18年ぶり「ブエナ・ビスタ」続編!前作のヒットはライ・クーダーも想定外だった?

18年ぶり「ブエナ・ビスタ」続編!前作のヒットはライ・クーダーも想定外だった?

一世を風靡した前作から18年。続編のドキュメンタリー映画『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス★』が公開され、再び話題を呼んでいます。


本日の曲:ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ - チャン・チャン

キューバの老ミュージジャンたちの半生と、彼らのニューヨークでのコンサートの模様を記録した映画『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』。日本では2000年に公開され、大きな反響を呼びましたが…。

企画自体、想定外に偶然生まれたものだった

店番  :キューバの老ミュージシャンたちの活動を追いかけたドキュメンタリー映画『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス★』が話題を呼んでいます。もうご覧になりましたか。

北中さん:はい。観てきました。
老ミュージシャンたちの世界的なブームを巻き起こした前作『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』から早いもので18年になるんですね。今回の『アディオス』は当時から最近のワールド・ツアーまで、彼らの活動の総集編的な作品なので、ブエナ・ビスタ初体験の人にも全貌がつかみやすいと思います。

店番  :そもそもブエナ・ビスタって、どんなプロジェクトだったんですか。

北中さん:アメリカーナ/アメリカのルーツ・ミュージックに詳しいギタリスト、ライ・クーダーのもとにプロデュースの話が持ちこまれたのが発端でした。彼はアメリカの音楽だけでなく、世界のルーツ・ミュージックにも詳しいんです。それでキューバのミュージシャンと西アフリカのミュージシャンのセッション・アルバムを作るつもりでキューバに行ったんですが、ビザの手違いでアフリカのミュージシャンがキューバに来れなかった。そこで急きょ企画を変えて生まれたのが『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』のアルバムでした。

ビジネスとしては冒険でしたが…

店番  :ということは、瓢箪から駒みたいな企画だったんですね。そのとき企画はどのように変わったんでしょうか?

北中さん:キューバには20年代以降、弦楽器中心の演奏で発展してきたソンという音楽があります。その伝統と現在と周辺に焦点を当てることにしようと。そこでコーディネイターのフアン・デ・マルコスが歴史の生き証人のようなミュージシャンを集めてきました。最長老が当時90歳近かったコンパイ・セグンドでした。

店番  :じゃ、けっこうマニアックな企画だったわけですね。

北中さん:ビジネス的には冒険だったと思います。なにしろ主役が引退していたあまり有名ではない老ミュージシャンたちですからね。参加者の中で国際的に知名度が高かった現役歌手は70歳近いオマーラ・ポルトゥオンドだけ。しかも彼女は主役ではなく、ゲスト的な参加でした。

CDも映画も想定外のヒットだった

北中さん:でも幸いだったのはインディーズの小規模なレコード会社の社長がライ・クーダーに輪をかけてマニアックなキューバ音楽ファンだったことです。採算を考える前に、せっかくキューバまで来て、時間もできたんだから、好きなことをやってみようと。

店番  :なるほど、参加者の誰にとっても、夢を持てるプロジェクトだったわけですね。18年前の『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』の映画は私も観に行きました。コンサートでライ・クーダーがスライド・ギターを弾く場面はよく覚えています。

北中さん:いいところに目をつけましたね。1997年にアルバムが出て、まずまずの売れ行きでした。それで参加メンバーを集めて、ニューヨークのカーネギー・ホールでコンサートをやる計画が生まれました。当時はアメリカとキューバが国交断絶中でしたから、実現すれば歴史的な出来事です。そこでライ・クーダーはかつて映画音楽を担当したことがあるヴィム・ヴェンダーズ監督に声をかけて、記録に残そうと。

店番  :コンサートを記録するための映画だったのですね。

北中さん:当初は、単館上映の規模で、熱心な音楽ファンの集客が見込めればいいと思っていたようですが、公開してみたら、予想外に大ヒットして、アルバムも何年にもわたって売れ続けたわけです。

古い建物が並ぶキューバの市街地

共感を誘った「お爺ちゃんお婆ちゃんの魅力」

店番  :ところでブエナ・ビスタ…という名前ですが、このクラブは由緒あるクラブなんでしょうか?

北中さん:もともとはキューバの首都ハバナにあった黒人専用の社交クラブです。若いころバレリーナ志望だったオマーラは、肌の色を理由にバレー団の試験に何度も落とされて、歌手をめざしたという話が映画に出てきます。人種差別の厳しかった50年代までクラブも人種別に分離されていたんです。

そのクラブは改造されて、いまはジムとして使われています。映画『アディオス』では、床に張られたタイルの跡が、往時のおしゃれな賑わいをしのばせてくれます。ブエナ・ビスタ…のプロジェクトはそのクラブの名前を借りたんです。名前は「眺めのいい」という意味です。

店番  :それにしても隠れた老ミュージシャンたちがどうしてそんなに脚光を浴びたのでしょうか?

北中さん:映画の出演者はチャーミングなお爺さんお婆さんぞろいでした。引退して忘れ去られていたミュージシャンが脚光を浴びるというわかりやすい物語もあって、高齢のミュージシャンが元気に人生を楽しんでいる姿が、普遍的な共感を誘ったんだと思います。経済制裁のためにお金がかけられず、古い建物がそのまま残ったハバナの街並みやレトロな車の光景にも目を奪われましたね。

「人生の花は誰にでも必ず訪れる」

店番  :アコースティックな音楽のグルーヴも魅力的ですね。

北中さん:キューバ音楽は30年代のルンバ・ブーム、50年代のマンボやチャチャチャのブームなどを通じて、ジャズやロックに匹敵する影響力を持ってきました。1959年のキューバ革命でアメリカとの国交が断絶して、それが途絶えていたのですが、『アディオス』には、国交回復後、ホワイトハウスに行ってオバマ前大統領に演奏する場面も出てきます。ブエナ・ビスタ…はその伝統の底力を思い出させるものでした。

店番  :奥が深い音楽なんですね。

北中さん:『アディオス』のコンサート場面では、イブライム・フェレールの「ブルカ・マニグア」という曲が大きくフィーチャーされています。これは自由を求める黒人奴隷の歌で1930年代の名曲です。

店番  :18年前の映画からは「チャン・チャン」というヒット曲も生まれました。

北中さん:「チャン・チャン」は、旅の途中で女の子の揺れるお尻に男の子が興奮するというお茶目な歌ですが、コンパイ・セグンドがこの曲を作ったのはなんと80歳代になってからだそうです。彼は「俺は遅咲きだったが、人生の花は誰にでも必ず訪れる」と言っています。このポジティヴさ、たまりませんね。「元気の秘訣は、やりすぎないことさ」とも。うーん。ぼくも見習わねば。

店番  :え?何をですか??

北中さん:いや。むにゃむにゃむにゃ。

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ - チャン・チャン

YouTube 提供:World Circuit Records


右側に座り、ギターを弾きながら低音の第二声(セグンド)を担当しているのがコンパイ・セグンド。シブい低音の歌声とダンディーなスタイルで人気を集めました。

映画『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス』公式サイト

http://gaga.ne.jp/buenavista-adios/

ブエナ・ビスタ現象再び。あれから18年—。‘さよなら’世界ツアーの幕が上がる。|映画『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス』公式サイト

ゴールデン横丁の仲間たち | 北中 正和 (きたなか まさかず)

https://goldenyokocho.jp/articles/669

1946年、奈良県生まれ。J-POPからワールド・ミュージックまで幅広く扱う音楽評論家。『世界は音楽でできている』『毎日ワールド・ミュージック』『ギターは日本の歌をどう変えたか―ギターのポピュラー音楽史』『細野晴臣インタ ビュー―THE ENDLESS TALKING』など著書多数。

関連する投稿


ブロンディー/Blondie - Sunday Girl - 1979年

ブロンディー/Blondie - Sunday Girl - 1979年

ブロンディはブロンドヘアーに赤い唇が特徴の女性フロントマン、デボラ・ハリー(Vo)を中心とするロック・バンド。1970年代中頃に結成され、当初はニューヨーク・パンク一派のバンドでしたが、後にディスコやレゲエ、ラップなど当時流行したサウンドを巧みに取り入れ、ヒット作を連発しました。アメリカのバンドですが、イギリスで特に根強い人気があります。


アレサ・フランクリン/Aretha Franklin - Freeway Of Love - 1985年

アレサ・フランクリン/Aretha Franklin - Freeway Of Love - 1985年

1942年生まれの「クイーン・オブ・ソウル」。60年代から活躍、リリースしたアルバムは通算60枚以上にのぼります。


キンクス/The Kinks - Sunny Afternoon - 1966年

キンクス/The Kinks - Sunny Afternoon - 1966年

UKロックの始祖バンドが黄金期の始まりを告げた曲。 キンクスはレイ(vo,g)とデイヴ(g)のデイヴィス兄弟によって1964年に結成されたイギリスのバンド。UKロックの始祖的な存在で、キンクスに影響を受けたヴァン・ヘイレンやザ・ジャム、プリテンダーズなど後進のミュージシャンが70年代後半以降、曲をカヴァーしたことから、再度注目を集めるなどカルト的な人気を保ちました。96年に解散。


エルヴィス・コステロ/Elvis Costello - Everyday I Write The Book - 1983年

エルヴィス・コステロ/Elvis Costello - Everyday I Write The Book - 1983年

エルヴィス・コステロはイギリス出身のミュージシャン。1974年にパブ・ロックの大物、ニック・ロウのプロデュースでデビューし、パンク/ニューウェイブ系のサウンドで人気を獲得、「怒れる若者」とも言われました。21世紀に入る頃からジャスやR&Bなど従来の枠に収まらない作品を発表し、現在も精力的に活動しています。なお、芸名のエルヴィスはプレスリーに由来するのだとか。


アース・ウインド&ファイアー/Earth, Wind & Fire - Reasons - 1975年

アース・ウインド&ファイアー/Earth, Wind & Fire - Reasons - 1975年

フィリップ・ベイリーのパワフルなファルセットが圧巻。 EW&Fは1970年のデビューから現在まで長いキャリアを誇るアメリカのR&Bバンド。モーリス・ホワイトとフィリップ・ベイリーのツイン・ヴォーカル、モーリスの弟・ヴァーダイン(b)を中心とするリズム隊の強靭なグルーヴ、重厚なホーン・セクションの華麗なハーモニーで70年代を中心にヒット曲を量産しました。日本での人気は母国・アメリカに匹敵するほどで、DREAMS COME TRUEなど多くの日本人ミュージシャンに影響を与えました。


最新の投稿


ブロンディー/Blondie - Sunday Girl - 1979年

ブロンディー/Blondie - Sunday Girl - 1979年

ブロンディはブロンドヘアーに赤い唇が特徴の女性フロントマン、デボラ・ハリー(Vo)を中心とするロック・バンド。1970年代中頃に結成され、当初はニューヨーク・パンク一派のバンドでしたが、後にディスコやレゲエ、ラップなど当時流行したサウンドを巧みに取り入れ、ヒット作を連発しました。アメリカのバンドですが、イギリスで特に根強い人気があります。


TAE-5450 コントロールアンプ | ソニー  - ユニークなデザインの多機能コントロールアンプ

TAE-5450 コントロールアンプ | ソニー - ユニークなデザインの多機能コントロールアンプ

フロントパネルの一部をラインで囲むデザインは1970年代中ごろのソニーのアンプに共通するデザインです。上級機のTAE-8450の流れをくむ多機能なコントロールアンプです。


町田忍と万年筆│モンブランにペリカン…大人な筆記具の魅力

町田忍と万年筆│モンブランにペリカン…大人な筆記具の魅力

今回ご紹介するコレクションは大人な筆記用具・万年筆。メモするときにさりげなくチラつかせる高級感。大人だけに許されたアイテムのようで憧れた元少年も多いのでは?もちろん、そのコレクションも半端じゃないので、お楽しみに!



アレサ・フランクリン/Aretha Franklin - Freeway Of Love - 1985年

アレサ・フランクリン/Aretha Franklin - Freeway Of Love - 1985年

1942年生まれの「クイーン・オブ・ソウル」。60年代から活躍、リリースしたアルバムは通算60枚以上にのぼります。