日本のおいしい発明品「インスタントラーメン」

日本のおいしい発明品「インスタントラーメン」

お湯があれば完成する、日本が誇るおいしい発明品「インスタントラーメン」。世界、特にアジアではこの発明が大いに受け入れられ、様々な種類のラーメンが誕生しているそう。今回は庶民文化研究所の町田忍さんにアジアのインスタントラーメンを紹介してもらった。


世界に羽ばたくインスタントラーメン!

お湯があれば完成する、手軽でおいしいラーメン。それがインスタントラーメンである。
発明したのはご存じ、日清食品。その創業者である安藤百福が開発者とされるのが定説だ。
この画期的な発明はまたたく間に世界で受け入れられ、2018年のデータによれば世界中で1,036億食も消費されているらしい。
世界人口と比較しても飛び抜けて食べられていることがよくわかる。

これだけ世界に受け入れられていると、本当に様々なインスタントラーメンが誕生する。
日本でもかなり種類が豊富だが、海外には日本では考えられないようなインスタントラーメンがあったりするのだ。
特にアジア圏は距離が近いこともあってか、日本に負けないくらい数が豊富。

そこで、今回は庶民文化研究所・所長、町田忍さんにアジア圏のインスタントラーメンを紹介してもらった。

台湾のインスタントラーメン

台湾のインスタントラーメン

こちらは日本からもほど近い台湾のインスタントラーメン。
日本のインスタントラーメンが台湾独自に発達した感がある。

細麺よりも平打ち麺など、ちょっと変わった形状の麺のものがあったりする。
インスタントラーメンにも、お国柄が色濃く反映するということか。

辛味が人気?韓国のインスタントラーメン

韓国のインスタントラーメン

日本でもかなり浸透している辛ラーメンでおなじみ、韓国のインスタントラーメン。
赤いパッケージが多く、辛そうな印象である。
左下のものは日本語でキムチラーメンとあるし、「ショック」ともある。もろに辛そうだ。

トムヤムクンラーメンは日本でも人気!タイのインスタントラーメン

タイのインスタントラーメン

こちらはアジア屈指のビーチリゾートがあることでも知られるタイのインスタントラーメン。近年、アジアのスパイスが効いた料理は日本でも人気で、トムヤムクンなどタイの料理も人気が高い。

そんな国だけにインスタントラーメンもスパイスが効いていそうなものが多い。
色柄がカラフルなのもいかにもな感じがする。
そういえば、トムヤムラーメンなるものや、パクチー山盛りラーメンなんてものが日本でも人気だったりするし、ラーメンとアジアン料理は案外相性がいいのかもしれない。

シンガポール・フィリピンのインスタントラーメン

フィリピンのインスタントラーメン

最後はシンガポール、フィリピンのインスタントラーメン。
ちなみに上段がシンガポールのインスタントラーメンで下段がフィリピンのインスタントラーメンだそう。
なんだかとてもタイのインスタントラーメンと近しい空気を感じるパッケージだ。
シンガポールにいたってはタイの伝統料理、トムヤムクンのラーメンもある。
さすがはアジア屈指の貿易経済の国である。
インスタントラーメンもワールドワイドということか。

日本発祥のインスタントラーメンもお国が違えば、これだけ豊富なバリエーションがある。
きっとアメリカにいけばまた違った顔を見ることができるだろう。
もはやラーメンも中国はもちろん、日本だけのものでもなく、世界中あらゆる国にとって必要不可欠な食文化となっているのかもしれない。やはりラーメンは偉大だ。

ゴールデン横丁の仲間たち | 町田 忍(まちだ しのぶ)

https://goldenyokocho.jp/articles/677

ありとあらゆる庶民文化に精通し、膨大なコレクションとエピソードをお持ちの「庶民文化研究所」所長、町田忍さん。 昭和レトロそのもののような町田さんの研究所にお邪魔し、膨大なコレクションから懐かしいアイテムをピックアップ。懐かしいエピソードや知られざる裏話、さらに華麗なる交友録までお届けします。

関連する投稿


モルタル住宅

モルタル住宅

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回はかつてよく見た建築資材モルタルを利用した「モルタル住宅」についてご紹介。


空の旅のお供。航空会社のアメニティその1 マッチ・石鹸・絵葉書

空の旅のお供。航空会社のアメニティその1 マッチ・石鹸・絵葉書

日本国内はもちろん、遠く海外まで我々を運んでくれる究極の移動手段、飛行機。その機内で手に入るアイテムが、各航空会社で配られるアメニティだ。今回は様々な場所に移動している庶民文化研究所所長・町田忍さんに空の旅のアメニティを紹介してもらった。


幸せも富もかき集める「熊手」

幸せも富もかき集める「熊手」

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回は酉の市に欠かせない縁起物、「熊手」についてご紹介しよう。


火事の現場もなんだかマッチョ…アメリカの消防車

火事の現場もなんだかマッチョ…アメリカの消防車

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回は町田画伯がかつてロサンゼルスで見かけたというアメリカンな消防車をご紹介しよう!


今じゃ常識だけど当時は革新的なお茶の飲み方「リプトンティーバッグ」

今じゃ常識だけど当時は革新的なお茶の飲み方「リプトンティーバッグ」

日本茶とは違い、発酵させた茶葉を使って入れる「紅茶」。その紅茶を手軽に家庭で楽しめるようにしてくれたのが「ティーバッグ」だ。今回は紅茶の便利な楽しみ方となったティーバッグと、紅茶といえば思い浮かぶリプトンの歴史について庶民文化研究所所長の町田忍さんに教えてもらった。


最新の投稿


スカイラインGT-R - 第2世代のGT-Rとして爆発的な人気を誇ったR32

スカイラインGT-R - 第2世代のGT-Rとして爆発的な人気を誇ったR32

第2世代のGT-Rとして爆発的な人気を誇ったR32も、そろそろ旧車とかネオクラシックと呼ばれる世代になってきたね。


モルタル住宅

モルタル住宅

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回はかつてよく見た建築資材モルタルを利用した「モルタル住宅」についてご紹介。


【クルマニアックイズ】430本目

【クルマニアックイズ】430本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


空の旅のお供。航空会社のアメニティその1 マッチ・石鹸・絵葉書

空の旅のお供。航空会社のアメニティその1 マッチ・石鹸・絵葉書

日本国内はもちろん、遠く海外まで我々を運んでくれる究極の移動手段、飛行機。その機内で手に入るアイテムが、各航空会社で配られるアメニティだ。今回は様々な場所に移動している庶民文化研究所所長・町田忍さんに空の旅のアメニティを紹介してもらった。


【クルマニアックイズ】429本目

【クルマニアックイズ】429本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!