初恋の味。カルピスの思い出

初恋の味。カルピスの思い出

おいしくって体にいい!そして、「初恋の味」のキャッチコピーでおなじみの飲み物、カルピス。今回は子どもも大人も大好きなカルピスについて、庶民文化研究所所長・町田忍さんに紹介してもらった。


カルピスはどうして初恋の味なのか

今でこそ、アサヒグループホールディングスの一員となっているカルピスだが、その歴史のはじまりは大正6(1917)年まで遡る。創業当時はラクト―株式会社という名前だったが、2年後にカルピスが発売され、さらにその4年後、カルピス製造株式会社という名前になり、会社名にもカルピスが入ってくる。
そんな会社を象徴する人気飲料カルピスの名コピーといえば、初恋の味だがこのコピーは創業当初から使われていたもので、創業者の後輩が考えたと言われている。
大正の時代に「初恋の味」とはなんともおしゃれ!モダンな文化が流行った大正ロマンにふさわしいコピーではないだろうか。

現在は会社も変わってしまったが、変わらず愛されているカルピス。でも、町田さんによれば、かつてはそんなに気軽に飲めるものではなかったという。昭和30年代はじめは高級といっていいものであり、それこそ初恋並みに飲むことが特別なものだったそう。普及しはじめたのは、冷蔵庫が広まりはじめた昭和30年代中ころから。
ちなみに、町田さんがはじめて飲んだときは「こんなおいしい飲み物は初めての体験だった」となったそうだ。なるほど、これは初恋の味というのもうなずけるというものである。

カルピスといえば、水玉!

初恋の味はインパクトのある言葉だが、カルピスにはもうひとつ印象深いモチーフがある。それが、水玉模様である。1922年ごろからはすでに用いられていたモチーフであり、いまも変わらないカルピスを象徴するものである。
だが、当然ながらちょこちょことマイナーチェンジはされているわけで…そんなカルピス=水玉の歴史を町田さんの写真で振り返っていこう。

青地に白のパッケージ 

見慣れた水玉ではあるが、普段見ているものとは青と白が逆転している。どちらかといえば白地に青をイメージする人のほうが多いだろうが、こういうパッケージもあったのだ。

白地に青のパッケージと、白地にオレンジのパッケージ

白地に青のパッケージその2

こちらは白地に青だがドットの大きさや、ロゴなんかはやはり違っている。そもそもこの水玉模様、もともとは発売日が七夕だったこともあり、ドットで天の川を表現したものがスタートだったそう。最初に水玉を用いたパッケージが登場したときは、一枚目に紹介したもののように、青地に白だったらしい。なるほど、たしかにこちらのほうが夜空に広がる星のようだ。

こうやってカルピスについて調べてみると、初恋やら天の川やらと、きれいなエピソードがたくさんあることがわかる。やはり、カルピスは今までもこれから先も愛される飲み物であり続けるような気がする。

ゴールデン横丁の仲間たち | 町田 忍(まちだ しのぶ)

https://goldenyokocho.jp/articles/677

ありとあらゆる庶民文化に精通し、膨大なコレクションとエピソードをお持ちの「庶民文化研究所」所長、町田忍さん。 昭和レトロそのもののような町田さんの研究所にお邪魔し、膨大なコレクションから懐かしいアイテムをピックアップ。懐かしいエピソードや知られざる裏話、さらに華麗なる交友録までお届けします。

関連する投稿


街頭の灰皿

街頭の灰皿

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回は今ではなかなかお目にかかれない街頭の灰皿をご紹介。


キョロちゃんの歴史

キョロちゃんの歴史

キョロちゃんとは、言わずと知れた森永製菓「チョコボール」のキャラクターだ。キョロちゃんという愛らしいキャラクターのその歴史を庶民文化研究所所長・町田忍さんにまとめてもらった。


女性型アンドロイド(映画「メトロポリス」より)

女性型アンドロイド(映画「メトロポリス」より)

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回はSF映画の金字塔「メトロポリス」に登場する女性型アンドロイドに迫る。


世界最強!?日本のパスポートの進化の歴史

世界最強!?日本のパスポートの進化の歴史

世界最強とも名高い日本が誇るものをご存じだろうか?それは、パスポート、旅券である。今回は世界に誇る日本のパスポートを、庶民文化研究所所長・町田忍さんの歴代パスポートで振り返っていこう。


寺社巡りの思い出づくりが発祥?千社札コレクション

寺社巡りの思い出づくりが発祥?千社札コレクション

神社やお寺の天井や塀などに貼られているシールを見たことはないだろうか?アレの名前は千社札という。もしかしたら粋な人ならば貼ったことがある、という人もいるのでは?今回は江戸時代に起源を持つ、千社札について庶民文化研究所所長・町田忍さんに紹介してもらった。


最新の投稿


【クルマニアックイズ】535本目

【クルマニアックイズ】535本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


【クルマニアックイズ】534本目

【クルマニアックイズ】534本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


「国立市最後の銭湯」は若旦那夫婦が守る! 祝・リニューアル2周年『鳩の湯』さん <前編>

「国立市最後の銭湯」は若旦那夫婦が守る! 祝・リニューアル2周年『鳩の湯』さん <前編>

この4/13にめでたくリニューアルオープン2周年を迎えた『鳩の湯』さん。 銭湯もりあげた~い&お湯わいてるぞうとは、いろいろとご縁のある銭湯さんなのです。


【クルマニアックイズ】533本目

【クルマニアックイズ】533本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


【クルマニアックイズ】532本目

【クルマニアックイズ】532本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!