大正湯 昭和レトロ銭湯大百科

大正湯 昭和レトロ銭湯大百科

日本銭湯文化協会理事の町田忍さんが教えてくれた昭和風情豊かなイチオシ銭湯をまとめる「昭和レトロ銭湯大百科」。今回は佐賀県鳥栖市にあったという、立派なこて絵が印象的な銭湯、大正湯をご紹介。


大正湯 こて絵

銭湯データ

名称:大正湯
場所:佐賀県鳥栖市
※現在廃業

漆喰で作る細かなこて絵が象徴「大正湯」

佐賀県鳥栖市でかつて営まれていた銭湯、「大正湯」。
町田さんがご主人に聞いたところによると昭和元年建築の歴史ある銭湯だったそう。
洋風建築の銭湯で、創業時は2階がカフェになっているというオシャレさ。
鳥栖駅と並んで有名な、鳥栖を代表する建築物だったそうだ。

ちなみに、浴室内のペンキ絵は阿蘇山。
場所は変われど、地域の名峰を臨みたいという気持ちは東西南北を問わず、同じようだ。
そんな銭湯から町田さんが切り取ったのは入り口の上にあったこて絵だ。
こて絵というのは、漆喰を用いて左官職人がこてで作り上げるレリーフのこと。
これほど細かな意匠をこてだけで作り上げるとは左官職人の腕の良さが如実に伝わってくる。

関連リンク

ホーロー看板に、オート三輪、ブリキのおもちゃなどなど、昭和の思い出がギュギュッと詰まった本が2021年6月18日発売予定。庶民文化研究家・町田忍さんが撮り溜め、書き溜め、集め続けた昭和遺産の数々をおうちで楽しもう!

町田忍の昭和遺産100 令和の時代もたくましく生きる

¥ 1980

<2021年6月18日発売予定> 風俗文化研究の第一人者・町田忍の昭和研究50年を集大成。昭和時代に誕生し、現在の生活にも大きな影響を与え続ける生活文化を100のテーマに厳選。町田忍がフィールドワークで撮りためた500点の写真とともに、「昭和遺産」に斬り込んでいく。

ゴールデン横丁の仲間たち | 町田 忍(まちだ しのぶ)

https://goldenyokocho.jp/articles/677

ありとあらゆる庶民文化に精通し、膨大なコレクションとエピソードをお持ちの「庶民文化研究所」所長、町田忍さん。 昭和レトロそのもののような町田さんの研究所にお邪魔し、膨大なコレクションから懐かしいアイテムをピックアップ。懐かしいエピソードや知られざる裏話、さらに華麗なる交友録までお届けします。

関連する投稿


うなぎとうさぎと昭和レトロも楽しめる! 浦和レッズの街で熱き炎『鹿島湯』さん <前編>

うなぎとうさぎと昭和レトロも楽しめる! 浦和レッズの街で熱き炎『鹿島湯』さん <前編>

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)・浦和レッズの本拠地で日々“熱闘中”の銭湯さんがあります。2017年に「ホームなのにアウェイ。」「“浦和”にあるのに“鹿島”。」というキャッチコピーで大きな話題となったことでも知られる『鹿島湯』さんです。


あふれ出る魅惑の銭湯アート&グッズたち! 『銭湯サポーターフォーラム2022』展示&物販レポート

あふれ出る魅惑の銭湯アート&グッズたち! 『銭湯サポーターフォーラム2022』展示&物販レポート

東京都浴場組合さんが2015年から年1回、10月10日=銭湯の日を記念して開催している人気イベント『銭湯サポーターフォーラム』。 今年もブース出展者として参加してまいりました。その模様をご報告!


昭和レトロな風景:鳩サブレー(のコースター)

昭和レトロな風景:鳩サブレー(のコースター)

昭和レトロなエモいアイテムを紹介していく昭和レトロな風景。 今回は鎌倉の定番土産『鳩サブレー』。そのロゴが描かれたコースター。 アイテム提供は庶民文化研究所所長・町田忍さん!


昭和レトロな風景:プレイボーイ創刊号

昭和レトロな風景:プレイボーイ創刊号

昭和レトロなエモいアイテムを紹介していく昭和レトロな風景。 今回は今なお娯楽雑誌として高い人気を誇る『週刊プレイボーイ』。その創刊号。 アイテム提供は庶民文化研究所所長・町田忍さん!


昭和〜平成〜令和へつながる家族の絆。 秘蔵写真大公開!新宿区・曙橋『大星湯』さん <後編>

昭和〜平成〜令和へつながる家族の絆。 秘蔵写真大公開!新宿区・曙橋『大星湯』さん <後編>

銭湯の魅力は大きなお風呂に入るだけではなく、その銭湯を営む“人のあたたかさ”にもあると感じる筆者。今回は、『大星湯』さんのご家族にスポットを当ててみました。


最新の投稿


【クルマニアックイズ】557本目

【クルマニアックイズ】557本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!


【クルマニアックイズ】556本目

【クルマニアックイズ】556本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


うなぎとうさぎと昭和レトロも楽しめる! 浦和レッズの街で熱き炎『鹿島湯』さん <前編>

うなぎとうさぎと昭和レトロも楽しめる! 浦和レッズの街で熱き炎『鹿島湯』さん <前編>

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)・浦和レッズの本拠地で日々“熱闘中”の銭湯さんがあります。2017年に「ホームなのにアウェイ。」「“浦和”にあるのに“鹿島”。」というキャッチコピーで大きな話題となったことでも知られる『鹿島湯』さんです。


【クルマニアックイズ】555本目

【クルマニアックイズ】555本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


【クルマニアックイズ】554本目

【クルマニアックイズ】554本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!