯『金町湯』さん

早くも10月、行楽の秋。緊急事態宣言が解除されたとはいえ、遠くへ行くのはまだちょっと気がひける…という方、お近くの銭湯はいかが?今回の舞台は東京のイーストエンド、23区で最大規模の公園・水元公園にも近い葛飾区・金町です。


最新の投稿


コンテッサ | 日野 – リアエンジンならではグリルレスなフロント

コンテッサ | 日野 – リアエンジンならではグリルレスなフロント

コンテッサはリアに搭載したエンジンで後輪を駆動するリアエンジン・リアドライブレイアウトを採用していた。


【クルマニアックイズ】402本目

【クルマニアックイズ】402本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


【クルマニアックイズ】401本目

【クルマニアックイズ】401本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


砲弾型手押しポンプ

砲弾型手押しポンプ

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回は水道の発達以降、見かけることが少なくなった井戸の手押しポンプをご紹介。


【クルマニアックイズ】400本目

【クルマニアックイズ】400本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!