開泉湯 昭和レトロ銭湯大百科

開泉湯 昭和レトロ銭湯大百科

日本銭湯文化協会理事の町田忍さんが教えてくれた昭和風情豊かなイチオシ銭湯をまとめる「昭和レトロ銭湯大百科」。今回は豪雪地帯ならではの建築様式が特徴的な新潟県の銭湯、開泉湯を町田さんのイラストとともにご紹介。


開泉湯

銭湯データ

名称:開泉湯
場所:新潟県
※現在廃業

雪国ならではの建築様式が特徴的「開泉湯」

銭湯文化が華やかなりし東京でも、銭湯の廃業が進んで久しいが、それは地方でも同じことが言える。今回紹介する「開泉湯」のある新潟県でも銭湯は減ってきているそうだ。
銭湯文化研究の第一人者 町田忍さんによれば、最盛期の昭和43年には335軒あった銭湯も今は43軒にまで減少しているのだとか。

町田さんが実際にこの銭湯を見つけたのは、35年前のこと。
この銭湯の最も特徴的な部分が「雁木」である。
雁木とは日本海側の建物において見られる建築様式で、通りにまで張り出した雪よけ用の屋根のこと。
いまでも豪雪地帯の商店などで見られるものではあるが、銭湯に付いているというのがなんとも珍しい。また昭和初期築の板張りの質素な様式も特徴的だ。

関連リンク

町田忍の昭和遺産100 令和の時代もたくましく生きる

¥ 1980

<2021年6月18日発売予定> 風俗文化研究の第一人者・町田忍の昭和研究50年を集大成。昭和時代に誕生し、現在の生活にも大きな影響を与え続ける生活文化を100のテーマに厳選。町田忍がフィールドワークで撮りためた500点の写真とともに、「昭和遺産」に斬り込んでいく。

ゴールデン横丁の仲間たち | 町田 忍(まちだ しのぶ)

https://goldenyokocho.jp/articles/677

ありとあらゆる庶民文化に精通し、膨大なコレクションとエピソードをお持ちの「庶民文化研究所」所長、町田忍さん。 昭和レトロそのもののような町田さんの研究所にお邪魔し、膨大なコレクションから懐かしいアイテムをピックアップ。懐かしいエピソードや知られざる裏話、さらに華麗なる交友録までお届けします。

関連する投稿


キョロちゃんの歴史

キョロちゃんの歴史

キョロちゃんとは、言わずと知れた森永製菓「チョコボール」のキャラクターだ。キョロちゃんという愛らしいキャラクターのその歴史を庶民文化研究所所長・町田忍さんにまとめてもらった。


若き日のビートたけしさん、浅香光代さんも常連だった!  「芸能荘」があった街、葛飾区亀有『第一日立湯』さん <後編>

若き日のビートたけしさん、浅香光代さんも常連だった! 「芸能荘」があった街、葛飾区亀有『第一日立湯』さん <後編>

街にあふれる『こち亀』とともに、亀有の“今”をご紹介した<前編>に続き、今回は昭和の芸能史に残るビッグスターたちが…というお話も。


女性型アンドロイド(映画「メトロポリス」より)

女性型アンドロイド(映画「メトロポリス」より)

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回はSF映画の金字塔「メトロポリス」に登場する女性型アンドロイドに迫る。


世界最強!?日本のパスポートの進化の歴史

世界最強!?日本のパスポートの進化の歴史

世界最強とも名高い日本が誇るものをご存じだろうか?それは、パスポート、旅券である。今回は世界に誇る日本のパスポートを、庶民文化研究所所長・町田忍さんの歴代パスポートで振り返っていこう。


こちら、葛飾区亀有公園にいちばん近い銭湯!『第一日立湯』さん <前編>

こちら、葛飾区亀有公園にいちばん近い銭湯!『第一日立湯』さん <前編>

国民的マンガ『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の舞台として知られ、銅像などのモニュメントも数多く作られているJR亀有駅周辺。 この街にも、オススメの銭湯があるのです♨︎


最新の投稿


【クルマニアックイズ】530本目

【クルマニアックイズ】530本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


キョロちゃんの歴史

キョロちゃんの歴史

キョロちゃんとは、言わずと知れた森永製菓「チョコボール」のキャラクターだ。キョロちゃんという愛らしいキャラクターのその歴史を庶民文化研究所所長・町田忍さんにまとめてもらった。


【クルマニアックイズ】529本目

【クルマニアックイズ】529本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!


【クルマニアックイズ】528本目

【クルマニアックイズ】528本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


【旧車図鑑】パラダイムシフトを引き起こした、小さいけれども大きな存在・スバル360

【旧車図鑑】パラダイムシフトを引き起こした、小さいけれども大きな存在・スバル360

日本ではじめて、人々に「自家用車」を持つ夢を見せてくれた「スバル・360」。モータリゼーションを実現し、頑張れば明日はもっと良くなるという夢を具現化してくれた存在だ。その誕生した時代背景と、世の中の動きを追ってみよう。