昭和 死語の世界 ~バッチグー~

昭和 死語の世界 ~バッチグー~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回は比較的新しい平成の死語。でも、言葉の響きは昭和を引きずっている感じが満々の「バッチグー」についてご紹介!


バッチグー

死語解説:バッチグー[合成語]

日本語の「バッチリ」と英語の「GOOD」をかけ合わせた言葉。転じて万事うまくいっている状態や、とてもよい状態を表す。
また、そういった状態の際に発する言葉。親指を立てたサムズアップポーズや、親指と人差し指で丸を描くポーズなどとともに口にされる。

時代背景

バッチグーという言葉が誕生したのは90年代初頭のこと。
つまり昭和ではなく、平成生まれの死語である。

生み出した人物は、当時、バラドル(バラエティーアイドル)として人気を博していた森口博子その人。
森口博子が出演していた「クイズ!年の差なんて」の収録中に発した言葉が初出であると言われている。
その単純明快な小気味いい響きから、一気に浸透し、老若男女幅広く「バッチグー」を使うようになった。
ちなみに、「クイズ!年の差なんて」はアダルトチームとヤングチームに別れ、それぞれの常識問題を回答しあい、得点を競う番組だ。
その中に、アダルトチーム側からの問題として、「死語の世界」というコーナーがあった。
死語の世界を紹介していたクイズ番組から生まれた流行語が、いま再び死語になっているというのも、なんだか皮肉な話である。
そんな諸行無常な感じもなんともバッチグーではないか。

関連する投稿


昭和 死語の世界 ~ダビング~

昭和 死語の世界 ~ダビング~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回は好きな音楽や映画が見たいと、誰もが躍起になった行為、「ダビング」をご紹介しよう。


昭和 死語の世界 ~社会の窓~

昭和 死語の世界 ~社会の窓~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回はかつて男性の社会的死にもつながるハプニングを表した言葉「社会の窓」をご紹介。社会の窓からコンニチハ~


昭和 死語の世界 ~インド人もびっくり~

昭和 死語の世界 ~インド人もびっくり~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回は今なお残るカレー=インド人の固定概念を植え付けた伝説の死語「インド人もびっくり」についてご紹介!


ダジャレ系死語の世界 まとめ

ダジャレ系死語の世界 まとめ

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回は古来、日本人が好んでやまないダジャレ系死語をまとめてご紹介!オシャレなシャレはやめなシャレ~


昭和 死語の世界 ~そんなバナナ~

昭和 死語の世界 ~そんなバナナ~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回はダジャレとしても、食材としても非常にベタで親しみ深い死語「そんなバナナ」をご紹介しよう。


最新の投稿


500 | アバルト - トレードマークのサソリがアツい走りをイメージさせる

500 | アバルト - トレードマークのサソリがアツい走りをイメージさせる

イタリアの国民車フィアット500をカリカリにチューニングして人気を博していたのが、カルロ・アバルト率いるアバルト社だ。


昭和 死語の世界 ~ダビング~

昭和 死語の世界 ~ダビング~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回は好きな音楽や映画が見たいと、誰もが躍起になった行為、「ダビング」をご紹介しよう。


シボレーインパラ 1959

シボレーインパラ 1959

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回は古き良きアメ車の雰囲気を色濃く感じるシボレー・インパラをご紹介。


【クルマニアックイズ】281本目

【クルマニアックイズ】281本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


【クルマニアックイズ】280本目

【クルマニアックイズ】280本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!