セリカLB2000GT | トヨタ - 日本初のスペシャリティカー

セリカLB2000GT | トヨタ - 日本初のスペシャリティカー

トヨタの初代セリカ、A20/30型です。写真は後期モデルのテールゲート付きリフトバックモデル。2017トヨタ博物館クラシックカーフェスティバルin神宮外苑にて撮影。


ユーティリティとスタイリッシュさを両立したデザインが秀逸

トヨタ セリカ

モデル名 :セリカリフトバック2000GT
メーカー名:トヨタ
年式   :1976年
撮影場所 :2017トヨタ博物館クラシックカーフェスティバルin神宮外苑

スペシャリティカーの概念をはじめて日本で打ち出し、主に若者を中心に大人気となった初代セリカ。
デビュー当時は若者向けにスポーティな走りと豪華な装備、フルチョイスシステムによる「自分だけの特別な車」感を打ち出していたが、より高級路線・より高い年齢層にむけてターゲットを拡大すべく投入されたのが「リフトバック」だ。

流麗なボディラインに大型テールゲートの実用性

トヨタ セリカ

ダルマセリカのノッチバックボディのルーフを後ろに斜めに伸ばし、なだらかで流麗なボディラインを作りそこに大型テールゲートを作る。リアエンドはクイッとヒップアップしたダックテールになっている。
太いCピラーの下はなだらかに弧を描くショルダーライン。ノーズは延長され伸びやかなデザインに。
もうこれは当時最先端のデザイン要素がこれでもかというぐらい取り入れられて、トヨタの気合を感じるね。

しかも大型テールゲートを設けたことにより大きなラゲッジスペースとそこへのアクセス性を確保。
こうなると、カッコいいスタイルを強調しつつも「このラゲッジにたくさん荷物を積んで、レジャーに行こう」というプロモーションになるのは必然だ。

広いラゲッジにスキーやウェアを放り込んで、ダンディなナイスミドルが美しい女性を伴ってレジャーに出かける・・・これはもう、世のおやじ達はこのイメージにイチコロだったに違いない。
レジャーを楽しむライフスタイルなんて当時まだまだ夢のようだし、スペシャリティなリフトバックに乗ったらこんな生活が手に入るのかも・・・と妄想するのは世の常、男の常。
かくしてダルマもリフトバックも大人気となり、セリカは長らく男子憧れの車種名となっていったんだ。

マイナーチェンジで衝撃吸収型のバンパーに

トヨタ セリカ

マイナーチェンジを受けた75年以降のリフトバックは、アメリカ輸出を意識したと思われる衝撃吸収型のバンパーとなり、両端にラバーの衝撃吸収材が装備されている。
初代セリカといえば両端がクイっと上がったバンパーをイメージする人も多く、ここは好みの分かれるところかもね。もちろんどちらもそれぞれの魅力がある。

リアにある「TTC-C」のエンブレムは、「Toyota Total Clean System - Catalyst」のことで、排ガス規制に対応するための触媒を装着しているという意味だ。
当時このエンブレムを付けたトヨタ車をよく見かけるようになったのだけど、これは今でいう所の環境対応エンジン車につく星マークのステッカーのようなものだね。

トヨタ セリカ

関連する投稿


500 | アバルト - トレードマークのサソリがアツい走りをイメージさせる

500 | アバルト - トレードマークのサソリがアツい走りをイメージさせる

イタリアの国民車フィアット500をカリカリにチューニングして人気を博していたのが、カルロ・アバルト率いるアバルト社だ。


500 | フィアット - ルパン三世の愛車というイメージが強い

500 | フィアット - ルパン三世の愛車というイメージが強い

イタリアの国民車、フィアット500のタイプFだ。レモンイエローの500というと、やはりルパン三世の愛車というイメージが強いね。「カリオストロの城」で乗っていたのがこれだ。


サニー | 日産 - 後期型の最強モデル、1200GX-5

サニー | 日産 - 後期型の最強モデル、1200GX-5

小型軽量でスポーティなので今でも人気が高い、B110型2代目サニー。これは後期型の最強モデル、1200GX-5。5MTは「直結」と呼ばれるタイプのミッションだ。


グロリア | 日産 - タテグロの愛称で呼ばれる3代目

グロリア | 日産 - タテグロの愛称で呼ばれる3代目

縦目グロリア、タテグロなどの愛称で呼ばれる3代目グロリア。


コロナ | トヨタ - アローラインと呼ばれる傾斜したフロントノーズが特徴的

コロナ | トヨタ - アローラインと呼ばれる傾斜したフロントノーズが特徴的

アローラインと呼ばれる、傾斜したフロントノーズが特徴的な3代目コロナだ。


最新の投稿


500 | アバルト - トレードマークのサソリがアツい走りをイメージさせる

500 | アバルト - トレードマークのサソリがアツい走りをイメージさせる

イタリアの国民車フィアット500をカリカリにチューニングして人気を博していたのが、カルロ・アバルト率いるアバルト社だ。


昭和 死語の世界 ~ダビング~

昭和 死語の世界 ~ダビング~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回は好きな音楽や映画が見たいと、誰もが躍起になった行為、「ダビング」をご紹介しよう。


シボレーインパラ 1959

シボレーインパラ 1959

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回は古き良きアメ車の雰囲気を色濃く感じるシボレー・インパラをご紹介。


【クルマニアックイズ】281本目

【クルマニアックイズ】281本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


【クルマニアックイズ】280本目

【クルマニアックイズ】280本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!