ゴル横の世界にようこそ!

ゴル横の世界にようこそ!

ゴル横は、昭和生まれのオヤジ世代に昭和の思い出を届けたいという思いからスタートしました。「昭和っぽい人と、モノやコトを集めてきて、語って、懐かしむ」。そんなコンセプトでやってます。


ゴル横、片手に昭和が蘇る!

ゴル横にあるのは、昭和の思い出やネタの数々。
昭和生まれのオヤジ世代がゴル横で仕入れた話題やネタを使ってひと笑い、ひと和みできたらこんな素敵なことはありません。

飲み屋でウケた!
今日は盛り上がった!
なんだか懐かしい!

昭和オヤジの日常にほんの少しの笑いと和みを。

ゴル横「コーナー紹介」

おや充

おや充

「昭和生まれのオヤジ世代に生活の充実を!」。
名付けて「おや充」。
昭和生まれのオヤジ世代が好きそうな、人とモノやコトを片っ端から紹介していくコーナー!
とりあえずは行ってみて、やってみて、喰ってみようじゃありませんか!

町田忍の庶民文化

町田忍の庶民文化

庶民文化研究の第一人者にして、日本銭湯文化協会理事でもある庶民文化研究所の町田忍所長が、昭和の懐かしい世界にオヤジたちを誘います。

町田忍の毎日銭湯

https://goldenyokocho.jp/1010

町田さんと言えば銭湯。銭湯と言えば町田さん。 銭湯研究の第一人者であり、日本銭湯文化協会理事でもある町田さんが今なお残る歴史ある銭湯や、今はなき銭湯文化・グッズなど、銭湯にまつわるアレコレをご紹介!

町田忍のメモリー

https://goldenyokocho.jp/showaretro

映画やドラマの時代考証や、テレビ出演などで活躍する町田さん。庶民文化にまつわるさまざまなコレクションや、うんちく、エピソードをまじえてお届けします。昭和っぽい、ゴル横の看板コーナー。

町田忍と仲間たち

https://goldenyokocho.jp/friends

ゴル横編集部が町田さんの人脈におもいッきり依存したコーナー。オヤジが憧れるオヤジことフラット4の創始者 小森隆さんや、「わ・る・な・らハイサワー」でおなじみ博水社の田中秀子社長をはじめ、いずれもその界隈の第一人者にお会いして話を聞く。

旧車倶楽部

あの頃、憧れた旧車・名車を紹介するコーナー。
全国各地で開催される旧車イベントにゴル横取材班が潜入。昭和オヤジが好きそうな旧車・名車を撮り溜めてはご紹介する。
そのほか旧車クイズも。ぜひゴル横、片手に盛り上がってもらいたい。

昭和文化

昭和の家電や、昭和のプロダクトを懐かしむコーナー。
マツコの知らない世界にも出演した松崎順一さんや、「昭和レトロ家電」を商標に持つ増田健一さんが紹介します。

特撮・アニメヒーロー

昭和オヤジも、昔は幼かった。昭和の少年を熱くさせた特撮・アニメ。
昭和のヒーローたちを、医師でありコレクターでもあるDr.近藤が貴重なコレクションから紹介する。

昭和音楽

あの頃の名曲と往年の名機。昭和音楽がゴル横に流れる。
テープレコーダーのナカミチのコレクションを紹介したり、オーディオ専門誌「ステレオ時代」がゴル横に出張したりとにぎやかにお届けする。

ゴル横の仲間たち

町田 忍(まちだ しのぶ)

https://goldenyokocho.jp/articles/677

ありとあらゆる庶民文化に精通し、膨大なコレクションとエピソードをお持ちの「庶民文化研究所」所長、町田忍さん。 昭和レトロそのもののような町田さんの研究所にお邪魔し、膨大なコレクションから懐かしいアイテムをピックアップ。懐かしいエピソードや知られざる裏話、さらに華麗なる交友録までお届けします。

松崎 順一(まつざき じゅんいち)

https://goldenyokocho.jp/articles/676

家電蒐集家・デザインアンダーグラウンド工場長。1960年生まれ。インハウスデザイナーを経て2003年よりデザインアンダーグラウンドを設立し活動を開始。近代家電製品の蒐集・整備・カスタマイズ等を手掛ける。近年は特にデジタル世代へのメイド・イン・ジャパン家電の持つ魅力をカルチャーとして伝える活動をイベント、執筆等、広範囲に展開中。

増田 健一(ますだ けんいち)

https://goldenyokocho.jp/articles/634

昭和38年、大阪・千林でカメラ屋の長男として生まれる。昭和57年国鉄に入社、車掌や運転士として従事。昭和30年代のレトロ家電や雑貨に魅せられ収集を始める。平成14年JR西日本を退社。 古道具屋の店員を経て、現在も会社勤めのかたわら収集の毎日。平成23年から大阪市立住まいのミュージアム特別研究員。大阪、東京などでコレクション展を開催し、いずれも好評を博している。 ※「昭和レトロ家電」は増田健一さんの登録商標です

Dr.近藤(ドクターこんどう)

https://goldenyokocho.jp/articles/673

現役バリバリの敏腕ドクター。複数の大手医療機関で診療に従事するかたわら、大手オンラインメディアに連載を寄稿したり講演依頼も多数と幅広く活躍。・・というのは表の顔で、実はヒーローものを中心としたキャラクターグッズやジャンルを問わないコミック誌が書斎を占拠しているというカルチャー大魔王である。

澤村 信(さわむら まこと)ステレオ時代編集長

https://goldenyokocho.jp/articles/675

かつてのオーディオブームを体験した世代にはたまらないムック本『ステレオ時代』(ネコ・パブリッシング)の編集長。ゴル横会長たっての願いを快く受け入れ、オーディオ愛あふれるコラムをゴル横に書き下ろしていただくことになりました!

toby(トビー)館長

https://goldenyokocho.jp/articles/1877

ナカミチの魅力にすっかり憑りつかれ、カセットデッキのコレクションはコンプリート間近に迫っている。ほかにもアンプやレコードプレーヤー、CDプレーヤーにDATそしてFMチューナーに至るまでフル・ナカミチのオーディオセットを所有。至福のリスニングルームに籠れば時間の経つのをつい忘れてしまうという。

関連する投稿


フォルクスワーゲン Type1 ビートル

フォルクスワーゲン Type1 ビートル

昭和レトロな旧車や、レトロ家電、懐かしい建物など、庶民文化研究所の所長 町田忍画伯がイラストで今に残す「昭和レトロ画帖」。今回のイラストは「VW フォルクスワーゲン Type1 ビートル」!往年の名車「フォルクスワーゲン ビートル」を描く。


子どものギャンブル?カプセルトイ

子どものギャンブル?カプセルトイ

今回は、子どもの射幸心を煽ってやまなかった魅惑のおもちゃ・カプセルトイをご紹介。出てくるまで中身がわからない、ほしいものを手に入れたいという気持ちが刺激され、お小遣いを吸い取られた人も多いハズ。庶民文化研究所の町田忍所長もそんなひとり。町田少年の思い出とともにカプセルトイの懐かしい話を。


日野ルノー

日野ルノー

昭和レトロな旧車や、レトロ家電、懐かしい建物など、古き良き昭和の日本に庶民文化研究所町田忍画伯がイラストで迫る。今回ご紹介するのは有名なルノーの車。ただし、日野自動車製ですが。


どのノート使ってた?学習用ノートのコレクション

どのノート使ってた?学習用ノートのコレクション

今回は、学校などで使われる学用品、その中でもノートにフィーチャーしてご紹介しよう。マス目で区切られていたり、罫線で区切られていたり、あるいは人気のキャラクターが描かれていたり…当時のノートのコレクションをご覧あれ。


昔と今ではちょっと違う?昭和の文房具事情

昔と今ではちょっと違う?昭和の文房具事情

今回は、昭和の学校で使われていた懐かしい文房具をご紹介。遊び道具やファッションはともかく、学校の道具はそんなに昭和も平成も令和も変わらないのでは?と思っていても、実は大きく様変わりしているのです。


最新の投稿


フェアレディZ C-S31 | 日産 - 熟成が進んだ初代Z後期型【旧車】

フェアレディZ C-S31 | 日産 - 熟成が進んだ初代Z後期型【旧車】

高性能でカッコいいけど、頑張れば手に届くスポーツカー。それが「Z」がヒットした、最大の理由といえます。シンプルでタフな伝統の日産L型エンジンは、自分の手を汚して弄る楽しみにあふれており、それを許容する度量の深さも備えていました。


フォルクスワーゲン Type1 ビートル

フォルクスワーゲン Type1 ビートル

昭和レトロな旧車や、レトロ家電、懐かしい建物など、庶民文化研究所の所長 町田忍画伯がイラストで今に残す「昭和レトロ画帖」。今回のイラストは「VW フォルクスワーゲン Type1 ビートル」!往年の名車「フォルクスワーゲン ビートル」を描く。


【クルマニアックイズ】160本目

【クルマニアックイズ】160本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


象印スコップ・ショベル(かんばん) - 象は象でも「金象印」!

象印スコップ・ショベル(かんばん) - 象は象でも「金象印」!

「象印」で思いつくのは魔法瓶や電気炊飯器でおなじみのあのメーカーですよね。ではこの象印は?魔法瓶とスコップ、はたして同じメーカーが作っていたのでしょうか?


【クルマニアックイズ】159本目

【クルマニアックイズ】159本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!