意外と家主の性格が出る…個性豊かな玄関前郵便受けコレクション

意外と家主の性格が出る…個性豊かな玄関前郵便受けコレクション

新聞やチラシ、そして心のこもったお手紙などなど…家に届く郵便物を受け取るための郵便受け。一軒家の場合には案外凝ったデザインのものもしばしば…。今回は庶民文化研究所 町田忍所長の興味を引いた郵便受けコレクションをご紹介しよう。


町田忍厳選!個性的な郵便受け

郵便受け、メールボックスなどと言われる自宅用の受信箱。
程度の差はあれ、どこの家にもあるはずだ。
特に一軒家の場合には凝った郵便受けを置いている家庭もあり、家主の個性が伝わってくる。
そんな郵便受けにも、庶民文化研究所所長である町田忍さんの収蔵魂は向けられており、心惹かれた郵便受けの写真を100枚以上保管しているらしい。
今回はそんな町田さんの郵便受けコレクションの中から、選りすぐりのものをご紹介していこう。

希少な戦前の郵便受け

希少な戦前の郵便受け

郵便受けが広く一般家庭に普及したのは戦後のことだが、町田さんが撮りためた郵便受けのなかには戦前のものもある。
上の郵便受けは、投函口の周りに凝った細工がされていて、とても手が込んでいるのがわかる。
そして、戦前であることを示すとおり、文字が右から左に「函受便郵」と書かれている。
こちらの郵便受けは藝大こと、東京藝術大学の音楽部にある郵便受けとのこと。

下の方の写真は「受聞新便郵」とあり、こちらは個人宅のものらしい。
コンクリート製のような庇が付いているのが特徴的だ。

手作りこそ味がある。オリジナル郵便受け

手作りこそ味がある。オリジナル郵便受け

郵便受けは一軒家の場合、塀や壁から独立して設置することもできるので、オリジナルの郵便受けを作る人も多い。
そういうものにこそ、作り手の思いが感じられ、町田さんの興味をそそるのである。
上の写真は見たことが多い人もあるだろう、モチーフはあの害虫駆除グッズである。
強いていえばお手紙ホイホイだろうか…。
下の写真は、まさに手作りという感じの、かごを郵便受けに改造したもの。
なるほど、この手作り感はなんとも趣深い。

オリジナル郵便受け

こちらも手作りの郵便受け。
上の郵便受けはギターを模したものが2つ並んでおり、下のものはなんとプロパンガスのボンベを再利用したものだという。

郵便受けといえば、映画で見るようなアメリカのメールボックスに憧れそうなものであるが、このように一風変わった郵便受けを作るセンスはなかなかすごいものがある。
そして、それを見つけ出す町田さんの嗅覚もさすがのひと言。
つくづく庶民文化の世界は深く広い。

ゴールデン横丁の仲間たち | 町田 忍(まちだ しのぶ)

https://goldenyokocho.jp/articles/677

ありとあらゆる庶民文化に精通し、膨大なコレクションとエピソードをお持ちの「庶民文化研究所」所長、町田忍さん。 昭和レトロそのもののような町田さんの研究所にお邪魔し、膨大なコレクションから懐かしいアイテムをピックアップ。懐かしいエピソードや知られざる裏話、さらに華麗なる交友録までお届けします。

関連する投稿


おまけだけど主役!少年を虜にした食玩

おまけだけど主役!少年を虜にした食玩

仮面ライダーチップスやプロ野球カードなどに代表されるように、おまけのおもちゃや景品というものは少年の心を掴んで離さないもの。昭和の少年ならば、誰もが胸踊らせたであろう食玩について、庶民文化研究所町田忍所長に収蔵品を紹介していただこう。


昭和の銭湯建築 飛騨神岡・高泉浴場

昭和の銭湯建築 飛騨神岡・高泉浴場

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回は銭湯シリーズ。かつて飛騨神岡にあった、昭和初期建築の高泉浴場をご紹介しよう。


懸賞応募シールは夢のかけら

懸賞応募シールは夢のかけら

毎年春になるともらえる白いお皿を中心に、飲料、食品など各社が展開しているプレゼントキャンペーン。そのキャンペーンの応募方法といえば、“シールを集めて応募”だろう。庶民文化研究所所長、町田忍さんはそんな懸賞応募シールも収蔵しています。


シボレーインパラ 1959

シボレーインパラ 1959

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回は古き良きアメ車の雰囲気を色濃く感じるシボレー・インパラをご紹介。


日本橋 麒麟像

日本橋 麒麟像

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回は日本の中心、日本橋の象徴となっている麒麟像をご紹介。


最新の投稿


スカイライン | 日産 - ソレ・タコ・デュアルはL型チューンの代名詞

スカイライン | 日産 - ソレ・タコ・デュアルはL型チューンの代名詞

ハコスカといえばチューニング派の旧車ファンには垂涎の的だけれども、ハコスカのL型エンジンの定番チューンといえば「ソレ・タコ・デュアル」。 ソレックスの3連キャブレター、タコ足エグゾースト、デュアル出しマフラーという吸排気系のトータルチューンを指した言葉だね。


サンバー | スバル - 360cc時代でエンジンは空冷

サンバー | スバル - 360cc時代でエンジンは空冷

現在でも人気の高い軽ワンボックスのサンバー、これは2代目だね。 360cc時代でエンジンは空冷だ。


【クルマニアックイズ】287本目

【クルマニアックイズ】287本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


【クルマニアックイズ】286本目

【クルマニアックイズ】286本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


全国カーイベント情報

全国カーイベント情報

全国各地で開催される旧車イベントやクラシックカーフェスティバルなど、クルマ関連の各種イベントをご紹介します。