「国立市最後の銭湯」は若旦那夫婦が守る! 祝・リニューアル2周年『鳩の湯』さん <前編>

「国立市最後の銭湯」は若旦那夫婦が守る! 祝・リニューアル2周年『鳩の湯』さん <前編>

この4/13にめでたくリニューアルオープン2周年を迎えた『鳩の湯』さん。 銭湯もりあげた~い&お湯わいてるぞうとは、いろいろとご縁のある銭湯さんなのです。


旭通りをまっすぐ行けば

JR国立駅(南口側)と、国立市の指定有形文化財(建造物)に指定されている旧国立駅舎

JR国立駅(南口側)と、国立市の指定有形文化財(建造物)に指定されている旧国立駅舎

大正15(1926)年に開業した国立(くにたち)駅。
街のシンボルだった赤い三角屋根の旧国立駅舎は、三鷹~立川間の高架化により平成18(2006)年に解体→令和2(2020)年に資料展示室、案内所、休憩スペースなどを備えた公共施設として再建されました。

ちなみに今回、初めて知ったのですが、「国立」という名称の由来は、国分寺駅と立川駅の中間(西国分寺駅は後に開設)にできる新しい駅だから…ということで、両駅から1文字ずつ取って「国立」と名付けられたんだとか(他の説もあり)。

旧国立駅舎の中。駅のホームの写真は大正15年撮影だそうです。

旧国立駅舎の中。駅のホームの写真は大正15年撮影だそうです。

他の駅前とは違う、実に落ち着いた雰囲気の街並み。
それはこちらが「国立文教地区」だから、なのですね。

駅前のロータリーに「国立文教地区」の看板。

駅前のロータリーに「国立文教地区」の看板。

青少年を健全に育てるため、教育や研究、文化活動をする上で“環境の悪化をもたらすような施設”とされる、パチンコ店、バー、キャバレー、映画館、劇場、モーテルなどの建設を制限してきたのだそうです。

この通りをまっすぐ進みます。

この通りをまっすぐ進みます。

国立駅南口から前方へ伸びるメインストリート『大学通り』の左側・南東へななめに伸びている『旭通り』を7~8分ほど歩くと、お目当ての『鳩の湯』さんに着きます。

その途中にも、お楽しみはいろいろあって…

『鳩の湯』さん到着までの間に、古本屋が3軒もあります。

『鳩の湯』さん到着までの間に、古本屋が3軒もあります。

レトロなポストも健在。

レトロなポストも健在。

独特な佇まいのお店2軒。

独特な佇まいのお店2軒。

右手に『クニタチスポーツガーデン』というスポーツクラブのビルが見えたら、左側へちょっと入ったところに、国立市に1軒だけの銭湯・『鳩の湯』さんがあります。

『鳩の湯』さん正面。

『鳩の湯』さん正面。

側面はこんな感じ。看板が目を引きます。

側面はこんな感じ。看板が目を引きます。

リニューアル前の『鳩の湯』さんは、こちら側に玄関がありました。

旧『鳩の湯』さんの姿。(2019年)

旧『鳩の湯』さんの姿。(2019年)

『鳩の湯』で生まれ育って

笑顔が素敵なご両人、高張光成さん&かおりさん。

笑顔が素敵なご両人、高張光成さん&かおりさん。

『鳩の湯』さんの創業は昭和33(1958)年。
現在は三代目ご主人・高張光成さん&かおりさんご夫妻と、光成さんのお父様・修一さん+清掃スタッフで切り盛りしています。

このような写真も見せていただきました。

光成さんの小さい頃! お目目クリクリでカワイイ~

光成さんの小さい頃! お目目クリクリでカワイイ~

『鳩の湯』さんの脱衣所や、店の外で撮られた写真。
写っているクルマは、燃料運搬用です。

『鳩の湯』に生まれ育ち、20代の頃より『鳩の湯』で働き始めた光成さん。
若いうちから「自分がここを継ぐ」と意識していたそうです。

建物の老朽化に伴い、改装を検討し始めた時、「内部の柱を取り替えるだけで1000万円かかる」と建築業者さんに言われビックリ。
それなら…!とすべて建て替えることを決意。
2019年4月より休業→大規模リニューアルし、2020年4月に再オープンしました。

休業をお知らせする貼り紙(2019年)

休業をお知らせする貼り紙(2019年)

関連する投稿


地元銭湯を愛するサポーターさんたちも熱い! レトロを保ちながら進化する、浦和『鹿島湯』さん <後編>

地元銭湯を愛するサポーターさんたちも熱い! レトロを保ちながら進化する、浦和『鹿島湯』さん <後編>

『ゴールデン横丁』サイトの閉鎖に伴い、残念ながらこの連載も今回が最終回。 約3年弱、おつきあいいただき有り難うございました。 ラスト、たっぷりあったまってってください〜。


うなぎとうさぎと昭和レトロも楽しめる! 浦和レッズの街で熱き炎『鹿島湯』さん <前編>

うなぎとうさぎと昭和レトロも楽しめる! 浦和レッズの街で熱き炎『鹿島湯』さん <前編>

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)・浦和レッズの本拠地で日々“熱闘中”の銭湯さんがあります。2017年に「ホームなのにアウェイ。」「“浦和”にあるのに“鹿島”。」というキャッチコピーで大きな話題となったことでも知られる『鹿島湯』さんです。


あふれ出る魅惑の銭湯アート&グッズたち! 『銭湯サポーターフォーラム2022』展示&物販レポート

あふれ出る魅惑の銭湯アート&グッズたち! 『銭湯サポーターフォーラム2022』展示&物販レポート

東京都浴場組合さんが2015年から年1回、10月10日=銭湯の日を記念して開催している人気イベント『銭湯サポーターフォーラム』。 今年もブース出展者として参加してまいりました。その模様をご報告!


昭和〜平成〜令和へつながる家族の絆。 秘蔵写真大公開!新宿区・曙橋『大星湯』さん <後編>

昭和〜平成〜令和へつながる家族の絆。 秘蔵写真大公開!新宿区・曙橋『大星湯』さん <後編>

銭湯の魅力は大きなお風呂に入るだけではなく、その銭湯を営む“人のあたたかさ”にもあると感じる筆者。今回は、『大星湯』さんのご家族にスポットを当ててみました。


フジテレビ本社があった街・曙橋で67年! 輝く「AED設置」第1号銭湯『大星湯』さん <前編>

フジテレビ本社があった街・曙橋で67年! 輝く「AED設置」第1号銭湯『大星湯』さん <前編>

江戸時代には多くの武家屋敷があり、明治~大正時代にかけては小泉八雲、永井荷風、夏目漱石なども住んでいたという新宿区のこのエリア。探索からの銭湯はいかが?


最新の投稿



地元銭湯を愛するサポーターさんたちも熱い! レトロを保ちながら進化する、浦和『鹿島湯』さん <後編>

地元銭湯を愛するサポーターさんたちも熱い! レトロを保ちながら進化する、浦和『鹿島湯』さん <後編>

『ゴールデン横丁』サイトの閉鎖に伴い、残念ながらこの連載も今回が最終回。 約3年弱、おつきあいいただき有り難うございました。 ラスト、たっぷりあったまってってください〜。


【クルマニアックイズ】557本目

【クルマニアックイズ】557本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!


【クルマニアックイズ】556本目

【クルマニアックイズ】556本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


うなぎとうさぎと昭和レトロも楽しめる! 浦和レッズの街で熱き炎『鹿島湯』さん <前編>

うなぎとうさぎと昭和レトロも楽しめる! 浦和レッズの街で熱き炎『鹿島湯』さん <前編>

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)・浦和レッズの本拠地で日々“熱闘中”の銭湯さんがあります。2017年に「ホームなのにアウェイ。」「“浦和”にあるのに“鹿島”。」というキャッチコピーで大きな話題となったことでも知られる『鹿島湯』さんです。