シンプル!安い!おもしろい!駄菓子屋ゲーム、10円ゲームの魅力

シンプル!安い!おもしろい!駄菓子屋ゲーム、10円ゲームの魅力

ゲームセンターも満足になかったころは、駄菓子屋でゲームをするのが常識だった。今回はそんな子供の遊び欲を満たしてくれた『10円ゲーム』を庶民文化研究所町田忍所長のアルバムから振り返ってみよう。


駄菓子屋にあったあのゲーム

10円で遊べるから10円ゲーム、駄菓子屋で遊べるから駄菓子屋ゲーム。
そんな単純明快な事実がいつしか総称となった、昔懐かしいゲームの数々。
今ではネットゲームに、超ハイクオリティなゲーム機、さらにはスマホゲームなどなど、外に出なくてもゲームを楽しむことが出来る時代だ。コンパクトなゲーム機だったら、持ち運んで公園でゲームをする姿なんかも最近では珍しくない。
だが、昭和の時代は今回紹介する10円ゲームたちが遊びの中心であり、集まる場所も駄菓子屋だったのだ。

10円ゲームとはなんだ?

冒頭で紹介したように、10円ゲームというのはあくまで総称であり、明確に分類されているものではない。単純に昔、駄菓子屋に置かれていて10円で遊べるレトロなゲーム全般を10円ゲーム、または駄菓子屋ゲームと呼んでいる。

そのほとんどは非常にシンプルなもので、たとえば新幹線ゲームなどのように、入れた10円を飛ばすゲームだったり、じゃんけんするだけのゲームだったり、子供にもわかりやすいものばかりだった。
町田さんによれば、デジタル全盛の現代ではとんとお目にかかれない、アナログなものがほとんどで、中にはパチンコ台を流用したようなものもあるらしい。
また、当たりが出るとおもちゃやお菓子がもらえるものも多く、子供の射幸心をくすぐる作りになっていたそうな。

では、昭和オヤジたちが煽られまくった10円ゲームの数々をご紹介していこう。

意外と種類が豊富な10円ゲーム

ドライブ系の10円ゲーム

まずはこちらがドライブ系の10円ゲーム。
ご覧の通り、スライドしていく道の上を外れないように、模型の車を取り付けられたハンドルで操作していくゲーム。
今でもカーレース系のゲームは大人気だが、昭和の時代もやっぱり車は人気なのだ。
スーパーカーブームがあったことや、車の普及が進んでいく時代と考えると、このころのほうが車に対する憧れは強かっただろう。

クルマ系の10円ゲーム

こちらも車のゲーム。
さっきのいかにも運転というゲームに比べると新幹線ゲームに近いように感じる。
同じ車でもゲームの方法は様々あるようだ。

ピンポンパンゲームと名付けられた10円ゲーム

こちらはピンポンパンゲームと名付けられたゲーム。
町田さんによると昭和50年代ごろに登場したもので、設置されているスポットに玉が入るとメダルが出てくるというパチンコやスロットに近いゲームのようだ。

ブラックパンサーゲーム

こちらはブラックパンサーゲーム。
渦巻の中に設置されている穴に入れるというゲームなのだが、町田さん曰く難技ゲームというほど難しいものらしい。
それにしてもなぜブラックパンサーなのだろうか?名付けの理由も気になるところだ。

どれもこれも知っているいないに関わらず、かなり懐かしさを感じさせる佇まいだ。懐かしくなったという人は、こうしたゲームを集めているお店なんかもあるらしいので、ちょっと調べてみるといいかもしれない。

ゴールデン横丁の仲間たち | 町田 忍(まちだ しのぶ)

https://goldenyokocho.jp/articles/677

ありとあらゆる庶民文化に精通し、膨大なコレクションとエピソードをお持ちの「庶民文化研究所」所長、町田忍さん。 昭和レトロそのもののような町田さんの研究所にお邪魔し、膨大なコレクションから懐かしいアイテムをピックアップ。懐かしいエピソードや知られざる裏話、さらに華麗なる交友録までお届けします。

関連する投稿


昭和 死語の世界 ~オー、モーレツ!~

昭和 死語の世界 ~オー、モーレツ!~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回はちょっぴり刺激的で、ちょっぴりセクシーな往年の名CMから生まれた死語「オー、モーレツ!」をご紹介!


デッキ型電気機関車 EF12形

デッキ型電気機関車 EF12形

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回はなつかしき国鉄時代、貨物を引っ張っていたデッキ型電気機関車「EF12」をご紹介。


工事現場の危険をかわいくお知らせ!アニマルガード

工事現場の危険をかわいくお知らせ!アニマルガード

工事現場といえば、無骨な機械が並ぶ危険な場所。だが、近年その工事現場の区画を示すバリケードがやたらとかわいいことになっている。今回は、かわいいバリケード「アニマルガード」を、庶民文化研究所・町田忍さんのコレクションから紹介しよう。


役行者(えんのぎょうじゃ)

役行者(えんのぎょうじゃ)

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回は修験道の開祖として信仰を集める「役行者像」をご紹介。


はんこ屋さんのはんこケース

はんこ屋さんのはんこケース

近年ではなにかとめんどくさがられがちなアイテム「はんこ」。時代の流れに押されて、街中ではんこ屋さんを見る機会も減ってきている。今回はそんな消えゆくはんこ屋さんの姿を庶民文化研究所所長・町田忍さんのコレクションで振り返る。


最新の投稿


昭和 死語の世界 ~モーレツ社員~

昭和 死語の世界 ~モーレツ社員~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回は昭和の勢いを思わせる「モーレツ社員」をご紹介。


【クルマニアックイズ】379本目

【クルマニアックイズ】379本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


【クルマニアックイズ】378本目

【クルマニアックイズ】378本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


ジープ | 三菱 - 米ウィリス社のノックダウン生産から始まった

ジープ | 三菱 - 米ウィリス社のノックダウン生産から始まった

三菱のジープは米ウィリス社のジープを警察予備隊向けにノックダウン生産したことから始まったんだ。


【クルマニアックイズ】377本目

【クルマニアックイズ】377本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!