昭和 死語の世界 ~インド人もびっくり~

昭和 死語の世界 ~インド人もびっくり~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回は今なお残るカレー=インド人の固定概念を植え付けた伝説の死語「インド人もびっくり」についてご紹介!


インド人もびっくり

死語解説:インド人もびっくり[キャッチコピー]

エスビーカレーのテレビCMコピーとして利用された言葉。
カレーの本場・インド人も驚くおいしいカレーという意味で作られた。
転じて、驚きを表す尺度として用いられるようになった。

時代背景

この言葉が生まれたのは昭和39年のこと。
エスビー食品「特製エスビーカレー」のテレビCMのキャッチフレーズとして世に広まっていった。
「インド人もびっくり」という言葉のインパクトも去ることながら、ターバンを着けた世間一般がイメージするインド人に扮した若かりし日の芦屋雁之助のインパクトがなによりも強烈だった。
このインパクトマシマシなキャッチフレーズはあっという間に社会を席巻。
流行語になり、驚きの表現の一種として、世間に親しまれることになる。
一般的には死語ではあるものの、一部のカレーの分野においては今なお影響力のある言葉である。

ところで、ターバン姿というのが日本人にしてみるとインド人のステレオタイプと思われているが、実際のところ普段からターバンをしているインド人は全体の2%ほどということをご存じだろうか?
ターバンを着けるのは、シーク教という宗教に帰依する人たち。このシーク教の信者数がおよそインド国民の2%と言われている。
しかも、日本のカレーはインド風というよりは欧風に近く、なんだったらさらに改良された日本独自のものとなりつつある。
インドでも珍しいターバンを着けた謎のインド風外国人が描かれ、インド式とは似ても似つかない日本らしいカレーが出てくるのだから、そりゃあインド人も驚くはずである。
………なるほど、それで「インド人もびっくり」なのか…?

関連する投稿


死語辞典vol.10:よっこいしょういち

死語辞典vol.10:よっこいしょういち

昭和の流行語→現代の死語を解説する死語辞典。 「よっこいしょういち」の意味や成り立ち、現代語訳をご紹介。


死語辞典vol.09:あたり前田のクラッカー

死語辞典vol.09:あたり前田のクラッカー

昭和の流行語→現代の死語を解説する死語辞典。 「あたり前田のクラッカー」の意味や成り立ち、現代語訳をご紹介。


死語辞典vol.08:メンチ切る

死語辞典vol.08:メンチ切る

昭和の流行語→現代の死語を解説する死語辞典。 「メンチ切る」の意味や成り立ち、現代語訳をご紹介。


死語辞典vol.07:ドロン

死語辞典vol.07:ドロン

昭和の流行語→現代の死語を解説する死語辞典。 「ドロン」の意味や成り立ち、現代語訳をご紹介。


死語辞典vol.06:巻き戻し

死語辞典vol.06:巻き戻し

昭和の流行語→現代の死語を解説する死語辞典。 「巻き戻し」の意味や成り立ち、現代語訳をご紹介。


最新の投稿



地元銭湯を愛するサポーターさんたちも熱い! レトロを保ちながら進化する、浦和『鹿島湯』さん <後編>

地元銭湯を愛するサポーターさんたちも熱い! レトロを保ちながら進化する、浦和『鹿島湯』さん <後編>

『ゴールデン横丁』サイトの閉鎖に伴い、残念ながらこの連載も今回が最終回。 約3年弱、おつきあいいただき有り難うございました。 ラスト、たっぷりあったまってってください〜。


【クルマニアックイズ】557本目

【クルマニアックイズ】557本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!


【クルマニアックイズ】556本目

【クルマニアックイズ】556本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


うなぎとうさぎと昭和レトロも楽しめる! 浦和レッズの街で熱き炎『鹿島湯』さん <前編>

うなぎとうさぎと昭和レトロも楽しめる! 浦和レッズの街で熱き炎『鹿島湯』さん <前編>

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)・浦和レッズの本拠地で日々“熱闘中”の銭湯さんがあります。2017年に「ホームなのにアウェイ。」「“浦和”にあるのに“鹿島”。」というキャッチコピーで大きな話題となったことでも知られる『鹿島湯』さんです。