昭和 死語の世界 ~ダビング~

昭和 死語の世界 ~ダビング~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回は好きな音楽や映画が見たいと、誰もが躍起になった行為、「ダビング」をご紹介しよう。


ダビング

死語解説:ダビング[名詞]

録画、あるいは録音されたものを別の記録メディアに複製することを指す。
本来的には映像に音声を再録する、いわゆるアフレコの意味で使われていたものだが、一般的にはVHSやカセットテープ、CDなどに複製する行為として認識されている。

時代背景

この「ダビング」という言葉自体は元は放送用語であり、業界人の間ではおそらくまだ生きている。
また、数こそ少ないがVHSのデータをBlu-rayに移すなどの作業を行っているサービスも存在している。したがって、完全に死語化したわけではない。

とはいえ、この「ダビング」という言葉が隆盛を極めていたのは、カセットテープやVHSがまだまだ主要記録メディアだったときのことである。
昭和世代ならば一度はラジカセを用いて自分だけのプレイリストをカセットテープに吹き込んだりしたことがあるのではないだろうか?
あるいは、手に入れた音源や映像を仲間内で共有するために、別の媒体にコピーしたことがあるはず。

記録媒体がCDやDVD、MDくらいまでの進化にはダビングという言葉も対応してきていたが、いつからか音楽や映像作品は物理的に保持するものではなくデータで楽しむものに変わっていった。
それに合わせて、ダビングという言葉もコピーという言葉に置き換わっていってしまったのだ。
便利な世の中ではあるが、ものが手元にない、というのは昭和世代にとっては落ち着かないような気がするものである。

関連する投稿


昭和 死語の世界 ~社会の窓~

昭和 死語の世界 ~社会の窓~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回はかつて男性の社会的死にもつながるハプニングを表した言葉「社会の窓」をご紹介。社会の窓からコンニチハ~


昭和 死語の世界 ~インド人もびっくり~

昭和 死語の世界 ~インド人もびっくり~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回は今なお残るカレー=インド人の固定概念を植え付けた伝説の死語「インド人もびっくり」についてご紹介!


昭和 死語の世界 ~バッチグー~

昭和 死語の世界 ~バッチグー~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回は比較的新しい平成の死語。でも、言葉の響きは昭和を引きずっている感じが満々の「バッチグー」についてご紹介!


ダジャレ系死語の世界 まとめ

ダジャレ系死語の世界 まとめ

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回は古来、日本人が好んでやまないダジャレ系死語をまとめてご紹介!オシャレなシャレはやめなシャレ~


昭和 死語の世界 ~そんなバナナ~

昭和 死語の世界 ~そんなバナナ~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回はダジャレとしても、食材としても非常にベタで親しみ深い死語「そんなバナナ」をご紹介しよう。


最新の投稿


スカイライン | 日産 - ソレ・タコ・デュアルはL型チューンの代名詞

スカイライン | 日産 - ソレ・タコ・デュアルはL型チューンの代名詞

ハコスカといえばチューニング派の旧車ファンには垂涎の的だけれども、ハコスカのL型エンジンの定番チューンといえば「ソレ・タコ・デュアル」。 ソレックスの3連キャブレター、タコ足エグゾースト、デュアル出しマフラーという吸排気系のトータルチューンを指した言葉だね。


サンバー | スバル - 360cc時代でエンジンは空冷

サンバー | スバル - 360cc時代でエンジンは空冷

現在でも人気の高い軽ワンボックスのサンバー、これは2代目だね。 360cc時代でエンジンは空冷だ。


【クルマニアックイズ】287本目

【クルマニアックイズ】287本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


【クルマニアックイズ】286本目

【クルマニアックイズ】286本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


全国カーイベント情報

全国カーイベント情報

全国各地で開催される旧車イベントやクラシックカーフェスティバルなど、クルマ関連の各種イベントをご紹介します。