スカイラインHT2000GT │ 日産 - ケンメリと呼ばれた大人気車

スカイラインHT2000GT │ 日産 - ケンメリと呼ばれた大人気車

日産スカイラインの4代目、スカイラインHT2000GT C110型です。最上位車種のケンメリGT-Rにモディファイされがちな車種ながら、今回の1台はきれいな素のままの姿!在りし日の大人気車の姿が伺えます。サクラオートヒストリーフォーラム2018にて撮影。


ケンメリGT-Rがあまりに有名すぎるので

日産 スカイライン

モデル名 :スカイライン2000GT(4代目・C110型)
メーカー名:日産
年式   :1975年
撮影場所 :サクラオートヒストリーフォーラム2018

スカイラインといえばGT、「スカG」と略して呼ばれるのが常だ。
GTのほかに言わずもがなの「GT-R」という最上位グレードがあって、ハコスカから始まってケンメリ、32以降の新世代GT-Rどれもがクルマ好きあこがれのブランドであることは間違いない。

なかでもケンメリのGT-Rはよく言われることだが197台しか製造されなかったこともあって、「GT-R化モディファイ」がよく行われている。
他の車種でやるとやれニセモノだ、なんちゃってルックだといろいろ言われがちだが、元の車種がほんの少ししかない場合はあんまりそういうことを言っていられないかもしれないね。

素のケンメリ2ドアHTはなかなか見かけない

日産 スカイライン

ケンメリスカイラインの2ドアHT車は、どうしたってGT-R化というかRふうモディファイが施されがち。もちろんそれもファンにとってはアリな楽しみ方だし、どこまでやるかが腕の見せ所とさえいえるだろう。
ただ、あまりにそれが流行ってしまったためか、素のケンメリ2ドアHTというのはなかなか見かけなくなってしまった。

旧車イベントにでかけても、やはりケンメリGT-Rは花形車種だし、苦労して旧車を維持するなら素のものより役物ふうモディファイに行きたい、というのは人情というものだろう。
たまにこうして素のケンメリに出会えると、なんだか妙になつかしくて、ほっとしたような気持ちになってしまう。

歴代スカイライントップのヒット作

日産 スカイライン

それは、今はなかなか見かけなくなってしまったけど、当時ケンメリは大ヒット車種でほんとにどこでもよく見かけたからじゃないだろうか。

今となっては信じがたい数字だけども、ケンメリは合計67万台も製造されていた、歴代スカイライントップのヒット作だったんだ。

日産 スカイライン
日産 スカイライン

関連する投稿


500 | アバルト - トレードマークのサソリがアツい走りをイメージさせる

500 | アバルト - トレードマークのサソリがアツい走りをイメージさせる

イタリアの国民車フィアット500をカリカリにチューニングして人気を博していたのが、カルロ・アバルト率いるアバルト社だ。


500 | フィアット - ルパン三世の愛車というイメージが強い

500 | フィアット - ルパン三世の愛車というイメージが強い

イタリアの国民車、フィアット500のタイプFだ。レモンイエローの500というと、やはりルパン三世の愛車というイメージが強いね。「カリオストロの城」で乗っていたのがこれだ。


サニー | 日産 - 後期型の最強モデル、1200GX-5

サニー | 日産 - 後期型の最強モデル、1200GX-5

小型軽量でスポーティなので今でも人気が高い、B110型2代目サニー。これは後期型の最強モデル、1200GX-5。5MTは「直結」と呼ばれるタイプのミッションだ。


グロリア | 日産 - タテグロの愛称で呼ばれる3代目

グロリア | 日産 - タテグロの愛称で呼ばれる3代目

縦目グロリア、タテグロなどの愛称で呼ばれる3代目グロリア。


コロナ | トヨタ - アローラインと呼ばれる傾斜したフロントノーズが特徴的

コロナ | トヨタ - アローラインと呼ばれる傾斜したフロントノーズが特徴的

アローラインと呼ばれる、傾斜したフロントノーズが特徴的な3代目コロナだ。


最新の投稿


500 | アバルト - トレードマークのサソリがアツい走りをイメージさせる

500 | アバルト - トレードマークのサソリがアツい走りをイメージさせる

イタリアの国民車フィアット500をカリカリにチューニングして人気を博していたのが、カルロ・アバルト率いるアバルト社だ。


昭和 死語の世界 ~ダビング~

昭和 死語の世界 ~ダビング~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回は好きな音楽や映画が見たいと、誰もが躍起になった行為、「ダビング」をご紹介しよう。


シボレーインパラ 1959

シボレーインパラ 1959

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回は古き良きアメ車の雰囲気を色濃く感じるシボレー・インパラをご紹介。


【クルマニアックイズ】281本目

【クルマニアックイズ】281本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


【クルマニアックイズ】280本目

【クルマニアックイズ】280本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!