「ミッション:インポッシブル」5拍子のテーマ曲から学ぶ映画音楽の「魔術」

「ミッション:インポッシブル」5拍子のテーマ曲から学ぶ映画音楽の「魔術」

原作はTVドラマ『スパイ大作戦』。ダッ!ダッ!ダッダッ!というオープニングテーマが有名で、今回の映画でも引き続き使われています。


画像はイメージです

本日の曲:『スパイ大作戦』テーマ曲

『スパイ大作戦』が日本で放送されたのは1967年~73年。「おはよう、フェルプス君」で始まる本部からの指令メッセージはご存知の方も多いのでは?

テレビで放送されてた『スパイ大作戦』覚えてますか?

店番  :『ミッション:インポッシブル』の最新作『フォールアウト』、さっそく見てきました。暑さを吹き飛ばすにはアクション映画がいちばんですね。映画館は空調もきいていて、熱中症対策になりますよ。いかがですか?観ればガツンと気合いが入りますよ。

北中さん:残念ながらアクション映画が苦手なんですよ。ハラハラドキドキだけだったらいいんだけど、最近のアクション映画はスピードが速すぎて、ついて行くのが大変。かわりに音楽でアクション気分を満喫しています。『スパイ大作戦』の時代からね。

店番  :『スパイ大作戦』ですか……。若者には通じないだろうな……。

北中さん:原題は『ミッション:インポッシブル』ですが、このTVドラマは日本では『スパイ大作戦』というタイトルで毎週放送されていたんです。有名なナレーションがあってね。本部からの指令のメッセージの後に、こう続くんです。

「君、もしくは君のメンバーが捕えられ、あるいは殺されても、当局は一切関知しないからそのつもりで。なお、このテープは自動的に消滅する。成功を祈る」

この指令はいろんなところでパロディにされてますよね。毎週見ているうちにいつのまにか覚えてしまい、いまでも言える人がけっこういるんじゃないでしょうか。

店番  :それは先生のことでは……。指令がテープで届くのはレトロな感じがしますね。

北中さん:いつもヘンなところにテープレコーダーが隠してあって、どうやって届けていたのか謎でしたね。そんな手間をかける暇があるなら、本部も敵と戦えよと。
ま、実行不可能な指令に挑む物語ですから……。しかも、指令の再生を終えたオープンリールのテープレコーダーが自動的に燃えちゃうんだ!

緊迫した空気を演出する5拍子のテーマ曲

店番  :あの~先生、音楽の話なんですが。。。

北中さん:でしたでした。『スパイ大作戦』は、本編だけでなく、音楽も楽しみでした。音楽が緊迫した空気をうまく伝えているんですよね。テーマ曲からしてつかみは十分です。

店番  :今もそのつどアレンジを変えながら使われているやつですね?ちょっと変わった拍子の。

北中さん:そうです。5拍子という珍しいリズムを使っています。作曲したラロ・シフリンは冗談で「5本足の人たちのための音楽」と言ってたそうですが、モールス信号にヒントを得たという説もあります。5拍子はジャズの世界ではデイヴ・ブルーベックの「テイク・ファイヴ」(1959年)のヒットで有名になったので、それを意識していたのかもしれません。

なにしろラロ・シフリンはハリウッドの映画音楽で活躍する前はモダン・ジャズの創始者の一人、ディジー・ガレスピーのビッグ・バンドにいたこともある人ですから。

店番  :ジャズマンだったんですか?

北中さん:南米アルゼンチン生まれで、パリの名門、国立高等音楽院でクラシックや現代音楽を学んだ人ですが、ジャズに興味を持って60年代にアメリカに移住しました。そしてディジー・ガレスピーのバンドだけでなく、ラテンの王様ザビア・クガートの楽団でも活躍していました。だから『スパイ大作戦』のテーマにも、ジャズ系のブラスとラテン系の打楽器がバランスよく使われています。

音楽だけでもアクション気分を満喫できる工夫

店番  :1996年にはU2のリズム隊、アダム・クレイトンとラリー・ミュレンのヴァージョンも話題になりましたね。


北中さん:トム・クルーズ主演で映画化されたときのもので、いかにもニュー・ウェイヴ/ポスト・パンク的なロックのリズムでした。この映画からタイトルが『スパイ大作戦』ではなく、『ミッション:インポッシブル』になったんですね。

店番  :最新作『フォールアウト』のテーマの聞きどころはどのあたりでしょう?

北中さん:映画を見ていないので、サントラ盤を聞いた印象ですが、ブラスやラテン系の打楽器のかわりに、ストリングス、コーラス、インド古典音楽の打楽器タブラーが使われています。タブラーのリズムがヘリコプターの音を連想させるあたりがうまいですね。音楽を担当したローン・バルフは、スコットランド出身の作曲家で『ターミネイター』『ゴースト・イン・ザ・シェル』(攻殻機動隊)といった映画からゲーム音楽まで幅広く活躍しています。

店番  :トレイラーの音楽もこの人ですか?

北中さん:この人の音楽を使った短いものと、それにイマジン・ドラゴンズの「フリクション」を加えた長いものがあります。イマジン・ドラゴンズはリズムがおもしろい演奏をするバンドですね。ラスヴェガス出身のこのバンドは2010年代のアメリカのオルタナティヴなロックの注目株です。

『スパイ大作戦』テーマ曲

YouTube 提供:Mission Impossible


作者である作曲家のラロ・シフリンは、他にも映画「ブリット」「燃えよドラゴン」など、映画を見てない人でもメロディを思い出してしまう、おなじみのテーマ曲を作った人です。

映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』DVD公式サイト|パラマウント

http://www.missionimpossible.jp/

映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』DVD公式サイト。2018年12月19日(水)ブルーレイ&DVDリリース、レンタル同時開始。11月14日(水)デジタル先行配信開始。トム・クルーズ主演の大人気スパイ映画『ミッション:インポッシブル』シリーズ全世界待望の最新作!

ゴールデン横丁の仲間たち | 北中 正和 (きたなか まさかず)

https://goldenyokocho.jp/articles/669

1946年、奈良県生まれ。J-POPからワールド・ミュージックまで幅広く扱う音楽評論家。『世界は音楽でできている』『毎日ワールド・ミュージック』『ギターは日本の歌をどう変えたか―ギターのポピュラー音楽史』『細野晴臣インタ ビュー―THE ENDLESS TALKING』など著書多数。

関連する投稿


ビー・ジーズ/Bee Gees - How Deep Is Your Love(愛はきらめきの中に) - 1977年

ビー・ジーズ/Bee Gees - How Deep Is Your Love(愛はきらめきの中に) - 1977年

ビージーズはバリー、ロビン、モーリスのギブ3兄弟を中心に結成し、全員がボーカルを担当したグループ。1963年のデビューから21世紀に入るまでの長期間活動し、数多くのヒット曲を残しました。


オジー・オズボーン/Ozzy Osbourne - Crazy Train - 1980年

オジー・オズボーン/Ozzy Osbourne - Crazy Train - 1980年

ランディ・ローズのギターを前面に出したヒット作。 オジー・オズボーンは生コウモリを食いちぎるなどの奇行でファンから愛された「メタルの帝王」「マッドマン」。ブラック・サバスでヴォーカルを努めた後に脱退し、1979年に自らのバンドを結成。当時20代前半だったランディ・ローズをギタリストに抜擢して数々の名作を世に送り出しました。


ブロンディー/Blondie - Sunday Girl - 1979年

ブロンディー/Blondie - Sunday Girl - 1979年

ブロンディはブロンドヘアーに赤い唇が特徴の女性フロントマン、デボラ・ハリー(Vo)を中心とするロック・バンド。1970年代中頃に結成され、当初はニューヨーク・パンク一派のバンドでしたが、後にディスコやレゲエ、ラップなど当時流行したサウンドを巧みに取り入れ、ヒット作を連発しました。アメリカのバンドですが、イギリスで特に根強い人気があります。


アレサ・フランクリン/Aretha Franklin - Freeway Of Love - 1985年

アレサ・フランクリン/Aretha Franklin - Freeway Of Love - 1985年

1942年生まれの「クイーン・オブ・ソウル」。60年代から活躍、リリースしたアルバムは通算60枚以上にのぼります。


キンクス/The Kinks - Sunny Afternoon - 1966年

キンクス/The Kinks - Sunny Afternoon - 1966年

UKロックの始祖バンドが黄金期の始まりを告げた曲。 キンクスはレイ(vo,g)とデイヴ(g)のデイヴィス兄弟によって1964年に結成されたイギリスのバンド。UKロックの始祖的な存在で、キンクスに影響を受けたヴァン・ヘイレンやザ・ジャム、プリテンダーズなど後進のミュージシャンが70年代後半以降、曲をカヴァーしたことから、再度注目を集めるなどカルト的な人気を保ちました。96年に解散。


最新の投稿


【クイズ・旧車千本ノック】239本目

【クイズ・旧車千本ノック】239本目

実車のディテールに迫る。三択クイズにチャレンジ!


ビー・ジーズ/Bee Gees - How Deep Is Your Love(愛はきらめきの中に) - 1977年

ビー・ジーズ/Bee Gees - How Deep Is Your Love(愛はきらめきの中に) - 1977年

ビージーズはバリー、ロビン、モーリスのギブ3兄弟を中心に結成し、全員がボーカルを担当したグループ。1963年のデビューから21世紀に入るまでの長期間活動し、数多くのヒット曲を残しました。


『こんなものを買った』Nakamichi CR-30

『こんなものを買った』Nakamichi CR-30

じつはいまゴル横でもおなじみナカミチ道のtoby館長全面協力のもと「Nakamichi Complete Book」というムックを制作しております。毎日毎日ナカミチのことばかり考えているとナカミチのデッキが欲しくて欲しくてたまらなくなりました。



【クイズ・旧車千本ノック】238本目

【クイズ・旧車千本ノック】238本目

実車のディテールに迫る。三択クイズにチャレンジ!