世界最強!?日本のパスポートの進化の歴史

世界最強!?日本のパスポートの進化の歴史

世界最強とも名高い日本が誇るものをご存じだろうか?それは、パスポート、旅券である。今回は世界に誇る日本のパスポートを、庶民文化研究所所長・町田忍さんの歴代パスポートで振り返っていこう。


ビザなしで190カ国以上に滞在できる、日本のパスポート

海外に旅行に行く際に国籍や身分を証明するための文書。それがパスポート。
日本国のパスポートこそ世界最強と讃えられている。
なんでも、ビザなしで世界192カ国に滞在することができるパスポートは日本だけであり、国際的な信用度がとても高いパスポートなのである。
これはイギリスのコンサルティング会社「ヘンリー&パートナーズ」が行っている調査で、渡航可能な国の数を「強さ」として定期的に行っているものによるのだとか。
日本の円もそうだけど、基本的に信用度が高い国である。これは誇れるところだろう。

さて、そんなパスポートだが、歴史の始まりはなんと江戸時代にまで遡る。
1886年、パリ万博に向かった曲芸団に発行されたパスポートが初と言われている。
当時は写真もまだ普及していなかったので、画像ではなく文章で人相書きが記されていたそうな。
その後も、様々な変遷を辿ってきたパスポートだが、その軌跡を町田忍さんの諸国漫遊を支えた歴代のパスポートで振り返っていこう。

沖縄が外国だったときのパスポート

沖縄が外国だったときのパスポート

こちらの手作り感あふれる身分証明書は、町田さんが昭和45(1970)年に、沖縄に行った際に使ったもの。
沖縄に行くのになぜここまで仰々しいものが必要かというと、それは沖縄がまだアメリカだったから。
日本に返還される前には、沖縄に行くためにはこのような専用の身分証明書が必要だったのだとか。

ヨーロッパ漫遊期のパスポート

ヨーロッパ漫遊期のパスポート

すでに現在の面影を感じるこちらのパスポートは、昭和47(1972)年、ヨーロッパ旅行を敢行した際に発行したパスポート。

ようやく見慣れたエンジのパスポートが登場

見慣れたエンジのパスポート

そして、最後に登場するのは昭和59(1984)年に、アメリカに行った際に発行したもの。
ちなみに、現在のパスポートは10年用がエンジ色、5年用が紺。
そして皇族や外交官が使う茶色、国会議員などが使う緑色と複数の色がある。
茶色や緑のパスポート、持ってみたいものである…。

さて、いかがだっただろうか?世界最強のパスポートと言われる日本のパスポートだが、そこに至るまでには様々な変遷があったようだ。
どんなものにでも様々な歴史があって面白いものである。

またいつかパスポートを持ってバカンスに自由に飛び立ちたいものだ。

ゴールデン横丁の仲間たち | 町田 忍(まちだ しのぶ)

https://goldenyokocho.jp/articles/677

ありとあらゆる庶民文化に精通し、膨大なコレクションとエピソードをお持ちの「庶民文化研究所」所長、町田忍さん。 昭和レトロそのもののような町田さんの研究所にお邪魔し、膨大なコレクションから懐かしいアイテムをピックアップ。懐かしいエピソードや知られざる裏話、さらに華麗なる交友録までお届けします。

関連する投稿


キョロちゃんの歴史

キョロちゃんの歴史

キョロちゃんとは、言わずと知れた森永製菓「チョコボール」のキャラクターだ。キョロちゃんという愛らしいキャラクターのその歴史を庶民文化研究所所長・町田忍さんにまとめてもらった。


女性型アンドロイド(映画「メトロポリス」より)

女性型アンドロイド(映画「メトロポリス」より)

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回はSF映画の金字塔「メトロポリス」に登場する女性型アンドロイドに迫る。


寺社巡りの思い出づくりが発祥?千社札コレクション

寺社巡りの思い出づくりが発祥?千社札コレクション

神社やお寺の天井や塀などに貼られているシールを見たことはないだろうか?アレの名前は千社札という。もしかしたら粋な人ならば貼ったことがある、という人もいるのでは?今回は江戸時代に起源を持つ、千社札について庶民文化研究所所長・町田忍さんに紹介してもらった。


初恋の味。カルピスの思い出

初恋の味。カルピスの思い出

おいしくって体にいい!そして、「初恋の味」のキャッチコピーでおなじみの飲み物、カルピス。今回は子どもも大人も大好きなカルピスについて、庶民文化研究所所長・町田忍さんに紹介してもらった。


庶民文化研究所町田忍所長のパイン缶コレクション

庶民文化研究所町田忍所長のパイン缶コレクション

あまーいシロップに浸かった果物の缶詰は、子供心に特別なデザートだ。パイン缶はその中でも代表格のような存在だった。今回はそんなパイン缶について、庶民文化研究所所長・町田忍さんに紹介してもらった。


最新の投稿


【クルマニアックイズ】530本目

【クルマニアックイズ】530本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


キョロちゃんの歴史

キョロちゃんの歴史

キョロちゃんとは、言わずと知れた森永製菓「チョコボール」のキャラクターだ。キョロちゃんという愛らしいキャラクターのその歴史を庶民文化研究所所長・町田忍さんにまとめてもらった。


【クルマニアックイズ】529本目

【クルマニアックイズ】529本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!


【クルマニアックイズ】528本目

【クルマニアックイズ】528本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


【旧車図鑑】パラダイムシフトを引き起こした、小さいけれども大きな存在・スバル360

【旧車図鑑】パラダイムシフトを引き起こした、小さいけれども大きな存在・スバル360

日本ではじめて、人々に「自家用車」を持つ夢を見せてくれた「スバル・360」。モータリゼーションを実現し、頑張れば明日はもっと良くなるという夢を具現化してくれた存在だ。その誕生した時代背景と、世の中の動きを追ってみよう。