“入ってみたいお風呂”をカタチにさせてくれた銭湯 〜足立区綾瀬・玉の湯さん〜

“入ってみたいお風呂”をカタチにさせてくれた銭湯 〜足立区綾瀬・玉の湯さん〜

北千住の“キング・オブ・銭湯”『大黒湯』さんの営業終了はたいへん残念ですが、感謝の気持ちで今は静かに見送らせていただくことを決めた自由業者の、銭湯の新しい可能性を模索しながらさまようこのコーナー。今回は、足立区綾瀬にある『玉の湯』さんをご紹介。


綾瀬の街で60年

綾瀬駅周辺のMAP。

綾瀬駅周辺のMAP。
黄色い部分が足立区エリア、緑が葛飾区エリア、赤いラインが区界です。

東京メトロ・千代田線とJR・常磐線が乗り入れる綾瀬駅。
住所は足立区綾瀬3丁目ですが、駅周辺はおとなりの葛飾区が入り組んでいます。
特に今回ご紹介する足立区の銭湯『玉の湯』さんは、3方向が葛飾区というロケーション。

(同じ川の手通りの葛飾区堀切には、サントリー『BOSS』のCM撮影が行われた『吉野湯』さんがあります。)

足立区谷中〜荒川区南千住を結ぶ『川の手通り』にある『玉の湯』さん。

足立区谷中〜荒川区南千住を結ぶ『川の手通り』にある『玉の湯』さん。
(常連さんの脱ぎっぱなしの白長靴が玄関にあります…^^;)

『玉の湯』さんの創業は昭和33年で、現在のご主人・堀田晃一さんは二代目。
晃一さんのお父様が昭和44年にこちらを買い取り、経営を始めたそうです。

以前の『玉の湯』さん。

以前の『玉の湯』さん。
(平成3年、建て替え直前の写真)

別アングルから。そびえ立つ煙突。

別アングルから。そびえ立つ煙突。
よく見ると、ポッカの自動販売機に『維力(ウィリー)』の文字が…(懐)

昭和38年に作られた“初代”ケロリン桶(最初のケロリン桶は白でした)が、今も現役で浴室に置いてあることでも有名。

これは、建て替え前に『玉の湯』さんの倉庫で晃一さんが発見したものなんだそうです。

『玉の湯』さんの浴室で使えるケロリン桶2種。

『玉の湯』さんの浴室で使えるケロリン桶2種。
(桶は男湯/女湯/消毒休みの3チームによるローテーションのため、「白ケロリン」に出会えるのはタイミング次第)

↓「白ケロリン」は『ゴル横』でも、町田忍さんの記事で紹介しています。

銭湯といえばケロリン桶!幻の白ケロリンとは

https://goldenyokocho.jp/articles/1807

日本銭湯文化協会理事にして庶民文化の大家・町田忍さん。今回は、町田さんのコレクションから銭湯でおなじみの黄色いアレをご紹介したい。 そう、ケロリン桶。ケロリン桶といえば黄色だが、実は白もあったんだって、通称「白ケロリン」。ケロリン桶の初期型である貴重な「白ケロリン」や、ケロリンのように広告が施された桶にも世界を広げてご紹介します。

平成4年に現在のビル銭(ビル型銭湯のこと)へ。
井戸水をろ過した、マイナスイオン水のなめらかなお湯が評判になりました。
フロントには晃一さん・大女将さんをはじめ、最近では晃一さんの息子さん・姪っ子さんも座り始めました。

暖簾デザインにチャレンジ

メソポ田宮がご主人・晃一さんと初めてお会いしたのは平成20年ごろ。
その後、銭湯もりあげた〜い発足→参加(平成26年)をきっかけに再会、交流が深まります。

その中で「ウチの暖簾を新しくしたいのだけど」という貴重すぎるオファーをいただき、デザインを考えることに。

初めてチャレンジする銭湯の本格的なお仕事、しかもお店の“看板”といってもいい暖簾のデザイン。
張り切ってやらせていただきました。

それまでの『玉の湯』さんの暖簾。

それまでの『玉の湯』さんの暖簾。

それまでの『玉の湯』さんの暖簾。
玄関、男湯&女湯ともストレートで力強いものでした。

ワタシはデザインをするにあたり、店名『玉の湯』にちなんで、

玉→球体、ボール、丸い、まんまる、ほんわか、ほがらか、玉のようにかわいい、シャボン玉、円満、丸くおさまる…

などなど“丸いもの=ハッピー”を前面に出し、それまでの暖簾とは違った、お子さんも喜んで入りに来てくれるようなものにしたいと考えました。

明るい色と「玉」をちりばめたデザイン決定案。

明るい色と「玉」をちりばめたデザイン決定案。

平成29年にこの暖簾は完成。店頭に掲げられました。

『玉の湯』の大女将・幸子さん(86)、ご主人・晃一さん(62)。

『玉の湯』の大女将・幸子さん(86)、ご主人・晃一さん(62)。
暖簾完成記念にパチリ。(2017年)

↓足立区観光交流協会さんのHPでも
「白ケロリン」とともに紹介していただきました。

「あだち銭湯のススメ」第5回 マニアが集まる!?「幻のケロリン」の残る銭湯・綾瀬「玉の湯」 | あだち観光ネット

http://adachikanko.net/%E3%81%82%E3%81%A0%E3%81%A1%E9%8A%AD%E6%B9%AF%E3%81%AE%E3%82%B9%E3%82%B9%E3%83%A1/archives/15124

寒さで体が縮こまって、ついつい猫背になってしまうこの季節。 湯気のぬくもりが恋しくなりますね。 銭湯の広いお風呂でたっぷり温まって、体を安心させてあげましょう。 今回紹介するのは、綾瀬駅近くの「玉の湯」です。ポップな暖簾(のれん)が目印のビル型銭湯&nbsp

続いて、「男湯」&「女湯」の暖簾も完成。

できあがった暖簾を入口にセットするメソポ田宮。

できあがった暖簾を入口にセットするメソポ田宮。
うれしさが顔に出すぎています…。(2017年)

玄関の暖簾は鮮やかなピンクが路上でも目立ち、通学中の子供たちも話題にしてくれて、ご家族での入浴も増えました。

関連する投稿


レトロな銭湯にどっぷりひたる! 織物の街・桐生のレトロ銭湯『上の湯』さん <後編>

レトロな銭湯にどっぷりひたる! 織物の街・桐生のレトロ銭湯『上の湯』さん <後編>

29歳の若旦那&27歳の若女将が後継ぎとなり、日々奮闘中の銭湯『上の湯』さん。 <後編>では、味わい深き脱衣所&浴室をご紹介。


群馬で29歳の若旦那&27歳の若女将が奮闘中!織物の街・桐生のレトロ銭湯『上の湯』さん <前編>

群馬で29歳の若旦那&27歳の若女将が奮闘中!織物の街・桐生のレトロ銭湯『上の湯』さん <前編>

早いもので、この連載もおかげさまで20回目。読んでいただいている方、感謝感謝でございます。今回は、TwitterやInstagramを見ている銭湯ファンならたぶん目にしたことがある、あの若旦那&若女将がいいお湯を沸かしている群馬県へ!


再開発が進む葛飾区・金町で決意のリニューアルオープン!“温故知新”の下町銭湯『金町湯』さん

再開発が進む葛飾区・金町で決意のリニューアルオープン!“温故知新”の下町銭湯『金町湯』さん

早くも10月、行楽の秋。緊急事態宣言が解除されたとはいえ、遠くへ行くのはまだちょっと気がひける…という方、お近くの銭湯はいかが?今回の舞台は東京のイーストエンド、23区で最大規模の公園・水元公園にも近い葛飾区・金町です。


『仮面ライダーリバイス』『サウナを愛でたい』放送記念!キングオブ縁側『タカラ湯』さんの魅力に迫る!!

『仮面ライダーリバイス』『サウナを愛でたい』放送記念!キングオブ縁側『タカラ湯』さんの魅力に迫る!!

今回は、大人も子供も大注目の『仮面ライダー』新シリーズ(9/5からテレビ朝日系列で放送開始)のロケ地となり、サウナーさんたちに大人気の番組『サウナを愛でたい』(8/30、BS朝日で放送)にも登場の北千住の老舗銭湯・タカラ湯さんを今回はご紹介。


「デザイナーズ銭湯」の今井健太郎さんの“新作”は中野『江古田湯』さん!リニューアル現場を直撃取材

「デザイナーズ銭湯」の今井健太郎さんの“新作”は中野『江古田湯』さん!リニューアル現場を直撃取材

夏の移動にはタオルセット必携で、スキあらばひとっ風呂しに駆け込んでしまう自由業者の、銭湯へ対するアツアツな思いを綴るコーナー。今回は、5月の休業前に初めて行き、女将さんの明るいお人柄に魅了され、その場で取材お願い→快諾いただいた中野の『江古田湯』さんを。


最新の投稿


スカイラインGT-R - 第2世代のGT-Rとして爆発的な人気を誇ったR32

スカイラインGT-R - 第2世代のGT-Rとして爆発的な人気を誇ったR32

第2世代のGT-Rとして爆発的な人気を誇ったR32も、そろそろ旧車とかネオクラシックと呼ばれる世代になってきたね。


モルタル住宅

モルタル住宅

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回はかつてよく見た建築資材モルタルを利用した「モルタル住宅」についてご紹介。


【クルマニアックイズ】430本目

【クルマニアックイズ】430本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


空の旅のお供。航空会社のアメニティその1 マッチ・石鹸・絵葉書

空の旅のお供。航空会社のアメニティその1 マッチ・石鹸・絵葉書

日本国内はもちろん、遠く海外まで我々を運んでくれる究極の移動手段、飛行機。その機内で手に入るアイテムが、各航空会社で配られるアメニティだ。今回は様々な場所に移動している庶民文化研究所所長・町田忍さんに空の旅のアメニティを紹介してもらった。


【クルマニアックイズ】429本目

【クルマニアックイズ】429本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!