うなぎとうさぎと昭和レトロも楽しめる! 浦和レッズの街で熱き炎『鹿島湯』さん <前編>

うなぎとうさぎと昭和レトロも楽しめる! 浦和レッズの街で熱き炎『鹿島湯』さん <前編>

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)・浦和レッズの本拠地で日々“熱闘中”の銭湯さんがあります。2017年に「ホームなのにアウェイ。」「“浦和”にあるのに“鹿島”。」というキャッチコピーで大きな話題となったことでも知られる『鹿島湯』さんです。


浦和駅からテクテク歩いて

JR浦和駅(こちらは西口)。駅前には伊勢丹、コミュニティプラザ・CORSO(コルソ)が

JR浦和駅(こちらは西口)。駅前には伊勢丹、コミュニティプラザ・CORSO(コルソ)が

浦和駅は、構内も駅周辺も浦和レッズとサッカーでいっぱい。
チームカラーの赤と同じく、熱をビンビン感じます。

駅構内にある、『浦和サッカーストリート(URAWA SOCCER STREET)』と浦和レッズオフィシャルショップ『レッドボルテージ(RED VOLTAGE)』。

駅構内にある、『浦和サッカーストリート(URAWA SOCCER STREET)』と浦和レッズオフィシャルショップ『レッドボルテージ(RED VOLTAGE)』。

2018年に開通した、JR浦和駅の東西連絡通路+西口中ノ島バスターミナルを結ぶ地下通路は『浦和サッカーストリート(URAWA SOCCER STREET)』と名付けられ、壁面には歴代ユニフォームの展示、「埼玉サッカー100年史」など知りたい情報を探せるチームラボ開発の『デジタルインフォメーションウォール』もあります。

駅前ロータリーにも、浦和レッズ&サッカー要素があちこちに。

駅前ロータリーにも、浦和レッズ&サッカー要素があちこちに。

そして、浦和は“うなぎの蒲焼発祥の街”としても知られています。
江戸時代、この近郊は沼地が多くうなぎがよく獲れ、中山道を通る旅人へ蒲焼にして提供していたそうです。

伊勢丹の前でほほえむ『浦和うなこちゃん』像(平成20=2008年完成) イベントごとに、持っているうちわが変わるそうです。

伊勢丹の前でほほえむ『浦和うなこちゃん』像(平成20=2008年完成)
イベントごとに、持っているうちわが変わるそうです。

頭上にもサッカーボールのイルミネーションがありました(^◇^)

頭上にもサッカーボールのイルミネーションがありました(^◇^)

さいたま観光大使でもある『浦和うなこちゃん』のキャラクターデザインは、『それいけ!アンパンマン』のやなせたかし先生。キャンペーンソング『うなぎ小唄』&『ウナギヌラヌラソング』の作詞もやなせ先生です。

雨が降ると石像に水が滴り、ホラー化してヤバイ…というのも話題。
(「うなこちゃん 雨」で検索すると画像が多数出てきます)

ちなみに、『浦和うなこちゃん』の好物は「うな重、きも焼き、きも吸い、うな丼、ひつまぶしなど」だそうです。

浦和駅西口前・駅を出て左側の高砂地区は、再開発のための解体工事が始まっていました。

二度と見ることができないお店たちと、進む再開発(令和4=2022年10月撮影)

二度と見ることができないお店たちと、進む再開発(令和4=2022年10月撮影)

完成は令和8(2026)年の夏だそうです。

その再開発エリアを左手に見ながら歩き、旧中山道に出たら左へ。

見上げるほどにデカイ「うなぎ」の文字も

見上げるほどにデカイ「うなぎ」の文字も

しばらくまっすぐ進むと、レトロな建物が見えてきます。

歴史を感じる佇まい、創業は明治初期の老舗日本茶販売店『青山茶舗』さん

歴史を感じる佇まい、創業は明治初期の老舗日本茶販売店『青山茶舗』さん

こちら、「国登録有形文化財(建造物)」だそうです。

その裏手にあるのが『青山茶舗』さんが営む日本茶喫茶『楽風(らふ)』さん。

『楽風』さんの入口に掲げられている看板

『楽風』さんの入口に掲げられている看板

奥へ入ると、これまた味わい深い古民家が。

写真上=『楽風』さんの店頭、中=庭に置いてある子供用乗り物、下=とってもレトロな軒下

写真上=『楽風』さんの店頭、中=庭に置いてある子供用乗り物、下=とってもレトロな軒下

『青山茶舗』さんがかつて使っていた納屋(明治24=1891年築)を改装して、1992(平成4)年に1階=カフェ・2階=ギャラリーとしてオープンさせたのがこちら。

メソポ田宮は2008(平成20)年に初めてこちらへ、『週刊プロレス』などでご活躍中のカメラマン・菊田義久さんの写真展を観に来ました。

青山茶舗 地域の特性と深い関連のある事業所 さいたま市の伝統産業

http://www.saitama-dentousangyou.com/123/index.html

さいたま市の伝統産業に関する情報を掲載しています。このページでは、「さいたま市浦和区岸町4-25-12」にある「茶葉販売」事業所「青山茶舗」の詳細情報を掲載しております。

楽風 - さいたま市 浦和の日本茶喫茶 ギャラリー

http://rafu-urawa.com/

さいたま市浦和の日本茶喫茶「楽風」1Fが喫茶、2Fがギャラリーです。

関連する投稿


あふれ出る魅惑の銭湯アート&グッズたち! 『銭湯サポーターフォーラム2022』展示&物販レポート

あふれ出る魅惑の銭湯アート&グッズたち! 『銭湯サポーターフォーラム2022』展示&物販レポート

東京都浴場組合さんが2015年から年1回、10月10日=銭湯の日を記念して開催している人気イベント『銭湯サポーターフォーラム』。 今年もブース出展者として参加してまいりました。その模様をご報告!


昭和〜平成〜令和へつながる家族の絆。 秘蔵写真大公開!新宿区・曙橋『大星湯』さん <後編>

昭和〜平成〜令和へつながる家族の絆。 秘蔵写真大公開!新宿区・曙橋『大星湯』さん <後編>

銭湯の魅力は大きなお風呂に入るだけではなく、その銭湯を営む“人のあたたかさ”にもあると感じる筆者。今回は、『大星湯』さんのご家族にスポットを当ててみました。


フジテレビ本社があった街・曙橋で67年! 輝く「AED設置」第1号銭湯『大星湯』さん <前編>

フジテレビ本社があった街・曙橋で67年! 輝く「AED設置」第1号銭湯『大星湯』さん <前編>

江戸時代には多くの武家屋敷があり、明治~大正時代にかけては小泉八雲、永井荷風、夏目漱石なども住んでいたという新宿区のこのエリア。探索からの銭湯はいかが?


忌野清志郎さん(RCサクセション)ファンの聖地 『多摩蘭坂(たまらん坂)』も近くにある! 国立市の銭湯『鳩の湯』さん <後編>

忌野清志郎さん(RCサクセション)ファンの聖地 『多摩蘭坂(たまらん坂)』も近くにある! 国立市の銭湯『鳩の湯』さん <後編>

夏は銭湯の水風呂が最高に気持ちのいい季節。 こちら『鳩の湯』さんにも、軟水の水風呂がありますよ〜。


「国立市最後の銭湯」は若旦那夫婦が守る! 祝・リニューアル2周年『鳩の湯』さん <前編>

「国立市最後の銭湯」は若旦那夫婦が守る! 祝・リニューアル2周年『鳩の湯』さん <前編>

この4/13にめでたくリニューアルオープン2周年を迎えた『鳩の湯』さん。 銭湯もりあげた~い&お湯わいてるぞうとは、いろいろとご縁のある銭湯さんなのです。


最新の投稿


【クルマニアックイズ】557本目

【クルマニアックイズ】557本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!


【クルマニアックイズ】556本目

【クルマニアックイズ】556本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


うなぎとうさぎと昭和レトロも楽しめる! 浦和レッズの街で熱き炎『鹿島湯』さん <前編>

うなぎとうさぎと昭和レトロも楽しめる! 浦和レッズの街で熱き炎『鹿島湯』さん <前編>

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)・浦和レッズの本拠地で日々“熱闘中”の銭湯さんがあります。2017年に「ホームなのにアウェイ。」「“浦和”にあるのに“鹿島”。」というキャッチコピーで大きな話題となったことでも知られる『鹿島湯』さんです。


【クルマニアックイズ】555本目

【クルマニアックイズ】555本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


【クルマニアックイズ】554本目

【クルマニアックイズ】554本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!