オジー・オズボーン/Ozzy Osbourne - Mr. Crowley(死の番人) - 1980年

オジー・オズボーン/Ozzy Osbourne - Mr. Crowley(死の番人) - 1980年

若き天才ギタリスト、ランディ・ローズが突然、旅立った日。オジー・オズボーンはブラック・サバスでヴォーカルを努め、生コウモリを食いちぎるなどの奇行で「メタルの帝王」「マッドマン」とファンから愛されました。そんな彼がサバスを脱退した1979年、自らのバンドに招いたのがまだ20代前半だったランディ・ローズでした。


新たなメンバーを迎えて自身のソロ・バンドを結成し、満を持してリリースしたのが「Blizzard of Ozz」。ローズのクラシカルなギターが特に評価され、イギリスで7位を記録。一躍、ギター・ヒーローとなりました。収録作の「Mr. Crowley(死の番人)」は泣きのフレーズで畳みかけるギター・ソロが悶絶な作品で、現在もメタル・ファンに絶大な人気を誇ります。順調な船出と思われた矢先の1982年3月19日、ローズはバンドのツアー中に飛行機事故に遭い、急逝。25歳でした。その後、オジーは長きにわたって立ち直れませんでした。

Ozzy Osbourne - Mr. Crowley

YouTube 提供:Ozzy Osbourne

収録アルバム:Blizzard of Ozz(ブリザード・オブ・オズ~血塗られた英雄伝説)

・ソロとして1枚目のスタジオ・アルバム
・リリース:1980年9月
・収録曲
1.  "I Don't Know"
2.  "Crazy Train"
3.  "Goodbye to Romance"
4.  "Dee" (Instrumental)
5.  "Suicide Solution(自殺志願)"
6.  "Mr Crowley(死の番人)"
7.  "No Bone Movies"
8.  "Revelation (Mother Earth)(天の黙示)"
9.  "Steal Away (The Night)"

【関連リンク】

関連する投稿


アレサ・フランクリン/Aretha Franklin - Freeway Of Love - 1985年

アレサ・フランクリン/Aretha Franklin - Freeway Of Love - 1985年

1942年生まれの「クイーン・オブ・ソウル」。60年代から活躍、リリースしたアルバムは通算60枚以上にのぼります。


キンクス/The Kinks - Sunny Afternoon - 1966年

キンクス/The Kinks - Sunny Afternoon - 1966年

UKロックの始祖バンドが黄金期の始まりを告げた曲。 キンクスはレイ(vo,g)とデイヴ(g)のデイヴィス兄弟によって1964年に結成されたイギリスのバンド。UKロックの始祖的な存在で、キンクスに影響を受けたヴァン・ヘイレンやザ・ジャム、プリテンダーズなど後進のミュージシャンが70年代後半以降、曲をカヴァーしたことから、再度注目を集めるなどカルト的な人気を保ちました。96年に解散。


エルヴィス・コステロ/Elvis Costello - Everyday I Write The Book - 1983年

エルヴィス・コステロ/Elvis Costello - Everyday I Write The Book - 1983年

エルヴィス・コステロはイギリス出身のミュージシャン。1974年にパブ・ロックの大物、ニック・ロウのプロデュースでデビューし、パンク/ニューウェイブ系のサウンドで人気を獲得、「怒れる若者」とも言われました。21世紀に入る頃からジャスやR&Bなど従来の枠に収まらない作品を発表し、現在も精力的に活動しています。なお、芸名のエルヴィスはプレスリーに由来するのだとか。


アース・ウインド&ファイアー/Earth, Wind & Fire - Reasons - 1975年

アース・ウインド&ファイアー/Earth, Wind & Fire - Reasons - 1975年

フィリップ・ベイリーのパワフルなファルセットが圧巻。 EW&Fは1970年のデビューから現在まで長いキャリアを誇るアメリカのR&Bバンド。モーリス・ホワイトとフィリップ・ベイリーのツイン・ヴォーカル、モーリスの弟・ヴァーダイン(b)を中心とするリズム隊の強靭なグルーヴ、重厚なホーン・セクションの華麗なハーモニーで70年代を中心にヒット曲を量産しました。日本での人気は母国・アメリカに匹敵するほどで、DREAMS COME TRUEなど多くの日本人ミュージシャンに影響を与えました。


クリフ・リチャード/Cliff Richard - Miss You Nights - 1975年

クリフ・リチャード/Cliff Richard - Miss You Nights - 1975年

クリフ・リチャードはビートルズ時代が到来する前の1950年代から「Living Doll」などのヒット曲で人気を博し、レコードの売上枚数は2億5000万枚を越える、 イギリスの国民的シンガー。ロックンロール・マナーによる歌い方から「イギリスのプレスリー」とも呼ばれ、親しまれました。


最新の投稿


TAE-5450 コントロールアンプ | ソニー  - ユニークなデザインの多機能コントロールアンプ

TAE-5450 コントロールアンプ | ソニー - ユニークなデザインの多機能コントロールアンプ

フロントパネルの一部をラインで囲むデザインは1970年代中ごろのソニーのアンプに共通するデザインです。上級機のTAE-8450の流れをくむ多機能なコントロールアンプです。


町田忍と万年筆│モンブランにペリカン…大人な筆記具の魅力

町田忍と万年筆│モンブランにペリカン…大人な筆記具の魅力

今回ご紹介するコレクションは大人な筆記用具・万年筆。メモするときにさりげなくチラつかせる高級感。大人だけに許されたアイテムのようで憧れた元少年も多いのでは?もちろん、そのコレクションも半端じゃないので、お楽しみに!



アレサ・フランクリン/Aretha Franklin - Freeway Of Love - 1985年

アレサ・フランクリン/Aretha Franklin - Freeway Of Love - 1985年

1942年生まれの「クイーン・オブ・ソウル」。60年代から活躍、リリースしたアルバムは通算60枚以上にのぼります。


ガブラ(アクマイザー3) - 地底の世界にも関西があった!?

ガブラ(アクマイザー3) - 地底の世界にも関西があった!?

頭部の形がアレっぽいですね。アレって?そう、ソフトクリームに決まってるじゃないですか!