昭和 死語の世界 ~新人類~

昭和 死語の世界 ~新人類~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回は昭和世代にとっての未知との遭遇を表す言葉、「新人類」についてご紹介しよう。


新人類

死語解説:新人類[名詞]

1960~1970年の間に生まれた世代を表す流行語。
現代ではその世代を表すマーケティング用語としても使われている。
経済学者の栗本慎一郎氏が提唱した言葉で、この世代が社会人として活躍するタイミング、1980年代ごろから用いられるようになった。

時代背景

この言葉が生まれたのは、バブル真っ盛り、日本がぐんぐん成長を重ねていく最中のこと。
いわゆるバブル入社組のことを指して、新人類と総称する動きがあった。
そう、まさにゴル横の読者の世代と言えるだろう。
当初はそれまでの年上を敬う年功序列的な価値観から逸脱した「自分勝手」「無気力無感動」などといったマイナスイメージが先行していた言葉だったのだが、後に新人類の代表として当時鳴り物入りでデビューした清原和博や工藤公康といった野球選手が取り上げられたことで、次第にプラスのイメージで語られることが増えていった。
正直、いまの若者のほうが昭和世代にしてみれば“新人類”といった感じだとは思うのだが、当時は現在の50代60代が新人類だったのだ。
というか、基本的におじさんからすれば若い世代はいつの時代も新人類だ。
いや、新人類というよりももはや宇宙人、ミュータントなんていいたくなるところだ。
だが、自分たちもそう受け取られていた時期があったことを忘れてはならない。

関連する投稿


昭和 死語の世界 ~三高~

昭和 死語の世界 ~三高~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回はかつての女性の憧れの男性像を短く簡潔にまとめたあの言葉「三高」をご紹介。


昭和 死語の世界 ~モーレツ社員~

昭和 死語の世界 ~モーレツ社員~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回は昭和の勢いを思わせる「モーレツ社員」をご紹介。


昭和 死語の世界 ~オー、モーレツ!~

昭和 死語の世界 ~オー、モーレツ!~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回はちょっぴり刺激的で、ちょっぴりセクシーな往年の名CMから生まれた死語「オー、モーレツ!」をご紹介!


昭和 ギャグ系死語の世界 ~びっくりしたなぁ、もう!~

昭和 ギャグ系死語の世界 ~びっくりしたなぁ、もう!~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回は伊東四朗らとともにてんぷくトリオとして活躍した三波伸介の当たりギャグ「びっくりしたなぁ、もう!」をご紹介しよう。


昭和 死語の世界 ~コウモリ~

昭和 死語の世界 ~コウモリ~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回は夜に羽ばたき、生き血をすする…ではなく、雨の日に広げられる「コウモリ」についてご紹介しよう。


最新の投稿


【クルマニアックイズ】530本目

【クルマニアックイズ】530本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


キョロちゃんの歴史

キョロちゃんの歴史

キョロちゃんとは、言わずと知れた森永製菓「チョコボール」のキャラクターだ。キョロちゃんという愛らしいキャラクターのその歴史を庶民文化研究所所長・町田忍さんにまとめてもらった。


【クルマニアックイズ】529本目

【クルマニアックイズ】529本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!


【クルマニアックイズ】528本目

【クルマニアックイズ】528本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


【旧車図鑑】パラダイムシフトを引き起こした、小さいけれども大きな存在・スバル360

【旧車図鑑】パラダイムシフトを引き起こした、小さいけれども大きな存在・スバル360

日本ではじめて、人々に「自家用車」を持つ夢を見せてくれた「スバル・360」。モータリゼーションを実現し、頑張れば明日はもっと良くなるという夢を具現化してくれた存在だ。その誕生した時代背景と、世の中の動きを追ってみよう。