うなぎとうさぎと昭和レトロも楽しめる! 浦和レッズの街で熱き炎『鹿島湯』さん <前編>

うなぎとうさぎと昭和レトロも楽しめる! 浦和レッズの街で熱き炎『鹿島湯』さん <前編>


そして、『鹿島湯』さんといえば“幻の看板猫” 琥珀(こはく、12歳・メス)さん。
看板猫だけど、なかなか会えないことでも知られています。
(メソポ田宮もまだ会ったことがありません^^;)

ロビーには、琥珀さんの写真がいっぱい

ロビーには、琥珀さんの写真がいっぱい

『ねこ自身』(光文社)いうムック本の表紙にもなりました。(平成30=2018年)

『ねこ自身』(光文社)いうムック本の表紙にもなりました。(平成30=2018年)

琥珀さん、小さい頃はこんなカンジ♡

琥珀さん、小さい頃はこんなカンジ♡

琥珀さんの末っ子・グリムちゃんの写真も

琥珀さんの末っ子・グリムちゃんの写真も

クラファン達成で釜を入れ替え

クラウドファンディングのチラシ

クラウドファンディングのチラシ

2021年、長年の酷使により“銭湯の命”とも言える薪釜へのたび重なる漏水をはじめ、施設の老朽化が深刻な状況となった『鹿島湯』さん。

自己資金では足りない部分を賄い、そしてより多くの銭湯ファンの方から声を聴く機会を作るために、三浩さんはクラウドファンディングへの挑戦を決意しました。

結果、9/3〜10/3までの1カ月間で、見事「第1目標」の600万円を達成!

結果、9/3〜10/3までの1カ月間で、見事「第1目標」の600万円を達成!

新しい釜も見せていただきました。

燃え盛る炎。「これまでの苦労がウソのように快適」なんだそうです。

燃え盛る炎。「これまでの苦労がウソのように快適」なんだそうです。

釜の蓋には「感謝」の文字が。

釜の蓋には「感謝」の文字が。

「銭湯業は奉仕業」 先々代からの教えを胸に
化石燃料には頼らず儲けに走らず流行りも追わず
必要な方へ必要な蓄えだけいただきお湯を沸かす。
故に井戸水(地下60㍍より汲み上げ)を
薪にこだわり沸かす風呂屋です。

(『鹿島湯』さんSNSより)

熱い思いが伝わってきます…(*T▽T*)
浦和散策のお楽しみも含め、入りに行く価値ありのお湯であります。

次回<後編>では、脱衣所→浴室の様子と『鹿島湯』さんのさまざまな取り組みもご紹介します!

鹿島湯
住所 埼玉県さいたま市南区別所3-3-10
アクセス JR京浜東北線 浦和駅より徒歩約17分
     JR埼京線 中浦和駅より徒歩約15分
     JR埼京線 武蔵浦和駅より徒歩約17分
     駐車場あり(4台)
     国道17号線沿い浦和区役所より南(武蔵浦和方面)へ約600m
     スターバックスコーヒー浦和別所店となり
電話番号 048-861-7007     
営業時間 15:00~22:00(最終受付21:30)
定休日 水曜日(臨時休業、時間短縮の日もあり)
※年末年始は休まず営業(大晦日~三が日)
料金 大人480円・小学生180円・未就学児70円
※サウナはありません

さいたま市南区 鹿島湯公式ホームページ

https://www.kashimayu.com/

さいたま市南区にある昔ながらのお風呂屋さん、銭湯鹿島湯の公式ホームページです。

鹿島湯 Facebook

https://www.facebook.com/profile.php?id=100024740245995

鹿島湯 ~ホームなのにアウェイ~, Saitama. 439 likes · 4 talking about this · 1,267 were here. 営業時間 現在コロナ対策にて 14:00~21:30(close22:00) 今は分散入浴を目的に14:00~営業しています。 定休日 毎週水曜日

ゴールデン横丁の仲間たち | メソポ田宮文明(メソポタミヤブンメイ)

https://goldenyokocho.jp/articles/2803

イラストレーター、漫画家、造形作家。そして庶民文化研究所の町田忍所長のお知り合いにして銭湯好き。「お湯わいてるぞう」や「銭湯戦士 セイント☆セントー」など、銭湯関連のグッズを雑誌、新聞、Webなどで多数デザイン&執筆中。その他、日本漫画家協会の会員や、銭湯もりあげた〜い隊員、くるくる紙芝居友の会会員など、多方面で活躍。ゴル横では主に銭湯愛をご紹介予定。

関連する投稿


地元銭湯を愛するサポーターさんたちも熱い! レトロを保ちながら進化する、浦和『鹿島湯』さん <後編>

地元銭湯を愛するサポーターさんたちも熱い! レトロを保ちながら進化する、浦和『鹿島湯』さん <後編>

『ゴールデン横丁』サイトの閉鎖に伴い、残念ながらこの連載も今回が最終回。 約3年弱、おつきあいいただき有り難うございました。 ラスト、たっぷりあったまってってください〜。


あふれ出る魅惑の銭湯アート&グッズたち! 『銭湯サポーターフォーラム2022』展示&物販レポート

あふれ出る魅惑の銭湯アート&グッズたち! 『銭湯サポーターフォーラム2022』展示&物販レポート

東京都浴場組合さんが2015年から年1回、10月10日=銭湯の日を記念して開催している人気イベント『銭湯サポーターフォーラム』。 今年もブース出展者として参加してまいりました。その模様をご報告!


昭和〜平成〜令和へつながる家族の絆。 秘蔵写真大公開!新宿区・曙橋『大星湯』さん <後編>

昭和〜平成〜令和へつながる家族の絆。 秘蔵写真大公開!新宿区・曙橋『大星湯』さん <後編>

銭湯の魅力は大きなお風呂に入るだけではなく、その銭湯を営む“人のあたたかさ”にもあると感じる筆者。今回は、『大星湯』さんのご家族にスポットを当ててみました。


フジテレビ本社があった街・曙橋で67年! 輝く「AED設置」第1号銭湯『大星湯』さん <前編>

フジテレビ本社があった街・曙橋で67年! 輝く「AED設置」第1号銭湯『大星湯』さん <前編>

江戸時代には多くの武家屋敷があり、明治~大正時代にかけては小泉八雲、永井荷風、夏目漱石なども住んでいたという新宿区のこのエリア。探索からの銭湯はいかが?


忌野清志郎さん(RCサクセション)ファンの聖地 『多摩蘭坂(たまらん坂)』も近くにある! 国立市の銭湯『鳩の湯』さん <後編>

忌野清志郎さん(RCサクセション)ファンの聖地 『多摩蘭坂(たまらん坂)』も近くにある! 国立市の銭湯『鳩の湯』さん <後編>

夏は銭湯の水風呂が最高に気持ちのいい季節。 こちら『鳩の湯』さんにも、軟水の水風呂がありますよ〜。


最新の投稿



地元銭湯を愛するサポーターさんたちも熱い! レトロを保ちながら進化する、浦和『鹿島湯』さん <後編>

地元銭湯を愛するサポーターさんたちも熱い! レトロを保ちながら進化する、浦和『鹿島湯』さん <後編>

『ゴールデン横丁』サイトの閉鎖に伴い、残念ながらこの連載も今回が最終回。 約3年弱、おつきあいいただき有り難うございました。 ラスト、たっぷりあったまってってください〜。


【クルマニアックイズ】557本目

【クルマニアックイズ】557本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!


【クルマニアックイズ】556本目

【クルマニアックイズ】556本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


うなぎとうさぎと昭和レトロも楽しめる! 浦和レッズの街で熱き炎『鹿島湯』さん <前編>

うなぎとうさぎと昭和レトロも楽しめる! 浦和レッズの街で熱き炎『鹿島湯』さん <前編>

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)・浦和レッズの本拠地で日々“熱闘中”の銭湯さんがあります。2017年に「ホームなのにアウェイ。」「“浦和”にあるのに“鹿島”。」というキャッチコピーで大きな話題となったことでも知られる『鹿島湯』さんです。