昭和 死語の世界 ~新人類~

昭和 死語の世界 ~新人類~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回は昭和世代にとっての未知との遭遇を表す言葉、「新人類」についてご紹介しよう。


新人類

死語解説:新人類[名詞]

1960~1970年の間に生まれた世代を表す流行語。
現代ではその世代を表すマーケティング用語としても使われている。
経済学者の栗本慎一郎氏が提唱した言葉で、この世代が社会人として活躍するタイミング、1980年代ごろから用いられるようになった。

時代背景

この言葉が生まれたのは、バブル真っ盛り、日本がぐんぐん成長を重ねていく最中のこと。
いわゆるバブル入社組のことを指して、新人類と総称する動きがあった。
そう、まさにゴル横の読者の世代と言えるだろう。
当初はそれまでの年上を敬う年功序列的な価値観から逸脱した「自分勝手」「無気力無感動」などといったマイナスイメージが先行していた言葉だったのだが、後に新人類の代表として当時鳴り物入りでデビューした清原和博や工藤公康といった野球選手が取り上げられたことで、次第にプラスのイメージで語られることが増えていった。
正直、いまの若者のほうが昭和世代にしてみれば“新人類”といった感じだとは思うのだが、当時は現在の50代60代が新人類だったのだ。
というか、基本的におじさんからすれば若い世代はいつの時代も新人類だ。
いや、新人類というよりももはや宇宙人、ミュータントなんていいたくなるところだ。
だが、自分たちもそう受け取られていた時期があったことを忘れてはならない。

関連する投稿


死語辞典vol.10:よっこいしょういち

死語辞典vol.10:よっこいしょういち

昭和の流行語→現代の死語を解説する死語辞典。 「よっこいしょういち」の意味や成り立ち、現代語訳をご紹介。


死語辞典vol.09:あたり前田のクラッカー

死語辞典vol.09:あたり前田のクラッカー

昭和の流行語→現代の死語を解説する死語辞典。 「あたり前田のクラッカー」の意味や成り立ち、現代語訳をご紹介。


死語辞典vol.08:メンチ切る

死語辞典vol.08:メンチ切る

昭和の流行語→現代の死語を解説する死語辞典。 「メンチ切る」の意味や成り立ち、現代語訳をご紹介。


死語辞典vol.07:ドロン

死語辞典vol.07:ドロン

昭和の流行語→現代の死語を解説する死語辞典。 「ドロン」の意味や成り立ち、現代語訳をご紹介。


死語辞典vol.06:巻き戻し

死語辞典vol.06:巻き戻し

昭和の流行語→現代の死語を解説する死語辞典。 「巻き戻し」の意味や成り立ち、現代語訳をご紹介。


最新の投稿


【クルマニアックイズ】557本目

【クルマニアックイズ】557本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!


【クルマニアックイズ】556本目

【クルマニアックイズ】556本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


うなぎとうさぎと昭和レトロも楽しめる! 浦和レッズの街で熱き炎『鹿島湯』さん <前編>

うなぎとうさぎと昭和レトロも楽しめる! 浦和レッズの街で熱き炎『鹿島湯』さん <前編>

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)・浦和レッズの本拠地で日々“熱闘中”の銭湯さんがあります。2017年に「ホームなのにアウェイ。」「“浦和”にあるのに“鹿島”。」というキャッチコピーで大きな話題となったことでも知られる『鹿島湯』さんです。


【クルマニアックイズ】555本目

【クルマニアックイズ】555本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


【クルマニアックイズ】554本目

【クルマニアックイズ】554本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!