プログレの代名詞キング・クリムゾン来日!半世紀にわたって作り続けた「前例のない音楽」

プログレの代名詞キング・クリムゾン来日!半世紀にわたって作り続けた「前例のない音楽」

結成50周年を迎えたプログレッシブ・ロックの代名詞が8人のトリプル・ドラム編成で3年ぶりに日本にやってきます。1969年のデビューから「前例のない」新しい音楽を作り続けてきたバンドの方法論とは?


YouTube 出典:DGM Live - King Crimson

本日の曲:King Crimson - 21st Century Schizoid Man

1stアルバム『クリムゾン・キングの宮殿』に収録されているバンドの代表作のひとつ。イントロのサックスとギターの印象的なリフ、重層的なビート、即興演奏を交えながらドラマティックに展開する楽曲など、クリムゾンらしさが満載の作品です。映像は2015年のツアーより。

ジャケットも音も衝撃的なプログレ入門盤『クリムゾン・キングの宮殿』

北中さん:今回はプログレッシブ・ロックの話をしましょう。

店番  :ん? なんだか、唐突なはじまりですね。

北中さん:そうですか?プログレの奥の院とも言うべきキング・クリムゾンの来日公演も近いので、語るにはいいタイミングだと思いますよ。

店番  :キング・クリムゾンといえば、リーダーのロバート・フリップの顔を思い浮かべるだけで、難しそうな音楽という先入観にとらわれる人もいると思うんですが?

北中さん:たしかに、彼はにこやかな顔の写真より、何か難しそうなことを考えているような顔の写真が多いですね。

店番  :プログレを聞くなら、まずはこれだと先輩にすすめられて買ったのは1969年発表の『クリムゾン・キングの宮殿』でした。そのアルバムは、ジャケットからしてムンクの叫びの絵以上に「普通じゃないぞ」と主張しているようでした。重厚なサウンドや変拍子のリズムと象徴詩みたいな歌詞にびっくりしました。

ジャケットもインパクトがある『クリムゾン・キングの宮殿』 Photo: JFHayeur

北中さん:前例のない音楽でしたからプログレッシブ(進んでいる)・ロックの代名詞みたいなグループとみなされたわけです。その段階では「プログレッシブ」はまだ形容詞だったんですが、ほどなくプログレッシブ・ロックというジャンル名として使われはじめました。
ジャンル名化したのは、ぼくの記憶では、欧米より日本のほうが早かった気がします。ちなみに短縮形は日本ではプログレですが、海外ではプログと略します。

クリムゾンを主宰するギタリスト、ロバート・フリップ Photo: Kevin Dooley

現代音楽やジャズをロックに持ち込んだクリムゾン

店番  :そうだったんですね。その時点では、何が「進んで」いたのでしょうか?

北中さん:クラシック、現代音楽、ジャズ、民族音楽などの要素を取り入れたロックが60年代後半に主にイギリスから次々に出てきます。先駆的な曲としては66年の ビートルズの「トゥモロウ・ネヴァー・ノウズ」 があげられるでしょう。

その曲の現代音楽的な録音テープ逆回転サウンドや、音や声の極端なエフェクトは、いま聞いても斬新です。で、世界でいちばん人気のあるビートルズがそんなことをやっているんだったら、われわれも続いて大丈夫だろうということになったわけです。

店番  :サイケデリックなロックがいっぱい出てきた頃ですね?

北中さん:60年代後半のイギリスはサイケなブルースを演奏するロックがブームでした。でもキング・クリムゾンは、流行のサイケなサウンドの実験を行なったわけではないんです。むしろその枠からはみだして、現代音楽やジャズの要素をロックに持ちこみました。

『宮殿』期のヴォーカリスト兼ベーシスト、グレッグ・レイク。クリムゾン脱退後に結成したエマーソン・レイク・アンド・パーマーでの活動も有名。 Photo: Jean-Luc Ourlin

レコーディングは単なる録音からスタジオで音を作る作業に

店番  :それがロックの範囲を拡大することになったわけですか?

北中さん:そうですね。その時期、ロックのレコーディングは、生演奏を記録することからスタジオで音を作る作業へと質的に変化していきました。電気楽器の場合は、スタジオの設備や機材も音作りに重要な役割を果たします。『クリムゾン・キングの宮殿』では、キーボード奏者のイアン・マクドナルドが、長時間スタジオにこもって メロトロン や管楽器を多重録音して壮大な音を作りました。

メロトロン:1960年代に開発された、アナログ再生式のサンプル音声再生楽器で”世界初のサンプラー”。ストリングス、ブラス、フルートの音色が良く使われた Photo: doryfour

店番  :ということはレコーディング・エンジニアの役割も重要ということですね?

北中さん:そのとおりです。

たとえば67年のクリームのサイケ時代の名作『カラフル・クリーム』のエンジニアは、レイ・チャールズ、ジョン・コルトレーン、オーティス・レディング、アレサ・フランクリンなどを手がけたトム・ダウドでしたが、そのレコーディングの時はまだ、ギタリストのエリック・クラプトンは、エンジニアの重要性に気がついていなかったとトムの伝記映画で証言しています。

急激に環境が変わりつつあったわけです。

「普通の」ポップスでなくても記憶に残る音楽、プログレ

店番  :『クリムゾン・キングの宮殿』はビートルズの『アビー・ロード』をチャートの1位から引きずり落したという伝説がありますね?

北中さん:たぶんイギリスの音楽雑誌のどれかのチャートの話だと思います。オフィシャル・チャート・ブックでは最高5位ですから。いずれにせよ、難解なだけの音楽だったら、そんなに売れなかったでしょう。 彼らのデビュー・ライブ は1969年7月に25万人を集めて行なわれたローリング・ストーンズのハイド・パークのフリー・コンサートで、最初から注目のグループだったことは確かです。

店番  :ジャケットのインパクトだけでなく、「21世紀のスキッツォイド・マン」「エピタフ(墓碑銘)」「クリムゾン・キングの宮殿」など印象に残る曲がたくさんありますね。

北中さん:だから売れたわけで、「普通の」ポップスでなくても、記憶に残りやすい音楽が作れるというのは大きな発見だったと思います。70年代のはじめの日本では、イエス、ピンク・フロイドとキング・クリムゾンはプログレ御三家と呼ばれて人気がありました。

イエスから72年にクリムゾンに移籍したドラマー、ビル・ブルーフォード 。97年まで在籍した。 Photo: Steven Rieder

72~74年のヴォーカリスト兼ベーシスト、ジョン・ウェットン。80年代にイエスのスティーブ・ハウ、ELPのカール・パーマーらと結成したエイジアでも活躍した。 Photo: jomelia

トリプル・ドラムの8人編成でやってくる今回の来日公演は…

店番  :キング・クリムゾンはイアン・マクドナルドが抜けた後、メンバー・チェンジするたびに、音楽が大きく変化していきましたね?

北中さん:別のグループかと思うくらい変化しました。ファンの間で論争も起りました。それもまた彼らの伝説の一部なんです。

店番  :今回の来日ツアーはどんなライブになりそうですか?

北中さん:2015年のツアーではトリプル・ドラムを含む7人編成で過去の名曲を演奏しましたが、今回は一人増えて8人。ドラムが一人加わって、前回ドラムだったビル・リーフリンがキーボードを弾きます。それでどれだけ演奏が変わるのか、予想しにくいですが、踊れる音楽でないのはまちがいないと思います(笑)。

なにしろ体力勝負の音楽と思われていたロックに、ミステリアスで知的な側面を加えたグループですから。

7人編成による前回のツアーの様子。終演後に撮影OKな時間帯が設けられたのだとか。上段の右端がロバート・フリップ(G) Photo:Masahiro TAKAGI

ゴールデン横丁の仲間たち | 北中 正和 (きたなか まさかず)

https://goldenyokocho.jp/articles/669

1946年、奈良県生まれ。J-POPからワールド・ミュージックまで幅広く扱う音楽評論家。『世界は音楽でできている』『毎日ワールド・ミュージック』『ギターは日本の歌をどう変えたか―ギターのポピュラー音楽史』『細野晴臣インタ ビュー―THE ENDLESS TALKING』など著書多数。

関連する投稿


ローリング・ストーンズ/The Rolling Stones - Start Me Up - 1981年

ローリング・ストーンズ/The Rolling Stones - Start Me Up - 1981年

アイデアを思いついてからリリースまで5年かかった作品。 1962年のデビューから半世紀以上の歴史を築き上げ、現在も現役のロック・バンド。ブルース/R&Bをベースにパンクやレゲエ、ディスコなど時代の音楽トレンドを上手く取り入れつつ、数多くのヒット作を出してきた、言わずと知れたレジェンドです。81年当時のメンバーはミック・ジャガー(Vo)、キース・リチャーズ(G)、ロン・ウッド(G)、チャーリー・ワッツ(Ds)、ビル・ワイマン(B)。


ベリンダ・カーライル/Belinda Carlisle - Leave A Light On - 1989年

ベリンダ・カーライル/Belinda Carlisle - Leave A Light On - 1989年

世界各国でチャートインしたヒット作。 ベリンダ・カーライルは女性バンドとして初の全米1位に輝いたガールズ・ロックバンド、The Go-Go'sのリード・ヴォーカル。1985年のバンド解散後はソロ・デビューし、ポップな音楽性で多くのヒット作を放ちました。


エックス・ティー・シー/XTC - Mayor Of Simpleton - 1989年

エックス・ティー・シー/XTC - Mayor Of Simpleton - 1989年

アメリカ進出を狙った意欲作。 XTCはアンディ・パートリッジ(Vo,G)を中心とするロック・バンド。1977年デビュー。ビートルズなどの影響を受けた、ポップなのにどことなくひねくれた、イギリスらしいロック・サウンドで人気を集め、ブラーに代表される90年代のブリットポップにも大きな影響を与えました。また、日本ではカルト的な人気を誇り、多くのミュージシャンが彼らの影響を公言しています。


ケイト・ブッシュ/Kate Bush - Babooshka - 1980年

ケイト・ブッシュ/Kate Bush - Babooshka - 1980年

イギリスを代表する女性アーティストの神秘的なヒット作。 ケイト・ブッシュはイギリス出身のシンガー・ソングライター。ピンク・フロイドのギタリスト、デヴィッド・ギルモアに才能を見出されて1977年に弱冠19歳でデビューし、独自の感性によるアーティスティックな楽曲とハイトーンな歌声で、デビュー曲「嵐が丘」が全英1位になるなど早くから注目を集めた天才肌です。現在も寡作ながら活動を続けています。


ブライアン・フェリー/Bryan Ferry - Let's Stick Together - 1976年

ブライアン・フェリー/Bryan Ferry - Let's Stick Together - 1976年

ブルースの名曲をフェリー流にカバー。 ブライアン・フェリーはイギリスのロック・バンド、ロキシー・ミュージックのヴォーカリスト。バンドのほとんどの曲を手がけたソングライターとしても知られます。黒人音楽に大きな影響を受けて確立した、音と音の隙間を縫うような独特な歌と、ヨーロッパ的美意識がにじみ出る作風の曲で人気を集めました。


最新の投稿



地元銭湯を愛するサポーターさんたちも熱い! レトロを保ちながら進化する、浦和『鹿島湯』さん <後編>

地元銭湯を愛するサポーターさんたちも熱い! レトロを保ちながら進化する、浦和『鹿島湯』さん <後編>

『ゴールデン横丁』サイトの閉鎖に伴い、残念ながらこの連載も今回が最終回。 約3年弱、おつきあいいただき有り難うございました。 ラスト、たっぷりあったまってってください〜。


【クルマニアックイズ】557本目

【クルマニアックイズ】557本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!


【クルマニアックイズ】556本目

【クルマニアックイズ】556本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


うなぎとうさぎと昭和レトロも楽しめる! 浦和レッズの街で熱き炎『鹿島湯』さん <前編>

うなぎとうさぎと昭和レトロも楽しめる! 浦和レッズの街で熱き炎『鹿島湯』さん <前編>

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)・浦和レッズの本拠地で日々“熱闘中”の銭湯さんがあります。2017年に「ホームなのにアウェイ。」「“浦和”にあるのに“鹿島”。」というキャッチコピーで大きな話題となったことでも知られる『鹿島湯』さんです。